1999年世界で絶対本気で生きる女肉を食べる令和奈良仏教労働者

1999年世界で生き残るため人生絶対本気で生きる公明仏

両班民族の両班人民族の朝鮮人の両班仏教

彼らは通常、制限なく留学し、官僚に昇進することができ、明の学校と礼儀作法を守るという精神的な義務も負っていました。したがって、彼らは支配階級であり、知識階級でもありました。中国出身の官僚と異なり貴族的なメンタリティを持っていたため[4]、両班になっても身分の低い出身者を見下し、偏見に反してただ留学しただけではない[5]。

朝鮮の法制度は、原則として、ムンの息子で大妾の側室であるソウルと、その妻の息子たち、ノビ[6]を除いて、すべてのヤンインに過去を見る権利を与え、すべてのヤンイン(平民階級)に過去を見る権利を与えた。しかし、生計を立てるために働かざるを得ない人々が過去のために勉強する条件を作ることは事実上不可能であり、過去を引き継ぐことができるのは、それを買う余裕のある地主や官僚家の息子たちだけでした。そのすべてが裕福だったわけではなく、経済的余裕は過去に合格するための絶対的な前提条件ではなかったが、過去にヤンインが合格することは極めて稀であった。

両班の地位は、法律上、官吏とその近親者のみに留保されていたため、原則として世襲制ではなかった。したがって、3代以内に公職に就かなければ、ヤンインに降格される可能性がある。しかし、実際には、彼の地位は世襲でした。高官の多くは、派閥の後ろ盾が昇進に重要だったため、官僚を先祖とする両班の家系であった。地域に根ざしたジャジサの両班の地位は、慣習的に世襲制であった。地方の両班の名簿である郷では、父方と母方の両班である者しか記載できず、4~5代にわたって両班でない先祖がいる場合は記載できない。県議会で名前が挙がった両班は、県長や副教育長を含む虎安を選出することができ、虎祥は県の長に助言する権限を持っていた。ヒャンガンは、経営に相当するという意味でアグアンとも呼ばれていました。このように、香や乳香の製粉所を通じて、楊珀藩はヤンバンの地位を継承し、中央政府の官僚機構から独立して地域社会に対して権力を行使しました。朝鮮時代初期、中央政府は乳香工場を廃止して済済寺族の権力を抑え込もうとしたが、16世紀以降、それを容認し、奨励する方針に変化した。その結果、香による両班世襲の地位が国家権力に認められた。(注7)

彼らは政治官僚であり、性科学の学者であり、経済的には地主階級を代表していた。それゆえ、彼は性科学のイデオロギーに従った理想的な社会の実現を模索した。また、家系が両班の地位の基盤であったことから、先祖を敬うことを非常に重視し、一族の歴史である系図を記録することで一族の起源を明らかにしようとしました。系図両班の独占的財産であるという誤解は誤解であり、系図両班の独占的財産ではなく、読み書きのできる平民によって作られたものである。元々、両親が両班であっても、過去の試験を受けなかった梁班の息子や娘は三代目以降に平民となったが、その後は「両班の子孫は全員楊班である」という基準が緩和された。兄弟が過去に亡くなった場合、姓と母屋は同じですが、兄は平民となり、系図は双方に記録されます。

一方、両班には、まだ軍に入らなかった者も含まれていたが、公務員にはならず、庶民と同じように兵役に編入され、地方の永住者となることで階級から排除されるケースもあった。同じヤンバンであっても、ムバンはムンバンより劣っており、ソエルの子孫に対する差別があり、地方との婚姻関係にもそのような差別があった。

経済活動
両班の経済基盤は、クァジョン、緑の竿、私有地と奴隷であった。彼らはほとんど常に地主であり、主な収入源は土地と奴隷でした。特に両班の所有地は慶尚道全羅道忠清道に集中しており、肥沃な土地が多く、農場を形成するのに十分な広さがあった。また、簡易修繕施設の建設、中国や日本の農業技術の導入、『農耕論』や『黄金羊雑書』などの農業書の出版・普及にも関心を持っていました。中国や韓国、さらには日本の資料を参考に、農民が耕作地を放置することなく耕作を続けられるように、中国江南地方の農法である施肥[8]などの方法を開発・導入した。庶民と違って米や大麦だけを栽培するのではなく、綿花の栽培を拡大して生活を充実させ、当時は一種の贅沢品であった薬草や果樹の栽培も行いました。彼らはまた、穀物、ドングリ、樹皮を加工して食べる方法を提案し、九皇帝に関する本を書きました。

彼は自分の土地をノビーに直接耕作した。しかし、土地の広さが大きく、奴隷の労働だけでは耕作できない場合、周辺の農民は生産物を半分に分ける半作の形で小作を与えられました。彼は自分の土地がある地域に家や倉庫を建て、自ら奴隷を監督し、農場を視察したが、通常は親戚に住まわせて管理していた。時には、奴隷だけが農場を管理するために送られました。これらのプランテーションは15世紀後半にさらに拡大された。農園主は有望な人々を集め、彼らを奴隷にして自分たちの土地を耕しました。

彼らは財産の一形態として奴隷を持っていました。朝鮮王朝初期には、10人から300人以上の奴隷がいました。彼らは奴隷を購入したが、子供を奴隷にすることを許す法律に従って所有する奴隷の数を増やしたり、奴隷を所有していた奴隷を養子の男女と結婚させたりして、奴隷の数を増やした。

彼はノビーに家事をさせ、農業に従事し、布を織らせました。多くの奴隷は主人とは別に暮らし、主人の土地を耕したり管理したりするために働いた。彼らは毎年これらの奴隷からお金を集めました。

また、当時の庶民から敬遠されていた日本との交易にも関心を持ち[9]、倭寇を通じて交易を行い、高麗人参などの薬草を販売して日本刀を輸入し、日本から銀を輸入して清に輸出した。

後期にも経営方法、工業、農業などの生産性向上に努め、穀物、野菜、花卉、畜産、養蚕、漁法、漁具などの改良を行った。シクミロクを見ると、奴隷と直接取引をしていたことや、著者が腸を浸したこと、今のメジュにあたる馬のすり身と塩の比率も知っていたこと、鶏の飼育や養蜂も得意だったことが分かります。彼はまた、彼の経済活動に損害を与えている猫を捕まえることができないために怒っていることが示されています。また、下層階級や奴隷の怠惰や不道徳さを哀れに思い、最後には韓服という奴隷が奴隷の少女と馬を盗んで逃亡し、捕まり、殴られ、獄中で死にました。ミアムの日記では、著者も不動産に投資し、不動産に投資するために借金をしたことさえあります。

日本統治時代、日本帝国主義者による親日派閥の育成政策[10]は、主に非日系親族に特権を与え、印刷、精米、ゴム、衣料品、醸造など様々な事業を立ち上げた。彼らは財産を築き、機械、化学、自動車、造船などの熟練した産業に参入しました。大日本帝国の土地測量事業や南北海岸などの政策の影響を受けず、むしろ他の階級よりも富を蓄積する余裕があった。しかし、彼らは日本の貴族階級と同じように扱われることはなく、階級や企業の日本への従属には限界があり、利益は日本の上流階級に行きました。

総じて、両班は庶民に比べて優れた技能と経済基盤に基づいて豊かな生活を送ることができた。[11] しかし、漢民族の制度のため、両班は貴族ではなかったため、殷民に似た者がいた。[12]

日本統治時代は両班の貴族制と民主化に大きな影響を与え、6.25以降、両班家の両班員は、相続や投資など、血縁に基づく資本と技術で全国の土地開発に参加しました。当時はまだ昔のように一族の力を重んじる貴族が多く、一族の功績を親戚と分かち合っていた。彼らは親戚を使って、政府からできるだけ多くの優れた財産をほぼ無料で取得し、利益を最高の人々の手に投資したり、貧しい人々に分配したりしました。また、中間の家族が彼らのように振る舞ったという主張もあります。[13] 前近代以前には、やれることはできた貴族や貴族も、やがてやれることをやれるようになり、その結果、庶民よりも経済的に優位に立った[14]、大日本帝国以降も国民は差別され、大日本帝国以降、陸軍士官学校に入学したものの、その出自ゆえに退学させられ、4年もの時間を浪費した人々と同じように、経済的に成功することは困難であった。(注15)

公害物理学国家の田村寺の寺院の仏のお告げ

⇒平成イタリア人口理論と産婦人科キリスト不倫思想から学ぶ仏教理論について
第1論文①北勢四十八家と赤堀部落民思想の三重県地域家系研究論
キリスト教の人類の聖書犯罪の学説
⇒①仏教徒の死ぬ苦しみの命仏教の学説
⇒②男女平等表現の裸婦像イブの女性キリスト学説
⇒③資本主義お金思考の男性器暴力アダム労働者の学説

⇒日本史三大キリスト思想革命について述べる。
⇒①安土天下キリスト思想革命
⇒②明治維新近代化キリスト文明開化革命
⇒③平成イタリア女性芸術裸婦像イブの平成キリスト革命
成立仏教変化⇒①室町時代仏教商業社会⇒②名古屋徳川宗春理論と被差別部落死刑組織の民営化仏教警察組織思想⇒③大正時代ドイツ式工業都市国家の都市民本主義思想⇒➃平成イタリア人口理論
⇒名古屋徳川宗春理論は以下である。
⇒①男女が奪い合うことや義に反する義に合わぬことを禁止した。
⇒②お金経済男女は遊びである遊び大切主義の女性器風俗思想である。
⇒③余計な法律を削除して必要な仏教行為か義の心で吟味する。
徳川宗春は釈迦如来の生まれ変わりで慈悲慈愛の心と親釈迦仏教愛の精神で死刑罪人を許す忍の心である。死刑反対で人の命はお金で買えぬ仏教愛思想である。人間好き嫌いがあるのが基本である。名古屋徳川宗春理論は死刑罪人を許す忍の心である。食欲と性欲が同じとする遊郭で遊ぶ男性の心で生きる。名古屋徳川宗春理論はお金経済男女は遊ぶである遊び文化の女性器風俗思想である。町人によるロボット技術のからくり人形の山車保有数日本一の愛知県にした。名古屋徳川宗春本音仏教理論で建前形式より中身内容重視にする。遊び娯楽重視と祭り好きの心で豪華な歌舞伎小屋施設の建設推進や花火大会や盆踊りを盛大に実施した。
⇒名古屋徳川宗春理論は尾張藩主として東照宮祭事の徳川家康関係の祭りを盛大に実施する。名古屋徳川宗春理論は名古屋に豪華歌舞伎小屋を名古屋に豪華芸能文化思想である。商人の知恵を活用して諸国に流通及び地場産業の宣伝活動をして常滑焼・瀬戸焼・毛織物など地場産業を育成した。高麗人参の栽培を尾張藩内で盛んにして医学技術を進歩させた。住吉町女性文化のキリスト女性器遊び好きの心である。
⇒死後成仏の釈迦思想が知恵の実キリスト教裸婦像イブと平成イタリア病気社会となった。消費税導入とナポレオン消費税値上げ効果で平成イタリア病気社会になり世界観がナポレオンキリスト女性の産婦人科ナポレオン不倫思想と仏教愛世界観になる。大日本帝国オスマントルコ帝国方式の靖国神社イスラム国家思想であった。昭和ドイツ病気社会が大日本帝国の軍事暴走の戦争及び四日市公害の公害物理学国家である。
⇒名古屋徳川宗春理論は死刑執行をしない慈悲慈愛で見守る忍の心であり、仏教愛精神を大切にしていた。罪人を梁川東照宮建設工事で生活職業保護をしていた。高麗人参の栽培を尾張藩内で盛んにして医学技術を進歩させた。形式よりも中身を大切にして必要主義者で意味のある祭りを盛んにし、奨励した。人道に反する祭りは禁止した。男女が奪い合うことや義に合わぬことを禁止した。
⇒名古屋徳川宗春理論の無言釈迦思想である。仏は無言で無言で成仏して無言釈迦になる。名古屋徳川宗春理論は歌舞伎文化と花火推進の商業と商人重視の名古屋商業化社会である。熊谷ペルー人殺人事件は名古屋徳川宗春理論で死刑執行されない仏教愛思想である。
⇒名古屋徳川宗春理論は農林水産業及び毛糸紡績産業と陶芸産業を産業保護のため税金非課税制度にする。漫画喫茶及びアニメ産業を産業育成で補助金保護制度にする産業保護育成理論である。名古屋商人の力を利用して産業を育成して尾張藩生産力強化政策で毛糸産業及び陶芸品を諸国大名への宣伝流通を盛んにした。
⇒名古屋徳川宗春理論は商人流通知恵活用の必要重視社会の仏教愛の思考である。必要重視と中身重視で中身ある祭事社会を真面目義の心として、人道倫理に反する祭事を禁止した。ドイツ工業国家の被害者加藤男性のナチスドイツヒトラー思想の仏教悪魔を否定する死刑廃止の名古屋徳川宗春理論の仏教愛思想である。
徳川宗春理論は農業商業中心社会の名古屋女性器風俗文化保護政策と地場産業育成国家である。名古屋徳川宗春理論は歌舞伎役者の心やスリランカ人女性刑務所関係の外国人女性の刑務所人権を守る人間必要主義の心である。名古屋徳川宗春理論は正しいか必要か吟味する心があり、詳しく問題を検討する心である。
⇒名古屋徳川宗春理論は弱者保護で人の弱い心に対して仏教愛の大きな愛情の慈愛の心で見守る思想である。真面目な仕事人間や道徳者の国民は困難とする忍の心で死刑廃止の仏教愛恩赦の思想である。余計記述の法律なのか詳しく社会調査する調査機関の心である。名古屋徳川宗春理論は事件犯罪の被害は発見者や通報者がどういう人物か社会調査で考慮しないと冤罪の要因になる。
⇒名古屋徳川宗春理論は町人農民庶民身分と武士の身分区別が無い不良タバコを吸う人間の不良娯楽文化である。人は全員役目があり必要の無い人間などいない適材適所の大きな愛と広い心で理解する仏教愛社会の思想である。詳しく吟味する心で問題を必要か余計か社会調査をする。余計な仏教行為なのか必要行為なのか詳しく検討する心である。
徳川宗春理論はイオン岡田流通産業商人活用の名古屋商業大国国家の日本にする商人思想である。悟る事は心が固まる事である。名古屋徳川宗春祭事理論は裸祭りの男性器倫理と女性器風俗問題と上げ馬神事野動物虐待問題など動物仏教愛と男女風俗の議論をする仏教愛思想である。名古屋徳川宗春人材活用理論では農業商業地場産業で人生活用推進の人間必要主義者である。
二宮尊徳は江戸時代の農業思想家、農政家で農業道徳思想の報徳思想とは、銅像の苦学思想で刻苦勤労勉学で勤労努力と勉励して社会に奉仕するキリスト福祉思想である。キリスト寄付行為の農民道徳者の自分に返ってくる農業キリスト福祉思想である。キリスト福祉思想の土地道徳者の恩返し思想の農民道徳者の教えである。「道徳なき経済は罪悪であり、経済なき道徳は寝言である」のキリスト福祉思想である。
⇒自然環境は生命仏教である。それぞれの地球の命が影響を与え合い自然物理学の絶妙なバランスの上に成立する生命仏教である。徳川宗春風俗警察会社の女性器風俗思想の警察民営化の義の心である。
⇒森から昆虫が消えれば、森のすべての生命体は危機になる生命物理学思想の生命仏教である。
地球は生命仏教である。世の中のあらゆるものは、すべてがお互いに影響を与え合う生命物理学である。

徳川宗春理論は女性器産業中心の派手国家が正しいとして、女性風俗は派手なバブル世代女性の派手思考である。女性器行為の質素倹約を禁止する風俗警察の警察民営化思想である。徳川宗春風俗警察を警察官制服を派手制服にする。派手警察パトカーで派手漫画喫茶施設の警察署交番にする。富洲原イギリス産業革命都市がドイツ式工業都市四日市塩浜公害地区や鈴鹿ナポレオン自動車都市を作った。
⇒平成少子化少子化イタリア病気社会は社会のイタリア化である。ナチスドイツヒトラー思考消すイタリアルネサンス化思考の文化運動である。
⇒古川地蔵堂東富田地域の大正から昭和初期の老人夫婦の眼病治療ご利益があった地蔵である。
⇒富田地区は四日市市の①伊勢②奈良③京都のような所で宗教・文化地域で四日市市によって平成時代に区画整理が計画されたが住民の反対で中止となった。富田地区を副都心とする再開発計画が構想された。
ヤマトタケルミコト由来の鳥出神社鯨船の捕鯨祭事・騒音がある山車の富田の石取祭があり祭りが盛んであり、富田西町連合商業祭り地域など自治会活動が盛んである。
⇒令和初期まで下町に昭和レトロ文化の天ぷら店や漁網工場が残っている四日市北部の昭和ルネサンス都市である。平成イタリア人口理論は戦後日本人はナチスドイツヒトラー性格及び平成イタリア少子化社会の世界観である。性格が世界観仏教の平成イタリア少子化病気社会である。保守系国会議員の片岡恒一及び平田耕一衆議院議員の選挙地盤で元号使用文化や専業主婦思想など保守文化が強い地域である。
⇒昭和56年に富洲原地区市民センター完成を記念して富洲原住民からのデザイン公募で『前進・向上と親睦』をテーマに富洲原のカタカナ表記のトを基本デザインとした。富田一色及び天ヶ須賀地区と松原地域の暮らし及び学びふれあいの3つの輪をデザインとした。
⇒繊維産業都市の富洲原時代
東洋紡績富田工場の建設の陰には伊藤平治郎の努力があった。1912年(明治45年)の大正時代以前は三重郡富洲原村の主要産業は漁業と農業であった。漁業は不安定であり、農業も耕地が狭い上に塩分が混じる不良田があり、生産は行きつまりの状態であった。
 
 
富洲原町の人口
四日市市史や富洲原地区の郷土史料の人口統計では、三重郡富洲原町の人口は大正時代初期には富田町と同数レベルだったが、大正時代に富洲原町は約6000人増加して、富田町は1700人の増加であったので富洲原町のほうが4000人多くて経済的に差をつけた。1921年(大正10年)には1万人を突破した。
1941年(昭和16年)の四日市市に合併する直前の人口統計は合計約1万6000人で、その内男女比は男性人口が約6000人対<女性が約10000人(1万人)の割合で、性比が60%で女性比率が日本一多い市町村であった。昭和13年調査の東洋紡績富田工場の従業員が合計3652人であり(綿糸・綿布・紡績工場であり、男性従業員が246人で若い女性労働者が3406人)と昭和13年調査の平田紡績の従業員が2544人であり(製網・綿糸・綿布工場であり、男性従業員が381人で若い女性労働者が2163人)[2] や三重織布工場の従業員が211人で(タオル工場・別珍製織工場であり、男性従業員が18人で若い女性労働者が196人)や平田浴布の従業員が30人で(タオル製織工場であり、男性従業員が2人で若い女性労働者が28人)などの若い女性労働者の流入が理由であった。
若い女性人口が多かったため伊藤平治郎は女子教育に力を入れて、三重郡富洲原町に三重県富洲原町立実科高等女学校(戦後に現在の三重県立四日市高等学校に統合された)を開校をした。
キリスト固定概念と仏教愛の世界観について述べる。
キリスト教では運命は生れた時に神様が決めるインド占星術の物理運動である。占星術物理運動で病気になって死ぬのも、事故で死ぬのも、殺されて死ぬのも、すべて神様が占星術物理運動で決定したキリスト運命ということになる。占星術物理運動の運命を変えることができるのも神様だけである。神様がキリスト奇跡を起こされた時だけ運命を変えることができるのである。
⇒仏教は心の変化物理学の心の実験思想である。人間の存在を構成する5つの心の働きの精神物質が五蘊である。色現実の心の世界が五蘊である。
イスラム教はイスラム天文学イスラム数学を研究するイスラム科学思想でイスラム教は経済学思想である。この世は心が基本で心が主人公で心によって作り出される釈迦仏教愛の思考である。
⇒名古屋徳川宗春理論は親釈迦思想で仏が親である。名古屋徳川宗春理論は釈迦親思想で仏が保護者である。名古屋徳川宗春理論は仏教は人生は心の道であり、この世は心の道である心の道徳宗教が仏教愛思想である
⇒因果の道理に従って自然仏教がある。因果の道理に従って自然物理学がある心の原因仏教である。この世は心の物理学である。
⇒この世は心の実験仏教で心は仏教変化する。一人一人が自分で生みだした世界観の心の世界に生きている。
⇒世界観は心の住む世界である。この世は心の思想が作る心の表現や心の言論や差別である。この世は心の結婚愛情や心の職業である。
⇒悟る方法は以下の方法である。思考と動物的感情を否定して自分の思想の心を認識する。
⇒心に思う⇒認識する⇒思考と動物的感情を否定する⇒自分の思想の心を認識する⇒心に思う事を認識する⇒釈迦仏になり成仏する。
⇒ナポレオン女性愛で許す心のキリスト女性愛思想である。ナポレオン女性愛で許す心が人類へのキリストの愛情である。1990年代は男女平等表現時代であった。平成キリスト女性の裸婦像イブの男女平等表現時代であった。
⇒神社は古代の自然哲学である。仏教は心の生命哲学である。キリスト教産婦人科ナポレオン女性愛である。
キリスト教は人類への女性愛がある女性福祉思想で世界は神の創造したもの。世界は神の創造した男女哲学であり、アダム労働者と裸婦像イブの男女哲学思想である。ドイツ式工業国家アダム労働者の工業男性器思想がある。
⇒ナポレオン女性愛で2人以上のアダム男性が共同開発するキリスト共同女性器思想がある。ナポレオン女性愛は平成イタリア少子化社会の社会の幸福思想である。
⇒仏教はこの現実世界は夢の中の世界で夢幻覚である。この世は生きる性欲思想の現世である。男女性欲の俗世である。現実世界のこの世を不思議世界としている。仮そめのもの霊世界や不思議世界の仮の世である。この世の現実世界は仮想現実で無常な世の中で仏教変化する幻覚としている。

キリスト教思想は文明倫理思考の人類哲学であり、聖書の男女の哲学思想書である。1990年代は男女平等表現時代であった。平成キリスト女性の男女平等裸婦像イブの男女平等表現時代であった。
⇒仏教思想は愛の危険性で愛情を否定してキリスト女性愛を否定している。平成イタリア少子化社会はナポレオン女性愛の幸福女性思想になり平成イタリア少子化社会は社会の幸福思想である。
⇒生物は女性のみである。男性は軍事男性器労働者である。キリスト教聖書の男女の哲学思想はナポレオン女性愛思想で2人以上の男性が共同開発するキリスト共同女性器思想である。男性が女性器を見る行為は性教育である。男性産婦人科医師女性器など男性が女性器を見る行為は性教育である。
⇒貪むさぼりは人や物事に対して必要以上に求めてしまう。コロナウイルス病気及び死の苦しみ自殺思考は気になる不安の心が原因である。釈迦の仏教愛思想は釈迦のブッダ本人が離婚経験者である。釈迦本人が離婚経験の愛情否定の公害物理学35歳自殺仏教徒である。釈迦本人が愛情否定の離婚及び自殺仏教徒である。男女及び夫婦関係は死別及び離別離婚するか死に別れえる夫婦男女関係の仏教愛思想である。
⇒不安の心が現実になる仏教地獄思想である。戦争犯罪いじめなど暴力行為の心の苦しみは気になる心が原因である。釈尊の宇宙真理の解脱仏教修行方法が欲界(観念のドイツ哲学の世界)、色界(時空の時間の苦しみ老化の世界)、無色界(智慧の釈迦物理学の高級釈迦仏教徒の真実の世界)三界である。キリスト教は1999年恐怖思考の人類の無意識仏教愛思想である。聖書は男女の無意識仏教愛思想である。無意識で行動人類学の物理仏教学と聖書男女思想である。ナポレオン女性愛思想で2人以上の男性で共同開発するキリスト共同女性器思想がある。
鎌倉時代禅宗精神集中武士仏教文化室町時代の仏教商業社会になった。キリスト教はナポレオン女性愛の仏教愛思想である。
室町時代は仏教商業社会である。室町文化は仏教集中精神文化である。禅宗は仏教集中修行の集中仏教精神である。
キリスト教はナポレオン不倫のナポレオン女性愛のキリスト教徒である。キリスト女性愛思想の宗教である。世界三大哲学思想はドイツ哲学とインド仏教生命哲学と中華道徳思想の儒教道教古代中華思想である。ナポレオン女性愛で2人以上の男性が共同開発するキリスト教聖書の共同女性器思想の男女哲学である。
⇒女子教育は国家の基本である。少子化の原因やいじめ犯罪の原因は女子教育を軽視してきた日本国家の責任である。女子は学んで大人の女性になる。女子は学問及び生物仏教愛思想や平和物理学で大人の女性になる。女子は学んで大人の女性になる哲学思想である。
⇒釈迦仏になり成仏する方法は時間を止める停止思考である。停止思考で生きるのを停止する停止する心である。少子化問題や男性ニート問題は平成イタリア理論の平成イタリア病気である。
⇒名古屋徳川宗春理論はタバコを吸う男性を否定しない仏教愛思想でわいろ合法化で商業保護と産業育成国家になる金運向上と犯罪防止の仏教愛思想である。名古屋徳川宗春理論は死刑制度は社会政策不備と犯罪者教育責任放棄の国家への怒りで犯罪者を刺激して殺人事件及び凶悪犯罪者のナチスドイツヒトラー思考を容認している。
⇒名古屋徳川宗春理論は経済警察恐怖思考の経済法律や男女法律制限を自由化して余計法律を削除する国家になれば産業が育成されて民が元気になる。名古屋徳川宗春理論は盆踊りの褒美を出す殿様福祉政策であった。楽しみが1つだけでもったいない楽しみは多い方が良い楽しみのためにもしっかり働けの祭り元気産業思想の仏教愛思想者であった。
⇒名古屋徳川宗春仏教正論は人生楽しみが多い方が良い人の心や経済を明るくする仏教正論である。名古屋徳川宗春経済理論は商売繁盛のため商人の店を繁華街に出店して売り上げ倍増で尾張領内の村で製造された傑作の立派な焼き物を京都・大阪・江戸の主な大名に贈与して藩内の商人に宣伝してもらう宣伝費用を徳川宗春尾張藩主が出費した。
⇒名古屋徳川宗春理論は名古屋祭りを派手みこしにした。褒美を沢山配る人生楽しい祭り儀式と豪華祭り政策で徳川家への忠誠心を維持させて祭事経済効果がある商人重視社会にした。隠居後徳川宗春は屋敷で踊り大会や高麗人参を名古屋地域で盛んに栽培されている医学教育地域の名古屋地域にした。
⇒名古屋徳川宗春理論は経済法律や男女関係禁止法律が無い方が自由法律社会の方が法律削除で産業が育成される。名古屋徳川宗春理論は人間は全員赤ちゃん仏教愛で仏教赤ちゃんを見守る熊本ララバイ母子仏教愛の思想である。
⇒名古屋徳川宗春理論は不良タバコを吸う人間も人生楽しむ仏教愛の思想である。名古屋徳川宗春理論は犯罪者も死刑より命の尊重と反省重視で悪人思考の不良タバコ人間が大人になる自覚するまで見守る仏教愛思想である。
⇒名古屋徳川宗春理論は1日給与3万円を支払う1週間1日労働者1週間1日社員制度を創設する。名古屋徳川宗春理論は高麗人参栽培や毎日花火打ち上げの盛大な祭事文化で産業を育成する仏教愛の思想である。名古屋徳川宗春理論は徳川宗春風俗警察制度の風俗仏教愛の思想である。
⇒名古屋徳川宗春理論は絹織物産業や立派な焼き物陶芸産業の産業育成思想である。礼儀を重視する礼儀重視思想の徳川宗春は必要に応じて正装と庶民を元気意欲にさせる派手な衣装を区分して使い分けていた。名古屋徳川宗春理論は質素倹約貧乏ケチ嫌い悪口嫌いの派手文化思考の仏教正確確認人間である。
⇒名古屋徳川宗春理論は政治資金規正法律で経済警察恐怖思考で1円の不正許さぬ恐怖経済警察が犯罪の要因としている。名古屋徳川宗春理論は経済警察組織や経済法律及び男女の法律制限が無い自由国家の方が産業が育成されて民が元気になる。
⇒名古屋徳川宗春理論はタバコ禁止を断言する行為やわいろ禁止恐怖警察国家や不倫禁止警察行為はナチスドイツヒトラー思想である。名古屋徳川宗春理論はギャンブル風俗産業省を設置して、徳川宗春風俗思想の警察国家にする風俗仏教愛思想である。
⇒名古屋徳川宗春理論の商売人重視の自由商業思想がある。紀伊藩理論の質素倹約思考の吉宗農業重視思想とミカン農業産業理論と紀伊藩の林業を基本産業とする林業思想がある。水戸藩国学者理論の水戸黄門副将軍思想がある。名古屋徳川宗春理論は経済は遊びだ思想である。名古屋徳川宗春理論は人生遊びだ思想の経済遊び文化の娯楽産業国家の思想である。
名古屋商科大学は名古屋徳川宗春理論の大学である。三河徳川東照宮家康神社の令和4年1月3日参拝行為後の長島温泉芸能娯楽文化など名古屋徳川宗春理論の仏教空間が存在する。名古屋徳川宗春理論は死刑廃止やわいろ合法化や女性の不倫容認思考であるのは殺人犯やわいろ犯罪や女性の不倫など他人を許さない心があるのはナチスドイツヒトラー思考であるからである。他人を許す心が無いのはナチスドイツヒトラー思考の仏教悪魔になり仏教悪魔防止の名古屋徳川宗春理論の死刑廃止の仏教愛の思想である。
⇒名古屋徳川宗春理論は農林水産業税金非課税措置で陶芸産業や毛糸紡績産業も税金非課税措置にする。漫画喫茶やアニメ産業も税金非課税措置にする。名古屋徳川宗春理論は鉄道会社福祉法律制定で鉄道会社の鉄道福祉義務制度で鉄道会社補助金制度を創設する。名古屋徳川宗春理論は歌舞伎役者の豪華歌舞伎小屋芸能文化と長島温泉芸能文化の宗春風俗警察官の仏教愛の思想である。
⇒名古屋徳川宗春理論は他人を許す仏教愛のキリスト思想である。殺人犯罪者を死刑にしないで許す心の仏教愛思想とわいろ合法化で許す心の仏教愛の思想と女性の不倫女性器を見せる行為を許す心の仏教愛の思想である。
⇒名古屋徳川宗春理論は倹約は上の者がすればよい民の元気をなくす政策に反対である。民の元気を信じればよい。領主が民を頼り民が元気になればお金が動き続けて田畑も元気になり生きたお金はさらにお金を生み出す。武士も百姓農民も町人である商人や職人や被差別部落民も全員が笑ってくれせる国家にしたい仏教愛の思想である。
⇒名古屋徳川宗春理論は余計法律は削除する事や余計な人生行為は仏教愛思想で禁止である。名古屋徳川宗春理論は必要な仏教行為で生きる仏教愛思想である。名古屋徳川宗春理論は必要効率主義で生きる思想であり、仏教効果がある事を重視する仏教愛思想で性欲仏教悪魔の性欲暴走を禁止した。名古屋徳川宗春理論は警察は風俗宗春警察組織で風俗解放自由法律国家にしないといけない。
⇒名古屋徳川宗春理論は鉄道会社及び会社経営者は社会サービスと公共福祉義務を重視しないと経営悪化の要因になる。名古屋徳川宗春理論は女性器産業やゲームセンター及び漫画喫茶など風俗産業や娯楽産業を盛んにする仏教愛の思想である。名古屋徳川宗春警察理論は風俗警察思想の風俗宗春警察官制度を創設する仏教愛の思想である。名古屋徳川宗春理論は毛糸紡績産業や陶芸産業など地場産業を育成して長島温泉芸能文化や漫画喫茶産業やロボット技術などの産業育成国家となる仏教愛の思想である。殺人犯を死刑にしないで許す心の仏教愛の思想である。
⇒名古屋徳川宗春理論として梁川東北地方のつつこ引き祭りの仏教愛の思想がある。松平道春時代に東北地方の大飢饉の緊急時に種もみを与えた領主思考の殿様になった名古屋徳川宗春理論の仏教愛の思想である。梁川東照宮建設事業で建設のため働く者は罪人である犯罪者も採用した。貧乏だから仕方がなく窃盗盗みの犯罪者がいるので働けば収入お金が入り窃盗犯罪者の盗みもせずにすむ名古屋徳川宗春理論の仏教愛の思想である。
⇒名古屋徳川宗春理論は忘年会や飲み会の心で節約ケチの心や貯金の心は貧乏国家になる。派手好きと太っ腹の心とサービス仏教福祉の心が仏教愛国家の豊臣金運思想になる。
⇒名古屋徳川宗春理論はどんな凶悪犯罪者である罪人もナチスドイツヒトラー思想で簡単に国家による恐怖の死刑行為を禁止すべきの罪人への仏教愛の思想である。名古屋徳川宗春理論は男女の奪い合い略奪愛禁止の義の心で真面目な心の仏教愛思想であった。
⇒名古屋徳川宗春理論の仏教愛の思想は武士及び町人身分や百姓農民など身分の区別をしないでキリスト平等主義思想で人間の生命を大切にして慈愛の忍耐仏教愛の殿様思考であった。庶民が心と健康仏教愛が豊かになる事を理想として名古屋を空前の繁栄地域国家にした名君である。名古屋徳川宗春理論の発想力と行動力から学び元気産業国家の日本にする仏教愛の思想である。
⇒名古屋徳川宗春理論は人間は皆役目がある。人間は全員仕事や役目がある。必要が無い人間はいない。名古屋徳川宗春理論は大きな愛と広い寛大な心で理解する仏教愛の思想である。名古屋徳川宗春理論は江戸時代の士農工商固定概念を否定する仏教愛の思想である。武士や町人の区別が無い真実本当の心で生きる事を学ぶ生活体験の仏教愛の思想である。
⇒名古屋徳川宗春理論はからくり技術の産業育成でからくり人形山車の保有量が多数の愛知県地域であり、日本一からくり山車が多い愛知県となった。両口屋是清などお菓子老舗文化を大切にする名古屋徳川宗春理論であった。名古屋徳川宗春理論は何事も庶民目線の庶民主義者の庶民商人の天下理論国家や工事現場など現場調査主義の仏教愛思想であった。
⇒名古屋徳川宗春理論は適材適所を大切に商売は商人の知恵を活用して農業を農民に知恵を活用した。農民への贈与自由化の寄付行為と仏教福祉思想で仕事を休む娯楽文化生活思想の仏教愛の思想である。仕事の合間に相撲観戦や芝居見物の気分転換を推進した。名古屋徳川宗春理論は女性の性犯罪被害予防の性犯罪予防警察組織と警備警察国家の治安仏教国家の警察組織の仏教愛思想である。名古屋徳川宗春理論は建中寺仏教愛思想である。尾張藩名古屋地域の人口急増政策の徳川宗春理論は津島地域犬山常滑など尾張藩領内の不動産開発投資効果がある商業活性化の派手文化投資事業の産業育成で次々と家が建設されるなど人口の確実安定増加となり町が賑やかになった。
⇒名古屋徳川宗春理論は好きな事をする快楽思想であり、人生楽しむ仏教愛の思想である。からくり人形文化尾張名古屋の仏教愛の思想である。好きな食べ物好きな女性への女愛キリストの心の仏教愛思想である。名古屋徳川宗春理論は人生世の中余計思考の余計法律を廃止して法律自由化で余計法治国家から解放する産業育成国家の仏教愛思想である。名古屋徳川宗春理論は風俗ギャンブル産業省を創設する。東京地検特捜部及び公安警察組織を廃止て市民警察官制度の徳川宗春理論の宗春警察官制度にする。女性芸術警察官3割にして徳川宗春警察官制度の宗春風俗警察官と宗春風俗警察署を創設する。
⇒名古屋徳川宗春理論は徳川宗春警察組織の宗春風俗警察官制度を創設する警察組織の警察仏教愛の仏教愛思想が必要である。死刑制度は市民社会を否定して戦後日本社会がナチスドイツヒトラー思想になり凶悪犯罪者が多数誕生する仏教悪魔理論である。死刑制度で市民社会を否定しているので殺人事件の凶悪犯罪国家になると犯罪者心理を研究している徳川宗春理論の法哲学思想である。
⇒名古屋徳川宗春理論の仏教愛思想は人の弱い心があるので仏教愛で死刑廃止など市民社会で見守る仏教愛思想である。名古屋徳川宗春理論の仏教愛は仕事を真面目に行う規律正しい仏教徒になる事は困難である。規律正しくなる事は困難であり真面目な人になる自覚するまで大きな愛の殿様思考の政府組織が仏教愛で見守る思想である。
アベノミクス思考の安倍晋三内閣は名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化である。名古屋徳川宗春理論は女性を守る性犯罪警察思考の仏教愛の思想である。アベノミクス安倍内閣の時代は名古屋徳川宗春理論で丸亀製麺のうどん店会社方式の国家経営者の時代であった。
⇒キリスト女性愛のキリスト教徒の思想は始まりと終わりがある1999年ノアの大洪水思想である。仏教は心が原因とするこの世は心の幻覚思想の哲学である。仏教は苦しみの宗教でありナチスドイツヒトラー思考の仏教地獄の世界である。仏教は四日市公害の公害物理学の公害の苦しみ思想の仏教地獄世界である。
キリスト教はナポレオン産婦人科不倫のキリスト女性愛思想とキリスト平等主義思想と社会の幸福思想のキリスト女性愛のキリスト教徒である。
⇒キリスト女性愛のキリスト教の聖書は男女の哲学思想である。キリスト教理論は男女の天才物理学思想であり人類の男女思想である。
⇒この世は心の幻覚で心が原因である。この世は心が原因で人生は心の世界観である。
日本社会党は右派民社党友愛思想のキリスト教徒と左派マルクス主義者の労働組合出身者がいる。日本共産党は戦前期の大日本帝国先祖道徳者の共産党員の日本共産党ソ連国鉄右派がいる。ソ連国鉄思想の日本共産党右派の配給社会主義政策思想とドイツ系左派の仏教福祉思想がある。日本共産党ナチスドイツヒトラー思考及び手塚治虫ブッダ釈迦仏教愛思想者である。キリスト女性愛のキリスト教は女性福祉思想の女性への愛情宗教である。
⇒インド仏教哲学とチベット仏教思想が流入したドイツ哲学ルター教会である。プロテスタントキリスト改革仏教愛思想のドイツ思想のキリスト教国家のナチスドイツヒトラー思考の仏教国家の日本である。仏教事実に正直になる仏教事実にウソ嘘をつくな。
⇒名古屋徳川宗春理論は人生世の中結果一番の仏教愛の思想である。名古屋徳川宗春理論は産業育成と地場産業を保護する結果一番主義の仏教愛の思想である。
⇒仏教では、すべての人間及び生き物は、自ら生み出した自分の世界や個人の心の世界に生きています。老人になり死ぬまでに2000種類くらいの自分の心と自分の性格がある。2000種類くらい人間道徳の心の五蘊があり人間の心が仏教変化する。普通は万人共通の宇宙のキリスト女性愛世界やイスラム教徒の世界があり、みんなが生まれて来たと思っていますが、そうではありません。個人が自分が生み出した世界に生きていますから、命の数だけ心の世界や仏教世界観があります。
 
キリスト女性愛の人間観 について述べる。
⇒全知全能の神が造った一度きりの人生。キリスト女性愛の聖書は男女の哲学思想であり、仏教は生命倫理の命の哲学思想である。信ずる人を愛ししもべにする。信じない人は怒り滅ぼす。
⇒仏教愛の思想について述べる。因果の道理にしたがって果てしない過去から来世へ輪廻転生する。仏の慈悲はすべての生命が救いの対象。自業自得煩悩によって罪悪を造るすべての人が仏になれる。

⇒富田六郷思考とドイツ哲学思考の田村寺の寺院仏教思想の研究
⇒仏教論文
⇒老人仏教愛で生きる老人仏教思想である。老人の老いる心で生きるのが仏教思想である。
⇒仏教心理学の思想
⇒色男女の現実世界の男女の事実仏教⇒感情女性器を見る心⇒動物性欲の煩悩怒りの心⇒思う心の思想仏教⇒思考の心⇒人生の仏教行為⇒認識の知る心⇒認知仏教思考の魂⇒心の本音の正直仏教思想
⇒人間の心の錯覚が現実になる。
心の外に「もの」はない人間の心の中に仏がいる。人間の無意識仏教思考の南無無意識思考と仏教愛思想である。大乗仏教の考え方の基礎は、この世界のすべての物事縁起である心の関係性の心の科学現象で成立しているものと考える。カルト宗教的固定概念を否定する仏教愛の思想では統一教会安重根キリスト固定概念の煩悩怒りであり、オウム真理教水俣病キリスト固定概念の煩悩怒りである。
唯識説は心の科学説を補完して、心の心理学現象を人が認識しているだけであり、心の外の現実世界に事物的な存在や事実確認された現実的な物質はないと考える。心に実体が無い心は仏教変化する。苦しみや悩みは自分の心が原因である。汚れた心が怒りや煩悩悩みや心の苦しみ病気となる。
⇒仏教理論で「唯識無境」て呼ばれている。「境」は心の外の世界である。'''唯識所変の境'''(外界の物事は心の認識確認の識によって仏教変化する。心は固定されず心に実体が無い仏教物理学では心は仏教変化する)という。また一人一人の人間は、それぞれの心の奥底の
仏教では「わたし」自我がないと考える。自分の心の自我が煩悩である心の苦しみとなる。自我で自分の心が苦しみ病気の心の煩悩になる。自我の自分の心が苦しみや悩みの原因である煩悩になる。自我である自分の心は錯覚であり幻覚である。自分の主観や世界観の錯覚である。西洋哲学に「我思う故に我在り」というデカルト哲学の言葉があるが、仏教から見れば間違った思考である。自分の心の病気の煩悩にとらわれて真理が理解できない状態、仏教の言葉でいう「無知」である自分中心の主観主義や自分中心主義の心になる。しっかり認識する仏になる悟る。
⇒しっかり認識する思考する訓練で成仏して釈迦になる。各人の人生の仏教行為の人生行為の業(カルマ人生行為)が生み出した「業界」個人の世界観に各人が住んでいると説くブッダ釈迦の仏教愛の思想である。仏教は心の画家の宗教である。現実は心の画家の自分の心が原因である。自分が心の画家で現実は自分の心が原因である。この世は自分の心の世界である。
⇒世界観が現実になる。自分の心の中の仏教条件が形になる現実になる。人間の心の中の仏教条件が現実になる。世界観がセクハラ被害者の女性と痴漢被害者の女性とストーカ殺人被害者の女性の心の世界観である。世界観が振り込め詐欺被害者の老人の心の世界観が現実になる仏教思想の呪いがあり、この世は幻覚の世界観である。心の画家の自分が現実を作る思考が仏教愛の思想である。現実は自分の心が原因とするのが仏教愛の思想である。
⇒聖書の男女哲学思想について述べる。
⇒聖書の男女哲学思想⇒共同女性器社会⇒共同女性器社会で保存する心⇒保存する心⇒男性が聖書の男女思考で子孫を保存する心になる⇒男性道徳思想の儒教になる。
プロテスタント教会キリスト教徒はドイツ哲学仏教愛のキリスト仏教愛を唱えるキリスト教思想のドイツ系左派である。イタリア女性芸術思想の裸婦像イブのキリスト女性器思想がカトリック教会のキリスト教徒である。ナポレオン産婦人科不倫思想がカトリック教会のキリスト教徒である。ルター教会がナチスドイツヒトラー思考の仏教悪魔のプロテスタント思想及びドイツ哲学者になった。
⇒仏教愛は心の統合で誕生する。仏教思想は心を原因とする心の統合病院である。ナチスドイツヒトラー思考は心に有害な思想である。
⇒不倫否定は固定概念とする思想である。自分の心の中の仏教条件が形になる現実になる。人間の心の中の仏教条件が現実になる。自由男女思想の仏教愛の自由肉体的な男女行為をする聖書の男女哲学がある。男女の自由不倫仏教であるのが仏教愛の思想である。不倫合法化の自由男女思想やわいろ合法化など仏教は自由思想である。仏教愛の思想は固定概念はこだわりが無い自由裸婦像イブの自由思想である。上野千鶴子女性差別に対する本人の怒りや士農工商部落問題も固定概念であり、怒りや煩悩の恐怖の不安思想である。第1論文④平成イタリア社会の都道府県経済成長力やる気の統計論文⇒産婦人科キリスト奇跡の女性愛
⇒男女平等キリスト女性思考はキリスト教の聖書の男女哲学思想である。聖書は男女哲学思想である。ジェンダー平等や性的マイノリティ同性愛はキリスト奇妙な宗教行為である。日本共産党左翼仏教徒の平成29年の元号使用の復活は日本共産党の仏教路線である。天皇制国家容認のブッダ思想を唱える日本共産党支持者の高齢化が要因である。マルクス思想の日本共産党員の高齢化による仏教路線である。戦後日本人は仏教を信じていないので平成イタリア社会のナポレオン消費税国家となった。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。

産婦人科の内診で女性器を見る行為はナポレオン思想の不倫である。産婦人科ナポレオン不倫の方法はフランス語の語学能力が必要である。産婦人科ナポレオン不倫の方法は女性器に人差し指と中指の2つの指を挿入する内診と女性器に人差し指と肛門に中指を入れる双合診と2つの指を肛門に入れる肛門診の3種類がある。

 
⇒禁断の果実とは、それを手にすることができないこと、手にすべきではないこと、あるいは欲しいと思っても手にすることは禁じられていることを知ることにより、かえって魅力が増し、欲望の対象になるもののことをいう。
 
⇒禁断の果実とは、善悪の知識の木の果実を指す。アダムとイヴはエデンの園にある果樹のうち、この樹の実だけは食べることを禁じられるが、イヴはヘビにそそのかされてこの実を食べ、アダムにも分け与える果実を口にした結果、アダムとイブの無垢は失われ、裸を恥ずかしいと感じるようになり局部をイチジクの葉で隠すようになる。これを知った神は、アダムとイブを楽園から追放した。彼らは死すべき定めを負って、生きるには厳しすぎる環境の中で苦役をしなければならなくなる。平成イタリア社会の思想で日本人全員がキリスト教徒になるキリスト女性の女性愛である。男女雇用機会均等法及びジェンダー平等を根拠に日本人が全員は罪悪思考のキリスト教徒になる聖書実験国家の日本である。平成イタリア社会のキリスト女性の女性愛である。日本共産党ソ連国鉄共産党右派とドイツ系左派がいる。大平正芳がナポレオン消費税思想を誘致した。自民党最大の功績がナポレオン消費税である。自民党がナポレオン消費税女性思想になり社会党の消費税反対や日本共産党の消費税反対の左翼野党はナチスドイツヒトラー思考の規律正しく生きる経済思想である。日本社会党社会党右派思想のキリスト教民社党思考の議員がいる。日本社会党社会党右派思想のキリスト教民社党思考の議員と左派社会党議員のマルクス思想の労働組合政党である。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。男女比については明治時代から〜昭和初期(昭和一桁)の時期までの日本の男女比は
①紡績工場の不衛生から女工結核死が多かった事
産婦人科医療が普及していなくて多産が常識であった時代背景から
大日本帝国の30代女性の出産によって死亡する妊産婦死亡率の高かった事。
④婦人科系の病死が多かった事で
⇒25歳〜45歳の性比(昭和5年度に実施した国勢調査の統計)[18]は男性105人〜107人対女性100人の割合で女性人口より男性人口の方が多くて、戦前の日本女性の平均寿命は男性と同じ程度で短かった。
江戸中期〜昭和初期までの日本の性比は日露戦争による若い男性の病死や戦死の増加による一時的な男性人口の減少はあったが、大日本帝国時代は女性人口より男性人口の方が多かった。1937年(昭和12年度に実施した国勢調査の統計)からの日本の性比は日中戦争による若い男性の戦死の急増で男性人口より女性人口の方が多くなり、戦後から平成期は女性の高齢化の進行で女性人口の方が多い状態が続いている[19]。
男性は男女比が女性の方が圧倒的に多かった事から容易に結婚が出来て生涯未婚率は極めて低い1%以下であり99%の適齢期の男性は結婚をしていた。男性は病気の保有や障害者や犯罪者であるなど特別な事情がない以外は全員結婚する皆婚であった。男性は自由に女性を選び結婚できると言われるくらい男性人口が少なかった。男性人口の不足から女性は一夫一妻制度の下では結婚難になった。最後の家制度世代であった。大日本帝国軍人が兵隊さん全員結婚させるため一夫一婦制度にした。一夫一婦の民法で日本人男性の日本軍人が全員結婚する大日本帝国先祖道徳者であった。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。大日本帝国先祖道徳者の家制度や男尊女卑が強化された。神社の境内でタバコを吸う日本人男性が多いのがドイツ系工業国家の戦後日本となっている証拠である。自分は神社をキリスト女性の女性愛であるキリスト神社宗教法人に変更する宗教改革が必要であると思います。自分の結論では平成イタリア社会の聖書実験国家の日本は宗教改革の時期になっております。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。平成イタリア社会の平成キリスト女性中心の聖書実験国家にする平成時代史である。自分の意見では日本人男性と昭和生まれ老人は仏教修行をする事が嫌なら仏教地獄で苦しむことなる。結論では1999年恐怖のキリスト死刑になったほうが良いナチスドイツヒトラー思考とノストラダムスの大予言論争の四日市公害物理学国家である。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。自分の思想ではタバコを吸う僧侶がいるので寺院をキリスト女性の女性愛であるキリスト寺院にするべきである。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。自分の思想では安倍晋三暗殺恐怖の祈祷効果の呪いの安重根仏教徒がいるので寺院をキリスト女性の女性愛であるキリスト寺院にするべきである。戦後日本国家では仏教修行をする事が嫌な仏教を信じない日本人が多い。自分の研究では仏教を信じないので聖書実験国家になる日本である。仏教悪魔の煩悩がある戦後日本人の思想が四日市公害論争となった。戦後日本人は全員キリスト教徒になる自分は予言する。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。自分のキリスト教思想は平成イタリア社会のキリスト女性の女性愛である。伊勢神宮男系天皇思想の大日本帝国神社天皇制国家は平成イタリア社会に崩壊した。長崎キリスト天皇制を支持する平成イタリア社会の思想である。平成イタリア社会の男女平等キリスト教思想のキリスト教天皇制である。産婦人科ナポレオン不倫の男性医師に女性器を見せた罪悪感から女性がキリスト教徒の女性になる。平成イタリア社会の自由女性思想である。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。産婦人科ナポレオン不倫の男性医師思考から平成キリスト女性になる罪悪感である。産婦人科ナポレオン不倫の男性医師の罪悪感である。野原みさえの熊本ララバイキリスト女性の女性愛であるキリスト教愛がある。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。平成イタリア社会のクレヨンしんちゃんのアニメ思想がある。日本人全員がキリスト教徒になるキリスト女性の女性愛である。戦後日本建国の父は日本社会党片山哲キリスト総理大臣である。自民党自由党吉田茂国葬で戦後日本建国の父とした。仏教修行をする事が必要な少子高齢化社会の令和奈良仏教時代である。平成イタリア社会の日本人はキリスト裸婦像イブ呪いの自由女性愛の思想である。日本人全員がキリスト教徒になる産婦人科ナポレオン不倫思想のキリスト女性の女性愛である。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。犯罪者の男性が仏教を信じたらキリスト教徒になる。1999年恐怖の仏教悪魔や犯罪者を見た仏教徒キリスト教徒になる。キリスト教を日本国家の宗教として法制化するべきである。伊勢神宮は伊勢神仏のキリスト女性器思想の神社である。仏教の真言宗寺院をキリスト女性の女性愛であるキリスト寺院にするべきである。キリスト仏教実験国家としてキリスト真言宗寺院にするべきである。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。キリスト教は60歳以上は6割くらいが女性で若い世代は7割が若い女性である。女性は一度の夫以外の男性に女性器を見せる行為の罪悪感から平成イタリア裸婦像イブ呪いのキリスト教徒が多いからである。産婦人科男性医師不倫キリスト思想で罪悪キリスト教信仰で熱心なキリスト教徒になる。女性の方が柔軟にキリスト教罪悪感がある。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。対して男性はヒトラー思想の犯罪者の罪悪思考で仏教を信じる罪悪キリスト教が多いからである。聖書の西暦暗号研究では平成キリスト女性は平成元年生まれと1991年生まれ1998年生まれがキリスト教徒のイタリア裸婦像イブの呪いの聖書女性が多いキリスト教女性思想である。平成キリスト女性は1991年生まれと1998年生まれと2002年生まれはキリスト教徒のイタリア裸婦像イブの呪い女性が多いからである。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。男性はイエスヒトラーの犯罪者認識の経験者の罪悪キリスト教の持ち主がいる。犯罪者キリスト罪悪感の思想の男性以外は仏教徒が多い。男性は戦争暴力好きの男性器アダム思考が働き平成キリスト女性のようなキリスト教徒にならない。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。家制度の男子優先の男性器思想で男性はキリスト教徒にならない。
⇒経済成長力第1位は東京オリンピック首都圏地域である。東京オリンピック首都圏は鉄道交通社会である。東京地検特捜部左翼理論の東京文部科学省の高学歴者地域である。経済成長力第2位は名古屋徳川宗春理論の名古屋商業化社会である。愛知県豊田市はドイツ式工業国家の自動車工業地域である。愛知県豊田市はドイツ式工業国家の自動車工業地域のトヨタ自動車交通社会である。経済成長力第3位は四日市鈴鹿地域である。ドイツ式戦後日本工業国家の四日市公害地域である。四日市市の都市問題についてですが2000年代には三重県中華人民共和国型の経済政策が実施された。具体的に製造業の育成による工業化と道路網の東海環状自動車道伊勢湾岸自動車道などの交通インフラを整備する公共事業の推進で工業及び交通インフラ部門を中心に経済成長した。2000年(平成12年)から2009年(平成21年)の期間内で全国の都道府県の中で第1位となる10年間で平均7%近くの経済成長率を続けている<ref group="注釈">2000年代の日本の都道府県で1人当たりの県民経済計算の所得がプラスとなったのは三重県・愛知県・静岡県・神奈川県・東京都・鹿児島県の6都県のみ。東洋紡績四日市工場・三重工場・東洋紡績富田工場・東洋紡績楠工場・塩浜工場)、東亜紡織(泊工場・東亜紡織楠工場)、平田紡績(四日市紡績工場・富洲原漁網工場)、三幸毛糸紡績(富田工場)、網勘製網(富田工場)などが立地していた四日市市は「紡績の町四日市」と呼ばれていた、繊維産業の町であった。繊維産業を中心とする軽工業の都市の四日市市から、新たに石油産業と化学産業を育成するために四日市コンビナートが誘致されて、四日市市が重工業化された。四日市市の産業構造が軽工業中心の繊維の町から重工業中心の石油化学の町に転換した事を意味する経済問題である。
 
 
四日市市南部・中部の伊勢湾沿いの臨海地域は、公害被害や漁業被害・再開発の遅れにより衰退を余儀無くされた。同じく伊勢湾沿いの臨海部である四日市市北部の富田地区・富洲原地区も伊勢湾台風東海豪雨などの水害や漁業被害や再開発の遅れで衰退を余儀なくされた。
 
 
 
都道府県別経済的豊かさの統計で1位は三重県四日市鈴鹿地域である。四日市公害仏教徒の公害物理学地域である。四日市公害仏教を信じる1999年恐怖の危機管理環境理論の公害物理学である。三重県の1人当たりのGDPに当たる県民経済計算があるが、東京都及び愛知県に次ぐ第3位の好景気状態から製造業不振の時期は第15位の間で推移している。2008年時点の総務省が実施した2007年度の統計では、各都道府県別の順位は以下のようになっている。
1位 東京都(首都圏で大企業が多数立地)
2位 愛知県(自動車産業などが盛んな工業地域)
3位 静岡県自動車産業などが盛んな工業地域)
4位 神奈川県(首都圏で大企業が多数立地)
5位 三重県四日市コンビナートやシャープ亀山工場が立地して自動車産業が盛んな工業地域)となっている[21]。
三重県は田中覚が知事だった高度経済成長期には、四日市市四日市コンビナートが誘致されて、驚異の経済成長をした。四日市石油化学産業が発展した事で生産所得は倍増したが四日市市民の所得は全国平均以下の工場労働者の町となった。田中覚知事によってホンダ(本田技研工業)が誘致されて鈴鹿市自動車産業が発展した事で、高度経済成長期の1960年代の経済成長率が平均13%を続ける事となった[22]。
四日市公害病事件が三重県の経済に及ぼした影響
昭和戦後期に津港や松阪港付近も工業開発が予定されていたが、工業開発が中止になった理由が四日市ぜんそくの発生だった。三重県三重県北部の四日市市周辺地域)は、平成期にも急激な経済成長をしている。北川正恭知事が推進した三重クリスタルバレー構想や三重シリコンバレー構想で製造業を成長させる経済政策が実施された。2000年代に三重県はシャープ亀山工場の誘致が行われた事と、インフラ整備として三重県滋賀県を結ぶ道路網と交通網の新名神高速道路が開通した事で経済成長率が向上した。2000年代には三重県中華人民共和国型の経済政策が実施された。具体的に製造業の育成による工業化と道路網の東海環状自動車道伊勢湾岸自動車道などの交通インフラを整備する公共事業の推進で工業及び交通インフラ部門を中心に経済成長した。2000年(平成12年)から2009年(平成21年)の期間内で全国の都道府県の中で第1位となる10年間で平均7%近くの経済成長率を続けている[注釈 7]。リーマンショック後の2009年には、製造業の不振で各都道府県別の統計で、1人当たりのGDPである県民経済計算の順位が15位まで後退したが、2010年代には三重県の製造業が経済回復の傾向であり、三重県は急成長と下降をするジェットコースター経済である。特に四日市市周辺の北勢地域のみではGDPを東京都と愛知県に次ぐまでの経済発展をさせた功績がある[23]。経済成長力第4位は安土天下キリスト思想の滋賀県である。県民貯蓄預金資産が多い地域であり、大阪府及び京都市付近の住民が移住する人口急増の好条件地域が武村正義さきがけ思想の滋賀県である。安土キリスト文化が安土時代首都圏の滋賀県であり、西武資本や近江商人が整備した近江鉄道の交通網がある。安土キリスト文化と近江商人滋賀県が経済成長力第4位である。経済成長力第5位は富山県であり、都道府県別経済的豊かさの統計で2位である。理由は可処分所得が1位であるからである。ドラえもん思想の地域である。富山県は薬品産業の盛んな地域で県民貯蓄預金資産が多い地域である。高級スイス地域で県民貯蓄預金資産が多い地域が富山県である。富山県は公共交通機関水力発電所が整備された北陸スイス地域社会である。高級チーズ薬品思想の経済力が富山県北陸スイス地域である。経済成長力第6位は徳川家康遺産の地域の静岡県である。東海道新幹線を利用する新幹線交通社会の静岡県である。東海道新幹線の交通インフラが好条件である。自動車産業が盛んな工業地域で太平洋地域の交通インフラなど好条件である。東海道交通産業地域の静岡県である。静岡県ちびまる子ちゃん仏教徒の同級生女子文化である。ドイツ哲学国家のドイツ及び北欧レベルの高度先進国地域の都道府県は首都圏東京がある。ドイツ及び北欧レベルの高度先進国地域の都道府県は2位の名古屋商業豊田工業の愛知県と3位の四日市鈴鹿工業地域と4位の安土天下キリスト教思想の滋賀県と5位の北陸スイス富山県と6位の静岡県自動車工業地域のみである。首都圏東京がニューヨークレベルである。名古屋四日市鈴鹿工業地域と安土天下キリスト教思想の滋賀県富山県静岡県がドイツ哲学国家やフランス消費税国家レベルの高度先進国地域である。大阪府や福岡県地域は韓国レベルの中度レベルの先進国地域である。経済成長力第7位は大阪府であり、韓国レベルの中度レベルの先進国地域である。公明さきがけ思想の大阪商人の町である。大阪府近鉄南海と阪神阪急京阪の私鉄交通経済社会である。大阪府豊臣秀吉トーア紡績思想の地域である。大阪府は公明さきがけ思想の地域である。大阪府大坂商人のたこ焼き文化の豊臣秀吉経済力の地域である。経済成長力第8位は福岡県であり、平成キリスト女性の若い女性人口が多い地域である。経済成長力第9位と第10位は福井県茨城県水戸地域であり、福井県は中小企業経営者が多い中小企業経済地域で茨城県水戸黄門地域は野菜農業生産と工業生産が高い地域である。
⇒室町鉄砲堺商人時代と江戸町人時代と桃山大坂商人時代の日本史の三大商人時代がある。経済犯罪や男女犯罪は名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化である。不倫する行為に対する民事訴訟法の思想が仏教解決方法になる。戦国キリストの鉄砲主流の時代は織田信長の安土天下キリスト教思想である。織田信長の安土天下キリスト教思想で誕生した軍事兵器の戦国文化である。室町仏教は本願寺一揆の思想である。仏教建立研究者の武士が支配する京都金閣寺及び銀閣寺思想である。長島一揆本願寺仏教国家の滅亡時代である。平成時代は東京イタリア化の東京イタリア時代である。令和時代は名古屋商業化社会の名古屋イタリア女性の時代である。平成イタリア時代と令和少子化時代はイタリア化時代である。明治大正昭和の近代工業国家の時代は四日市式工業国家である。四日市式工業国家のドイツ哲学思想のドイツ語重視の時代である。令和時代は名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化の時代である。イオン岡田理論の名古屋商業化社会である。安土キリスト文化の日本人はキリスト教思想の時代である。安土キリスト文化と明治近代化の西洋時代はの日本人はキリスト教思想の時代である。平成イタリア文化の平成キリスト女性時代の日本人はキリスト教思想の時代である。明治西洋文明開化は日本近代のキリスト教化である。平成イタリア文化の平成キリスト女性時代になった。平成イタリア社会の日本人はキリスト教聖書の女性思想の平成時代である。聖書実験国家の安土キリスト文化のキリスト教会思想を広めた織田信長がいる。長崎オランダ貿易及び長崎ポルトガル貿易の安土天下キリスト教時代である。長崎キリスト時代の安土天下キリスト教思想の日本がある。明治西洋文明の世界植民地支配の時代と平成イタリア時代のキリスト教会の聖書実験国家の日本である。聖書実験国家の安土キリスト文化と明治西洋文明開化時代と平成イタリア時代の日本がある。古墳時代平安時代・鎌倉南北朝時代は日本化の時代である。和の心の同じ日本人社会の古代中世の日本化の時代である。江戸時代と令和時代は和の心の同じ日本人社会の郷土史国家の日本化の時代である。飛鳥奈良時代室町時代は朝鮮中国思想の時代である。飛鳥奈良時代室町時代はアジア文明化時代である。大正時代と昭和時代はドイツ式工業国家の時代である。
第2論文⇒➄産婦人科キリスト女性の研究論
⇒女性の男性器交尾屈服権利はナチスドイツヒトラー思考の男性器夫のみである。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。女性は1人の男性の所有物になりたくない心がある。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。ナチスドイツヒトラー思考の規律正しく生きる夫の男性器支配から解放されるため産婦人科男性医師とナポレオン不倫する。産婦人科秘密日記男性医師のナポレオン不倫の男性医師力で女性がいつでもどこでも合法的にナポレオン不倫できる。産婦人科秘密日記の男性医師はナポレオン不倫の真実を述べている。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。産婦人科ナポレオン不倫の男性医師はキリスト女性になるための女性愛のキリスト教の風俗である。産婦人科男性医師だと女性が男性と喧嘩しない心になる産婦人科キリスト女性愛である。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。産婦人科男性医師で女性が男性と喧嘩しない心になる男女の哲学思想愛である。産婦人科女性医師だとドイツ系真面目女ヒトラーである。アガペーは、キリスト教における神学概念で、神の人間に対する「愛」を表す。神は無限の愛(アガペー)において人間を愛しているのであり、神が人間を愛することで、神は何かの利益を得る訳ではないので、「無償の愛」として男女のキリスト仏教愛の不変の愛なのである。新約聖書では、キリストの十字架上での死の1999年恐怖のキリスト死刑行為が愛として知られている。
 
またキリスト教は相互愛情で神が人間をアガペーの愛において愛するように、人間同士は、互いに愛し合うことが望ましいとされており、キリスト教徒の相互愛情がアガペーの愛である。
 
 
エロース⇒古代ギリシアにおける神聖な神であり「性愛」や「肉体の愛」の意味がある。エロースは文化人類学的に女性器神秘であり驚異であり、神聖なものキリスト女性器である。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。産婦人科男性医師だと平成イタリア社会のキリスト女性の女性愛である。産婦人科男性医師で夫以外の男性に女性器見せた罪悪感が男女平等思考のキリスト女性になる。産婦人科ナポレオン不倫の女性愛である。産婦人科キリスト研究でナポレオン不倫で夫以外の男性に女性器見せて性別確認していた方が男女平等キリスト効果の女性になる。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。ナチスドイツヒトラー思考で産婦人科医師を全員女性の公約で女性支持者獲得でナチスドイツヒトラーが仏教独裁者になる。女性は男性器屈服権利と女性との交尾権利があるナチスドイツヒトラー思考の1人の男性の所有物ではない。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。ナチスドイツヒトラー思考の規律正しく生きる夫の男性器支配から解放されるため産婦人科男性医師とナポレオン不倫する平成イタリア社会のキリスト女性の女性愛である。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。女性は1人の男性の所有物になりたくない心がある。
ケネディキリスト女性の夫が2人以上の心がある聖書の呪いがある。キリスト教は男女の天才物理学である。キリスト教は男女の哲学思想である。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。ナチスドイツヒトラー思考の男性器夫と産婦人科キリストナポレオン不倫夫が必要である。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。ナチスドイツヒトラー思考の産婦人科全員女性医師の仏教正義論である。昭和戦後期のヒトラー中絶手術の産婦人科思考からナポレオン不倫思考の産婦人科になる。平成キリスト女性のナポレオン不倫思考の産婦人科になる。女性は1人の男性の所有物になりたくない心がある。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。ナチスドイツヒトラー思考の規律正しく生きる夫の男性器支配から解放されるため産婦人科男性医師とナポレオン不倫する。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。産婦人科男性医師の方がイタリア聖書思考の裸婦像イブ呪いのキリスト女性になる。産婦人科男性医師の方が辻元清美上野千鶴子のようなドイツ系真面目女の仏教悪魔女のヒトラー思考の女性にならない。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。女性は1人の男性の所有物になりたくない心がある。産婦人科男性医師の方がイタリアキリスト女性の女性愛になる。産婦人科男性医師論者のナポレオン思考は夫以外の男性に妻が女性器を見せた罪悪感で男女平等主義と社会の幸福の平成イタリア社会の平成キリスト女性になる。ナポレオン不倫産婦人科理論研究でナチスドイツヒトラー男性器夫がいる問題あり。女性は1人の男性の所有物になりたくない心がある。キリスト教のナポレオン不倫産婦人科理論研究では奥さん及び女性にヒトラー思考の結婚相手のナチスドイツヒトラー関係の男性器夫がいる問題あり。
産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。産婦人科男性医師のナポレオンキリスト教徒の女性では夫である男性のヒトラー思考の男性器屈服権利があるナチスドイツヒトラー思考の夫よりナポレオン不倫が好きな女性がいる。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。女性は1人の男性の所有物になりたくない心がある。産婦人科男性医師は夫以外の男性に女性器見せた罪悪感からキリスト女性になり男女平等キリスト効果もある。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。凶悪犯罪者が少ない謎は1981年度生まれの日本人男性はキリスト教徒が多いからである。女性は1人の男性の所有物になりたくない心がある。産婦人科医師は男性医師でなければナチスドイツヒトラー思考の男性の奥さんかイスラム教徒の女性奥さんになる。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。イスラム教徒やナチスドイツヒトラー思考の仏教悪魔がいる。女性差別者のイスラム教及びナチスドイツヒトラー思考の男性から女性を解放するキリスト女性の女性愛である。キリスト女性の女性愛である。女性は1人の男性の所有物になりたくない心がある。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。産婦人科は女性医師の方がナチスドイツヒトラー思考の女性かイスラム教徒の女性奥さんになる。産婦人科男性医師の方が男女平等キリスト効果の女性になる。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。1981年度生まれの日本人男性は凶悪犯罪者が多い世代なのに凶悪犯罪者が少ない理由はキリスト教徒が多いからである。昭和56年度生まれの日本人男子にキリスト教徒が多いからである。昭和56年度生まれ女子は昭和戦後仏教徒として保守化している。

⇒名古屋徳川宗春理論の産業育成国家について述べる。
⇒形式よりも中身を大切にした(例:仁・「まこと」を重視する 温知政要・條々二十一箇条 等)

⇒意味のある祭りを盛んにし、奨励した(例:東照宮祭・名古屋祇園祭(天王)・盆踊り 等)
⇒人道に反する祭りは禁止した(例:梁川の正月の水掛け、国府宮の裸祭厄男 等)
⇒奪い合うことや義に合わぬことを禁止した(例:條々二十一箇条 等)
⇒自分の身にあった遊びは大切であるとした(例:遊廓・芝居・見世物 等)
⇒法律や規制は少ないほうが良いとした(例:規制緩和 温知政要・條々二十一箇条 等)
⇒簡単なミスの訴状等の書類を差し戻さず受け入れるように指示した(例:條々二十一箇条 等)
⇒衣服・家・持ち物等は禁制のある物以外は自由にした(例:條々二十一箇条 等)
⇒ファッションリーダーを自ら担った(例:申楽(能・狂言)・歌舞伎・朝鮮通信使等の衣装 等)
⇒心を込めた贈答・饗応を大切にした(例:條々二十一箇条 等)
⇒庶民と上級藩士が出会う場を提供した(例:御下屋敷や市谷邸のお披露目 等)
⇒商人との対話を積極的にした(例:岐阜巡行・乾御殿や御下屋敷滞在時)
⇒六斎市の奨励(歴代藩主の中で、許可した例が突出して多い)
⇒庶民が喜ぶことをした(例:奴振り・白牛・漆黒の馬と衣装・派手な衣装)
⇒社会的な弱者を大切にした(例:女性・子ども・身分の低い者の保護)
⇒死刑をしなかった仏教愛の思想者である。マニフェストであり家訓でもある『温知政要』を執筆し、上級家臣に配布した名古屋徳川宗春理論は慈愛の心の親が子を思う仏教愛の思想である。名古屋徳川宗春理論は喫煙者や不良男性を否定しない仏教愛の思想である。名古屋徳川宗春理論は贈与税非課税で贈与自由化及びわいろ合法化の産業育成国家と性犯罪予防犯罪防止国家の仏教愛の思想である。名古屋徳川宗春理論は不良タバコ人間の人生を派手に楽しむ快楽思想と不良タバコ人間の娯楽文化思想である。性犯罪から女性を守る名古屋徳川宗春警察理論の女性への仏教愛の思想である。
⇒名古屋徳川宗春理論の不良タバコ人間の娯楽文化のアベノミクス思考は産業育成政策であり名古屋徳川宗春理論の安倍晋三内閣時代である。名古屋徳川宗春理論の祭事仏教愛の仏教愛思想として多度神社の上げ馬神事祭りの動物虐待非難大問題化と祭事死亡事故問題がある。戦国時代的な徳川家康ナチスドイツヒトラーの死刑殺害思考を否定する名古屋徳川宗春理論の仏教愛の思想である。名古屋徳川宗春理論は仏教愛思想と仏教保護者の心で仏教愛で見守る思想である。
⇒名古屋徳川宗春理論は死刑廃止市民社会を作り殺人犯罪者を罪悪キリスト思考の反省人生の仏教徒にするナチスドイツヒトラー死刑警察暴力否定の仏教愛思想である。死刑廃止やわいろ合法化で国家権力や警察権力の暴力を否定する仏教愛の思想である。死刑も殺害もしない殺害否定の名古屋徳川宗春理論の殺害しない仏教愛の思想である。名古屋徳川宗春理論は地場産業を保護して販売先を増加させる商業を活性化させる産業育成国家の元気産業思想と仏教愛の思想である。小泉竹中構造改革杉村太蔵非正規労働者派遣労働時代はホリエモン堀江貴文六本木ヒルズ族時代である。平成20年代秋葉原時代は名古屋徳川宗春理論で秋葉原オタクアイドル文化や漫画喫茶娯楽文化が栄えた。
⇒名古屋徳川宗春理論のアベノミクス経済政策や安倍晋三暗殺仏教徒時代の平成イタリア人口理論の日本国家は外国人観光客が留学生受け入れ拡大国家となり観光旅行産業が育成させた。名古屋徳川宗春理論は東照宮徳川家康神社祭りなど祭りを盛大に実施する町人が可能な事は全部許すなど豪華派手思考であった。堀江貴文ホリエモン嫌い東京地検特捜部が逮捕する。日本共産党左翼思想で堀江貴文嫌いで逮捕で竹中平蔵を逮捕しない経済的不平等思考の逮捕者差別の共産党左翼警察である。経済自由を奪う東京地検特捜部の日本共産党左翼仏教徒である。男性器女性器関係の不倫やセクハラやわいろを殺人のような犯罪行為になるのか疑問である。市役所公務員タバコを吸う男性の東京地検特捜部の日本共産党左翼仏教徒の仏教正義論である。町人の心と明るい心を重視する仏教愛の思想で町人の山車及びからくり人形を新調を推進するなど元気産業国家の町人への豪華経済政策であった。みんなが驚く豪華で派手な歌舞伎小屋を作るなど派手好きな尾張藩主の名古屋徳川宗春理論は豪華文化国家の経済思想である。
⇒名古屋徳川宗春理論は簡単に死刑にしない仏教愛で優しくあたたかく見守る忍の心である。名古屋徳川宗春理論は地場産業保護の産業育成政策で販売先や輸出を増加させる元気産業国家である。名古屋徳川宗春理論は派手な行列で節約否定の派手経済国家の産業育成政策である。名古屋徳川宗春理論は法律が多すぎると人間の心を不幸にする法律削除の仏教愛の思想である。名古屋徳川宗春理論で仏教愛の冷静判断では司法権力の東京地検特捜部日本共産党左翼仏教徒自民党の大臣や田中角栄総理大臣を逮捕するのは三権分立違反で司法の権力乱用である。名古屋徳川宗春理論の仏教愛の思想は心の色が娯楽文化を楽しむ仏教愛色の産業育成国家である。

⇒名古屋徳川宗春理論は娯楽文化重視で楽しい事が沢山で人の心やバブル経済文化の明るさがある仏教愛の思想である。名古屋徳川宗春理論の仏教確認思想と社会調査活動の仏教愛の経済思想である。名古屋徳川宗春理論では日本共産党左翼仏教徒東京地検特捜部が経営者や大富豪を逮捕すると怖くて委縮して経済活動が自由にできない経済活動阻害の問題がある。イオン岡田大規模店舗スーパーの名古屋商業化社会は名古屋徳川宗春理論の仏教愛思考の経済仏教愛思想である。農業や紡績毛糸産業は国家の基本産業である。紀伊藩の林業やミカン栽培農家の和歌山県は農業の基本産業地域である。国家の基本産業衰退が少子化の要因である。
⇒名古屋徳川宗春理論の適材適所の活用社会の仏教思想である。名古屋徳川宗春理論は不倫やわいろ合法化のタバコ合法化の寛容仏教愛である。名古屋徳川宗春理論は適材適所の活用社会にする元気産業国家日本にする思想である。元気産業で適材適所の活用社会の名古屋徳川宗春理論者である。名古屋徳川宗春理論の寛容社会で元気産業国家にする思想である。名古屋徳川宗春理論の仏教愛の思想である。
⇒キリスト女性の社会幸福思想である。女愛キリストと仏教愛になるキリスト平等主義の孫文思想である。仏教福祉思想はキリスト平等福祉が必要である平等福祉愛が社会の幸福思想である。
⇒経済論文
「失われた30年」の主な日本のデータをまとめる。

経済について述べる。
⇒実質経済成長率が長期にわたり低迷している[21]。名目国内総生産GDP)は1990-2020年の間で日本1.5倍増に対し米国3.5倍増、中国37倍増、ドイツ2.3倍増[22]。
一人あたりGDPは1995年には3位だったが、2010年代後半にはOECD平均~以下程度まで落ちた[23]。また2023年には名目国内総生産GDP)についてもドイツに次ぐ4位に転落した。
金利が低迷した。
企業について述べる。
⇒日本企業が世界時価総額ランキング上位に入らなくなった[24]。その代わり2020年代には、アメリカや中国や台湾のIT企業が上位に入るようになった(en:list of public corporations by market capitalizationを参照)。
ハイテク産業
世界半導体市場で、日本メーカーが占める比率は平成元年に5割超だったが、これが令和元年の時点では6%まで落ちた[25](日米半導体協定を参照)。
1980年代に3~4割だったテレビ受像機の世界シェアが、2005年には14%となった[26]。
ソーラーパネルの先駆者だった日本メーカーが、2015年にはトップ10から消えた[27]。
携帯電話・スマートフォンは、2010年代に大半のメーカーが撤退した[28][29]。
社会
人口ボーナス期が終了して、人口オーナス期が始まった。
少子高齢化が進行し、人口減少社会が始まった。
遅くとも2015年までに高速道路網がほぼ完成する予定であったが、公共事業の削減により実現せず[30]。
一貫して低下していたエンゲル係数が2005(平成17)年から上昇に転じた。
政治
消費税率が引き上げられた。
租税・社会保障負担率が上昇し、平成の30年間に20.6%から25.7%に上昇した[31]。

⇒富田六郷記述の参考文献について

 増補富田をさぐる(中日新聞生川新聞店発行)11頁
^ a b c d 町村分合取調書
^ 水産事項特別調査
^ a b c d 元禄郷帳・天保郷帳
^ a b c d e 慶安元年郷帳・元禄郷帳
^ a b c d e 天保郷帳・旧高旧領
^ a b c d e f 桑名御領分郷村案内帳
^ 三重県行政文書
^ 勢陽五鈴遺響
^ 富田をさぐる
^ 微発物件一覧表
^ 天保枝郷・旧高旧領
^ 今堀日吉神社文書
^ 慶安元年郷帳・元禄郷帳・天保郷帳・旧高旧帳
^ 慶安元年郷帳・元禄郷帳・天保郷帳・旧高旧領
^ 三重県神社誌384頁~385頁
⇒富田六郷関係の参考文献
三重県神社誌』
『地方発達史とこの人物三重県
四日市市史』(第18巻・通史編・近代)
『ふるさと富田』(四日市市富田地区の文化財保存会が執筆した郷土史の本)
四日市市富洲原小学校創立100周年記念誌』1976年(昭和51年)出版
『増補富田をさぐる』(中日新聞生川新聞店発行)

Ⅰ田村寺は、三重県四日市市西富田靖国思想の世界観では大日本帝国死者の軍国寺院である。
四日市市大矢知地区富洲原地域にある昭和思想の令和軍国死者寺院である。大日本帝国靖国寺院思想の南無宝地蔵菩薩を信仰する寺院である。僧侶の田村家が管理する真言宗の寺院である。
大日本帝国先祖思想の真言宗醍醐派の仏教寺院。山号弘法山(こうぼうさん)。本尊は弘法大師富田六郷は桑名藩領の江戸時代に朝明郡の漁村地域の共同体である。
①仏教愛の思想について述べる。
室町幕府が鎌倉仏教思想の全国の禅宗を組織した。室町幕府京都五山鎌倉五山の仏教寺院制度を創設した。北山文化禅宗は心を止める修行である。室町時代禅宗仏教は精神集中と心の停止思考である。仏教は心の停止思考である。
禅宗は精神集中と問答の繰り返しの思考訓練で釈迦になる精神訓練の仏教思考である。精神集中で悟る仏教である。禅宗は心を静めて心を無にする修行をする。足利義満金閣寺仏教思想は禅宗である。禅宗は呼吸方法で心を止める修行である。強い責任感を持つ禅宗修行をする。責任感ある呼吸方法で上を向いて息呼吸をする禅宗修行方法である。心を安定させて精神集中するのが禅宗の修行方法である。心の怒りや煩悩がある迷いの心を浄化して自分と向き合う精神安定訓練の仏教修行方法である。自我の心を形成する精神集中訓練の仏教修行方法となっている。
⇒座禅は歩きながらや寝ながらできるが座る座禅が主流である。呼吸は丹田を意識した腹式呼吸をする。禅定で心の乱れ精神不安状態から精神安定状態となり開放された心になり妄想が無い人間本来の心になる禅宗の修行方法である。主な修行形態として坐禅を採用するのは、達磨大師坐禅の法を伝えたとする以外にも、古来より多くの諸仏が坐禅によって悟りを開いてきたからであるとされる。
⇒最近は、坐禅によってセロトニン神経が活性化され鍛えられることや、通常とは異なる独特なアルファ波が発生することが、精神的安定や心身の健康の一因であるという生理学教授[注釈 13]もいる。 室町時代禅宗仏教は精神集中と心の停止思考である。日常の生活や仏教態度が禅宗の禅修行とされている。書院建築物の金閣寺及び銀閣寺の禅文化や造園及び水墨画茶の湯や能など室町ルネサンス仏教となった。
⇒禅修行で心を止めて心を無にする修行の室町ルネサンス文化は禅宗の文化思想である。仏教は心の停止思考である。禅宗は心の停止思考である。東山禅宗思想の足利義政による禅宗文化は室町時代ルネサンス社会の仏教愛思想である。令和室町時代の令和5年の室町文化禅宗の心を止める修行の精神安定仏教思想の時代である。禅宗の精神安定仏教思想の令和の室町仏教思想である。令和の室町ルネサンス文化の令和5年の令和室町時代である。感情論怒りの煩悩より真実を悟る仏教徒である。
⇒仏教の禅宗は心を停止する心の修行である。
⇒①仏教愛の思想と令和時代史について述べる。
⇒感情論の怒りの心は煩悩である。感情論の怒りの心は動物思考である。怒りの心の煩悩は動物思考である。感情論は動物思考である。仏教愛の思想は精神仏教の苦しみと世界観である。仏教愛は認識思考世界観の愛情である。仏教思想は世界観の違いと個人の立場の世界観の思想である。
⇒人間関係と運勢の占星術の物理運動である。この世は占星術の物理運動である。運勢は占星術の物理運動である。
②仏教五蘊の構造について述べる。
⇒色世界の現実世界がある。色男女の現実世界がある⇒現実世界の動物思考を受信して怒りの心になる。怒りの心の動物思考になる。色男女を女性器として見るが怒り煩悩の心になる。怒りの心の動物思考になる。動物思考の力で思い裸婦像イブの心を想像する。イメージ裸婦像イブの心になる⇒思考行為になり認識する心になる。仏教は個人の心の苦しみを解決する心の科学である。心が原因とする仏教愛の思想は人生の苦しみ研究の宗教である。女性快楽の男性医師的な世界観がキリスト女性の女性愛である。
③田村寺院の南無宝地蔵菩薩を信仰する寺院について述べる。
⇒僧侶田村家の寺院であり、西富田地区及び松原村に残る聖武天皇社の伝承の一つとして、聖武天皇が朝明行宮を営まれたおり、村長(むらおさ)の手厚いもてなしを喜ばれ、長の由緒ある「田村」姓を賜ったといわれ、この地区に多い「田村」姓の起こりといわれている。
⇒田村寺の寺院は成人病治療の病気信仰がある寺院の世界観がある。中風治療の無病息災の信仰者がいて、交通安全及び復縁祈祷や先祖供養の仏教行事を実施している。仏教は心の科学である。人生の苦しみは自分の世界観と自分の心が原因である。
徳川宗春の名言は「慈悲慈愛の心を養うことこそ、第一の学問である」の仏教愛である。
④戦後体制について述べる。

⇒戦後日本は国際的には終始アメリカを筆頭とする西側諸国(自由主義陣営)に属し、日米安全保障条約に基づく同盟国としてソ連を筆頭とする東側諸国(社会主義陣営)に対抗して、冷戦期を乗り切ることができた。政治体制・外交関係・経済構造・家族制度が太平洋戦争が終結を境に大きく変化してドイツ式工業国家や公害物理学思考の日本人となった。歴史学的には戦前は近代に、戦後は現代に属するとされる。ナチスドイツヒトラー思考の仏教障害者中絶差別国家から産婦人科ナポレオン不倫のキリスト女性の女性愛思想の平成ナポレオン消費税国家となった。戦前の国家体制は大日本帝国憲法下であり天皇主権体制の時代だった。[2]。昭和初期に天皇を釈迦の上の位置仏教の宗教機関とする皇道仏教を信じていた大日本帝国軍人の信仰心があった寺院。南無宝地蔵菩薩を信仰する富洲原地域の護国寺院である。昭和20年の大日本帝国軍人の高野山海軍航空隊の戦勝祈願品が保存されている
 第2論文⇒平成イタリア人口理論と産婦人科キリスト不倫思想から学ぶ仏教理論について
⇒赤堀氏の参考文献について述べる。
四日市市史の第18巻の通史編古代中世
四日市もっと知りたい検定
海蔵小誌
脚注
[脚注の使い方]
^ 『四日市市史・第16巻・通史編・古代~中世』490頁
^ 『四日市もっと知りたい検定』149頁
^ 『四日市市史・第16巻・通史編・古代~中世』491頁
^ 『四日市市史・第16巻・通史編・古代~中世』495頁
^ 『四日市市史・第16巻・通史編・古代~中世』494頁
^ 『四日市市史・第16巻・通史編・古代~中世』496頁
^ 『四日市市史・第16巻・通史編・古代~中世』500頁
^ 『四日市市史・第16巻・通史編・古代~中世』501頁
^ 『四日市市立浜田小学校百年記念誌』3頁
^ 『四日市市史・第16巻・通史編・古代~中世』502頁
^ 『四日市市史・第16巻・通史編・古代~中世』503頁
^ 『赤堀城跡』1頁~2頁。発行は四日市市教育委員会埋蔵文化財調査報告16
^ 「三重郡赤堀村の字城西城東新三郎縄」の地籍図
^ 四日市市常磐小学校100周年記念誌80頁
^ 四日市市常磐小学校100周年記念誌79頁

⇒北勢四十八家と赤堀部落民及び富田六郷思考とドイツ哲学思考の田村寺の寺院仏教思想の研究論文
⇒配給社会主義者日本共産党ソ連国鉄右派がいる。日本共産党ソ連国鉄右派とドイツ系左派の日本共産党左派がいる。ソ連国鉄右派とドイツ系左派思想の日本共産党左派がいる。
⇒ドイツ系左派の仏教福祉思想がある。
⇒ドイツ哲学思考の苦しみは男女の苦しみと時間の苦しみである。人類の苦しみである。精神仏教の苦しみとして不安の苦しみと存在の苦しみがある。お金の苦しみと暴力の苦しみの文明の苦しみがある。
⇒キリスト女性愛と民社友愛思想の社会党右派と民社党組織のキリスト教徒がいる。社会党右派組織のキリスト教思想とマルクス労働男性思考の社会党左派労組政党組織がある。
第2論文⇒平成イタリア人口理論と産婦人科キリスト不倫思想から学ぶ仏教理論について
①朝明地域とは?

⇒伊勢湾の富田浜の海水浴場の四日市港地域から朝日が明ける朝明の太陽地域がある。朝明郡の川越町の高松海岸から富田浜海水浴場までの朝日が昇る伊勢湾地域が朝明である。太陽の朝日が大量に浴びて朝日が広がる土地が朝明平野である。朝日が広がる土地⇒朝明地域である。富田六郷の朝明川の広がる地域が朝明地域で富田六郷のヤマトタケル日本武尊朝日軍神の男性力の武勇の白鳥の聖地である。

愛知県あま郡蟹江町の名字に蟹江氏があり鈴鹿地域の稲生城主、稲生家の末裔を名乗っている。

戦国時代の北勢地域の桑名江場に江場城があり、佐藤杢之助秀勝(さとうもくのすけひでかつ)が支配して城を守備して江場地域が統治下だった。  織田氏の伊勢北畠氏征伐の時に、佐藤杢之助秀勝は、信長に服属していたが結局桑名の江場地域から追放される。朝明地域の大日本帝国時代の郷土史を信仰する寺院が田村寺である。川越地内に鉄道が開通した時代の仏教正論研究から昭和軍国寺院の大日本帝国時代を述べる。それ以前は1894年(明治27年)に開通した関西鉄道(後の国鉄関西本線)の三重郡富田町の富田駅が最寄駅であった。川越村の中心地域から3km以上の距離があり、川越村民の利用は少なかった。四日市の地域区分の正確表現について述べる。四日市地域の地域区分について正確な地域区分の表記をする。四日市市南部地域及び中部地域は公害物理学の四日市港湾の港地区である。四日市市北部及び川越町と朝日町の三重郡地域は富田朝明地域である。四日市西部及び菰野町は三滝菰野地域である。日露戦争日中戦争、太平洋戦争などの対外戦争があった大日本帝国時代の兵士の出征には川越村民は富田駅まで歩いて行列を作った。大正時代の伊勢電気鉄道社長に川越村の豊田一色区出身の大塚寛太郎が就任した事も川越駅の建設を推進した要因である。
第2論文⇒平成イタリア人口理論と産婦人科キリスト不倫思想から学ぶ仏教理論について
 四日市市の男女比

明治時代から昭和戦後期の紡績工場で働く女工労働者の流入若い女性人口が多い繊維都市の四日市市から⇒石油化学工場がある四日市コンビナートがある工業都市となった。男性の独身の工場労働者の流入で2018年時点の平成末期の平成30年についに男性人口の方が女性総人口より多くなった。四日市消防思想の都市計画構想として四日市港湾地域担当の四日市港消防署を創設する。富田朝明地域担当の富田朝明消防署と西部都市団地担当の四日市三滝消防署の3区分の消防署体制とする。
②川越町について
⇒川越町の多い苗字の早川家+水越家+駒田家+山下家など血縁で住んでいる同じ苗字の一族が川越村の保守層である。先祖代々一族で川越地域に住む保守層の元農民の農家の子孫が同じ苗字の住民で閉鎖的村社会が川越町である⇒女性差別や身分差別の差別論として士農工商身分差別反対の人が学歴社会が正常で賛成である。女性差別反対の高学歴女性が低学歴肉体労働者の男性を差別する。自民党世襲議員のような現代戦後平成令和の家柄差別制度が存在する。浄土真宗門徒の菊池松岡家の松岡家は昭和20年代まで衆議院議員筆頭家系の松岡洋右及び松岡駒吉衆議院議長と平民筆頭家系であった。ソ連国鉄仏教の右派共産党思想の左翼仏教徒のキリスト女性愛のキリスト教徒の家系である。熊本県菊池村の菊池一族松岡家の浄土真宗門徒たちが戦国時代の混乱期から江戸時代に四日市に移住したとされる。江戸時代に浄蓮寺の菊池住職が田中一族及び3つの家系の一族の浄土真宗の信者と共に四日市周辺地域に移住したとされる。日永家系や竹成家系や桑名家系以外の浄土真宗の家系は熊本県菊池村の菊池住職由来の菊池松岡家とされる。[12]三重郡朝日町は大正時代電気思想の街であり、万古焼は女性器陶芸産業である。
伊勢電気鉄道は桑名駅(停車場)→益生駅(停車場)→町屋駅(停留場)→伊勢朝日駅(停留場)→川越駅(停留場)→富洲原駅(停車場)→西富田駅(停車場)→霞ヶ浦駅(臨時停留場)→羽津駅(停車場)→阿倉川駅(停車場)→川原町駅(停留場)→西町駅(停留場)→諏訪駅(停車場)→四日市駅(停車場)となっていた[1]。

 
 
第3論文⇒平成イタリア人口理論と産婦人科キリスト不倫思想から学ぶ仏教理論について述べる。赤堀部落民富田六郷思考とドイツ哲学思考の田村寺の寺院仏教思想の研究論文
⇒ドイツ哲学思考の仏教苦しみは男女の苦しみと時間の苦しみの人類の苦しみである。精神仏教の苦しみとして不安の苦しみと存在の苦しみの精神仏教の苦しみがある。お金の苦しみと暴力の苦しみの文明の苦しみがある。
⇒聖書は男女哲学思想である。中華孫文思想のキリスト教憲法は男女のキリスト仏教愛とキリスト平等主義と社会の幸福である。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。日本は聖書実験国家で朝鮮民族は仏教実験国家である。聖書の男女哲学思想は平成イタリア社会の平成キリスト女性のキリスト思考となった。男性工業社会の戦後日本はドイツ式工業国家が経済思想になっていた。女性商業社会で活躍する女性イタリア経済国家思想の平成フランス消費税国家となった。
日本共産党左翼仏教徒日本共産党ソ連国鉄右派と日本共産党のドイツ系左派思想の左翼がいる。キリスト女性思想の友愛キリスト社会党右派とマルクス思想労組組織の日本社会党左派がいる。
創価学会公明党新党さきがけ公明党環境政党四日市公害物理学国家の共産党右派である。創価学会公明党やさきがけ公明党環境政党日本共産党を除名された四日市公害系市民団体の右派である。第3論文⇒平成イタリア人口理論と産婦人科キリスト不倫思想から学ぶ仏教理論について述べる。
第4論文⇒四日市の地域区分について述べる。
四日市市は以下の3つの地域に区分される。
四日市市南部地域と四日市市北部地域と四日市市西部地域である。
四日市市南部は塩浜地区を中心とする南部地域(工業地域)と中部地区など四日市市街がある中部地域(商業地域)に地域区分される。
四日市市南部の塩浜地区は革新勢力である日本社会党が強くて、四日市北部(漁村)と四日市西部(農村)は保守勢力である自由民主党が強くて自由民主党と革新勢力との地域対立と政治思想対立があった。
四日市市は、四日市公害問題で四日市市南部(公害が発生した工業地帯)、四日市市北部(水害が発生した旧桑名藩領の漁村地域)、四日市市西部(旧三重郡の農村から宅地開発がされた地域)の地域対立があった。富田六郷は東富田村+西富田村の東西富田地域がある。東西富田村は南部氏に支配下である。東富田村は茂福朝倉氏地域と北村分村と北いかるか地域と富田町商業地区を構成している。富田一色村+天ヶ須賀村+松原村の富洲原地区と大矢知地区の蒔田村の6つの村の共同体である。
東富田村と西富田村で東西富田村を構成して、富田一色は東西富田村の分家支店である。
富田一色村と甚五兵衛新田の飛び地と天ヶ須賀村と住吉新田と田村家の松原村で富洲原地区を構成している。
⇒第4論文⇒四日市の地域区分について述べる。富田六郷の郷土史について述べる。
⇒富田は1966年(昭和41年)からの町名で戦国時代は南部氏の支配地域である。もとは大字東富田・大字茂福の富田地区と富洲原地区の大字松原・大字富田一色の一部。地名の由来は米が多く収穫されるうつくしい田んぼの美田の意味がある。日本武尊神話の鳥出神社の由緒から「とんだ」⇒「とみだ」に転訛したとされる。神社名の『鳥出』の名称の由来は日本武尊の三重の苦しみで死んで鳥になって飛来した伝説から。日本武尊は死後亀山市から熱田神宮に向かい鳥の姿で飛ぶ田の地名だった富田の土地に白鳥姿で飛来した言い伝えによる。[1] 中臣氏(藤原氏系統の子孫)の喜多嶋家が代々鳥出神社の神主を世襲していた。正応元年と安永9年の大火により、古文書を消失したため、当社の創祀の年代は詳らかでないが、延喜式神名帳に記されていることから、延喜5年頃にはすでに存在していたと思われる。延喜式内社で、朝明地方における中心の神社として崇敬を受けていた。
第4論文⇒四日市の地域区分について述べる。
⇒鳥出神社の日本武尊神仏について述べる。富洲原地域の武田信玄思考の郷土史思想について述べる。
⇒また、江戸時代には富田六郷の総氏神として信仰を集めていた。[2]富田六郷の6つの村の総氏神の解釈については諸説がある。古文書では富田六郷の総氏神が鳥出神社であり、東富田村・北島・西富田村・富田一色村・天ヶ須賀村・松原村の総氏神として信仰されていたの記述がある。東西の富田村の東富田北島捕鯨地区の祭事を行い、西富田松原村落の田村家由来の聖武天皇信仰地域の総氏神であった事は確認されている。東西富田村と富洲原地区の富田一色村・松原村・天ヶ須賀住吉信仰地区の富田六郷の総氏神が鳥出神社であった事は確定である。江戸時代の古文書の内容なので歴史学研究で意味不明な記述文がある。東富田村及び北島の氏神であるか、大矢知地区蒔田村の総氏神との複数の記述あり。北島の氏神であったの記述が茂福地域の南富田北村であったのか、それ以外に大矢知地区蒔田村であったのか富田六郷の正確な理解の学説には諸説がある。
 
明治39年、神饌幣帛料供進社に指定。明治40年及び明治41年には四日市市南富田町(北村自治会)の河川氾濫からの治水信仰の神仏の八幡神社など近郷の神社を合祀した。昭和17年に県社に列せられた。[3]
 
本社の造営に当たっては、天正13年以来伊勢神宮式年遷宮毎に古材を拝領して行われる古例があり、現在の本殿、拝門、瑞垣、鳥居、社務所などは、いずれも伊勢神宮の古材により営繕されている。[4]
 
富田の鯨船行事関係のお守りと絵馬が令和時代初期から鳥出神社の授与品になった。江戸期より漁網生産が行われていた[2]。橋本家と広瀬家と鈴木家と渡辺家と伊藤家と荒木家の苗字が多い。明治初期には漁業と魚の行商が盛んであったが、明治中期から水産加工業者が増加して、煮干、素乾いわしなどが生産された。1889年(明治22年)度の統計では人口4971人、田面積は188町余り、畑面積は12町余、宅地面積は20町余[3]。
⇒サツマイモ偉人の前田利右衛門について述べる。
⇒前田利右衛門は1683年(天和3年)~1707年(宝永4年)に生きた人物である。24歳で若くして逝去したともされる。江戸時代中期の琉球国のさつまいも農業は飢饉に強い食料対策の農作物である。(現在の沖縄県)からさつまいもを伝えた人物である。農業功労者であるが農業は稲作越後新潟が豊富だが野菜農業や畜産の方が高級チーズ経済利益の農業である。紀伊藩の林業やみかんが農業の基本産業である。
 
海運業の仕事で薩摩藩(現在の鹿児島県)と琉球の往来していた利右衛門は、琉球の人々が食べていたサツマイモを見て、鉢植えにして自宅に持ち帰った。さつまいもにどうすればいもに変化するか繁殖の育て方を研究して様々な工夫を重ねた。
 
さつまいもの栽培に成功した利右衛門が、種イモや苗を周囲の農民に配給したことから、さつまいもは最新の食物として普及した。米の不作で苦しむ飢餓の人々を救った農業功労者である。
 
サツマイモ偉人の前田利右衛門の人生について
前田利右衛門は揖宿郡山川郷岡児ヶ水(おかちょがみず)の出身であるとされ、農民であるとも漁民であるとも言われているがはっきりしない。仏教思想はこの世は自然産業とする森林思想である。水夫として琉球に渡った際にサツマイモの苗を薩摩に持ち帰ったと伝えられている。他にも、琉球出兵の際に将兵が持ち帰ったという説や、種子島の領主が先に栽培していたものが持ち込まれた説などもあるが、圧倒的に多数の説では利右衛門が持ち込んだとしている。しかしその経緯ははっきりとしておらず、利右衛門の死亡年も1707年(宝永4年)とする説や24歳で早世した説もある。出生年についてはさらにはっきりとしておらず、1670年代ではないかと推定されている。
 
利右衛門は、当時一般の住民で武士ではなかったため苗字はなく、その子孫が平民苗字必称義務令が制定された明治時代になってから名乗った前田という苗字が遡って「前田利右衛門」という名前が世間に定着している。
 
1705年(宝永2年)に琉球でサツマイモが栽培されて条件が悪い土地で成育しているのを見て、薩摩にサツマイモ芋を栽培させることをひらめき、薩摩藩に栽培法を普及させた。飢饉での餓死者が急減した。前田利右衛門は琉球に渡るときに遭難して死亡した。前田利右衛門の供養のために揖宿郡山川郷岡児ヶ水の村人が持ち寄ったお金で供養堂を建てたのが徳光神社である。
 
 
飢餓の時期にサツマイモが多くの住民を救ったことなどから、彼の業績が賞賛され、あちこちに業績を顕彰する碑が建てられている。指宿市山川町岡児ヶ水には彼の頌徳碑が建てられ、徳光神社が建立されている。墓碑には「唐薯殿」と刻まれていた。[1][2]また甘藷翁の称号もある。また、指宿酒造が彼の名にちなんだ「利右衛門」という名の芋焼酎を発売している[1]。
第4論文⇒四日市の地域区分について述べる。
①赤堀の地形
八剣川+中寺川+落合川の3つ川がある。
⇒3の川の合流点で合流して落合川となり下流天白川+鹿化川と合流して大井の川となり伊勢湾にそそぐ。
 
昭和49年の集中豪雨では合流点に水が集中して大きな被害があった。
 
②歴史+宗教
⇒赤堀村と赤堀氏⇒京都祇園の赤堀神社
⇒浜田村と浜田氏⇒鵜の森神社
⇒羽津氏⇒羽津の志氏神社が守護の神様で氏子の神社である。
 
⇒初代赤堀城主の田原景信の墓は通称大将様や大小様と呼ばれた川村家の五輪塔として供養されている。
 
八阪神社は元名は牛頭天王八王子社の名称で建速須佐之命の5男3女を祀っている。
⇒日永村とは東海道繋がりで関係が深い。
⇒日永地域の天白村とは水害がある近世部落の共通点がある。
⇒江戸時代からの日永村と四日市中心部でなくて常磐地域の松本村大井出の寺院と常磐村地区を赤堀村が選択した。
⇒赤堀氏は日永新正地域と赤堀村を支配+浜田氏は浜田鵜の森を支配+羽津氏は羽津地域と鵤村を支配した。
③公共事業
赤堀地域社会全体の福祉向上と人権活動のため昭和50年に赤堀教育集会所となり⇒その後平成17年に人権プラザ赤堀に改称した。
昭和55年に赤堀小集落地区改良事業が着手されて赤堀地域の宅地を全部土地整理して整備した土地跡地に改良住宅と道路と公園などのインフラの総合的整備がされた。
④建物
⇒誓覚寺⇒元は栗原山九品院の名称で天台院の寺院だったとされる。
⇒誓元寺⇒開基は中興道祐師の創建とされる。
⇒鈴木製薬所⇒鈴木薬局の建物は旧東海道沿いの建物の中でも堅固で、鈴木家6代目の勘三郎高光が嘉永5年=1852年に建てたものである。
 
⑤赤堀地名について⇒
群馬県の旧自治赤堀町(あかぼりまち) ⇒ 旧佐波郡に帰属していたかつての町。現在は新設合併により伊勢崎市(2代目)の赤堀地域となり、合併以降の赤堀(あかぼり)と名が付く地名(町)は2つのみ(旧市域に町名が重複するところがあったための措置)。
その他の赤堀の地名・赤堀地域名(あかほり群馬県邑楽郡邑楽町の大字。
あかほり三重県四日市市の町名である。赤堀氏の四日市赤堀家の赤堀一族由来にもなった名字の地である。最寄駅に現四日市あすなろう鉄道内部線の赤堀駅がある東海道沿いの近世の部落集落である。
あかぼりは埼玉県桶川市の地名である。 → 赤堀川(あかほりがわ) +栢間赤堀(かしわまあかほり) - 元が荒川支流の河川。埼玉県の久喜市の菖蒲区域を流域とする。
 
あかぼりは宮城県伊具郡丸森町の大字。
 
姓氏
赤堀氏(あかほりし) - 日本の戦国時代における北勢四十八家の一つ。 四日市赤堀地域における赤堀御三家の浜田氏+羽津氏+赤堀氏の一つ。
 
赤堀は日本の姓氏である。三重県及び群馬県地域の三重県群馬県にの2の県に多く見られる⇒この県に赤堀姓が多いのは重複する地名・地域名に2市町が存在するため。
四日市市の神前地区は米・観葉植物、キャベツ・イチゴ、みかんなどの生産と畜産業が盛んな農業地区である。[注釈 1]
第4論文⇒四日市の地域区分について述べる。
四日市中央工業高校・四日市商業高校などの職業高等学校が畜産仏教部落地域である。
かつての江戸時代の津藩領地の畜産部落地域である。津藩領地の三滝川周辺の飛び地を支配する農村集落が四日市の神前地区である。大日寺の地域寺院の仏教地域で東西大門の仏教地名がある。極楽寺と御堂前などの仏教地域がある。その他の仏教徒由来の古い地名に護摩田と鐘田と寺方地域は仏教地名が多い地域が神前地区の畜産部落地域である。
三重県四日市地域の空襲被害と仏教思想について述べる。四日市空襲と仏教思想の攻撃目標の標的について述べる。海軍第二燃料廠をはじめ多くの工場群を擁した四日市は、アメリカ軍の重要攻撃目標とされた。三重郡楠町(楠地区)の東洋紡績楠工場及び東亜紡織楠工場周辺の住宅密集地の小倉地区、本郷地区と南五味塚・北五味塚が米軍による小規模な空襲で攻撃された。日永地区の仏教寺院も攻撃対象となったが、富田一色など聖武天皇関係の仏教寺院が多い地域は宗教的に特別な意味がある理由から空襲候補地から除外された。
1945年(昭和20年)6月18日午前0時45分、アメリカ軍B-29戦略爆撃機89機が焼夷弾11,000発・567.3トンを投下。
人的被害は、被災者47,153人、死者736人、負傷者1,500人、行方不明者63人。約1時間の絨毯爆撃で全市の35%が焼失、市街地は焦土と化し、特に塩浜地区の被害が大きかった。
富州原は昭和41年九鬼市長時代からの町名。富田一色天ヶ須賀松原連合地区の意味がある。戦国時代は南部氏支配地域の紡績産業地区である。大字松原・大字富田一色・大字東富田の各一部で富洲原地域が創設された。旧自治体の富洲原町と地区名の富洲原は区別されている⇒住所名の富州原と呼称を区別した[4]。富田一色・天ヶ須賀は漁業が盛んで富洲原ドラえもん仏教を信じているドラえもん猫が多い地域である。富洲原はドイツ哲学思考やイギリス産業革命都市だった。富洲原港で捕獲される主な魚介類は鰯・ヒシコ・富田の焼き蛤。丸干・煮干・たづくりなど水産加工の従事者も増加する。明治期には漁業戸数が217戸・漁業人数が1120人・水産戸数が34戸・水産業従事者が194人[5]。漁業の発達によって魚問屋や行商人の増加した。平田紡績の平田家が地主支配地域としていた。鰹節産業が発達して鰹節問屋が12軒・鰹節行商人が約100人となる。
江戸期~明治22年桑名藩の村名。枝郷に富田一色村・松原村・天ヶ須賀村があるが、郷帳類ではいずれも東富田村とは別に村高が記載されている[6]。実際には分村していた。村高は397石[7]。他に431石[8]。1829年(文政12年)の家数386軒、人口1943人、庄屋に広谷伝三郎、医者に馬場貞達、馬場順達の名前が記述されている。僧侶及び鳥出神社の神主は喜多島氏である。寺院は真言宗高田派蓮光寺、正泉寺、曹洞宗長興寺があり、長興寺は722年(養老6年)泰澄の創建で、1545年(天文14年)に、南部甲斐守が菩提所として再建したと記述されている。鎮守は若一権現(鳥出神社)と八幡宮[9]。1601年(慶長6年)東海道が開通して、1604年(慶長9年)西富田村との境界付近に東海道富田の一里塚が設置された。東海道桑名宿と四日市宿の中間に位置して、間の宿(立場)と呼ばれた。街道筋には旅籠は軒を並べて、店頭では名物の富田の焼き蛤が販売された。
1889年(明治22年)の戸数800軒・人口3904人、田37町余、畑4町余、宅地13町余[3]。1780年(安永9年)の大火後、伊勢湾海岸地域に移住した東富田村民は漁業を営み、江戸後期から漁村として栄えた。鰹節問屋が繁栄して富田の行商人の名が聞かれた。沿岸漁業は明治時代に船数106隻、漁家数210、漁民1151人[10]。漁業の発達で富田水産株式会社が大字東富田本町に開業、海産問屋も開業して、富田漁業組合が設立された。水産加工業者が増加して、煮干・素乾いわしなどの生産も盛んになる。魚介類はカタクチイワシ・コウナゴ・スズキ・シラス・富田の焼き蛤(ハマグリ)であった。国道1号線を境界に富田浜地区と富田高商業地域の浜地区(水産業地域)・高地区(商工業地域)に2分される。[11]。
西富田村は田村寺の寺院の田村寺町である。大日本帝国田村寺の寺院の軍国寺院思想では戦中から戦後まではドイツ哲学思想の社会政策国家であった。平成イタリア社会のアメリ自民党主義でドイツヒトラー思考の規律正しく生きる真面目社会政策国家が崩壊して安倍晋三暗殺恐怖安重根仏教徒の思想となった。
朝明川下流右岸に広がる沖積地に位置して、東富田村に対する。戦国期以前は東富田村とともに富田御厨の地である。『織田信雄分限帳』に忠岳の前知行地で富田七助の知行地と記述されている。村高766石余[7]または791石余[8]。助郷東海道桑名宿へ出没した。1827年(文政10年)の戸数28軒、人口122人[9]。氏神は八幡社。他に山神も祀る。寺院は1190年(建久元年)開基の浄土真宗本願寺派木下山三光寺がある。この寺には蒔田村の蒔田氏の蒔田相模守宗勝の墓がある。東海道沿いで賑わいがあり、伊勢湾台風前など松並木の景観が残っていた。三岐朝明駅の朝明中学校通学交通思想がある。三岐朝明駅が朝明中学校として設置された過去から田村寺院の田村寺駅構想もある。昭和29年に一部が十志町となり、残余が西富田町となる。[12]
第4論文⇒四日市の地域区分について述べる。
⇒北勢四十八家記述の参考文献について述べる。
四日市市史第16巻 通史編古代中世
桑名市史本編
治田村誌
員弁史談
楠町史編纂委員会 編『楠町史』楠町教育委員会、1978年。doi:10.11501/9569871。NDLJP:9569871。
四日市市楠総合支所 編『新編楠町史』四日市市楠総合支所、2005年。
関連文献
水谷憲二「北伊勢地域の戦国史研究に関する一試論(一) 近世に記著された軍記・地誌の活用と展望」『佛教大学大学院紀要文学研究科篇』第40号、2012年。 NAID 110008920914。
脚注
[脚注の使い方]
^ 四日市市史第16巻 通史編古代中世451頁1行目~4行目
^ 四日市市史第16巻 通史編古代中世596頁
^ 桑名市史本編133頁
^ 桑名市史本編133頁3行目~6行目
^ 桑名市史本編133頁7行目~8行目
^ 桑名市史本編133頁11行目~134頁1行目
^ 桑名市史本編134頁8行目~12行目
^ 四日市市史第16巻 通史編古代中世451頁5行目~8行目
^ 四日市市史第16巻 通史編古代中世451頁9行目~12行目
^ 四日市市史第16巻 通史編古代中世455頁
^ 『伊勢の国で対立した国人氏族』のサイト
^ 四日市市楠総合支所 2005, p. 75.
^ a b c d 楠町史編纂委員会 1978, pp. 60–90.
^ 四日市市史第16巻 通史編古代中世472頁
^ 四日市市史第16巻 通史編古代中世474頁
^ 四日市市史第16巻 通史編古代中世475頁
^ 治田村誌 P85~P108
^ 員弁史談 P904~P920
^ 桑名市史本編90頁~92頁
福崎
江戸時代に桑名藩時代に農民によって開墾された新田の地区。朝日町の縄生地区に隣接する新田の地区で飛び地がある。
三重郡川越地域の最初の地名は古代からある豊田村地域である。
 
奈良時代の文献で豊田の地名が出てくる。
朝明川から茶の水からの豊富な肥料と朝明川の河川の水分で豊田地方は農耕に最適な農村であった。八十積神社は豊田村の氏子である⇒水の神+稲の神である。
 
中世の領主の武士が当地豊田を統治していた川越地域は鎌倉時代鎌倉幕府は北勢地域5つ郡の守護に任命したのが加藤氏である。
 
戦国時代に織田信長臣下の滝川一益の攻撃で小向城は落城した。
 
 
現在の三重郡朝日町の小向城の代官だった山本庄大助義政が家来と共に南福崎へ逃亡した。
 
小向城主の飯田庄衛門が川越地域の亀崎村に逃亡して亀崎亀須の北福崎の新田開発をした。
 
戦国時代の北勢四十八家の阿下喜城主が川越伊勢湾地域の南福崎へ逃亡した家系が片山家の先祖である。
 
上吉地区は通称はふじわである。
 
江戸時代後期の豊田の庄屋の藤谷伝一郎は高松村と関係が深く高松村の高輪寺と高松海岸の浜辺地域を新田開発した。
藤+輪⇒藤輪となった。
 
北福崎の庄屋は後藤家である⇒後藤園太郎は明治時代の初代川越の村長の家柄である。北福崎新田は山下家牧野家多い。
当新田の庄屋は山下家の山下清九郎である。
亀須新田と亀崎新田など江戸時代に干拓された新田地域の庄屋は伊藤家の伊藤伝左衛門である。
亀尾新田の庄屋は伊藤家の秀平である。
平田家が南福崎の庄屋の家系であった。
山下家が当新田の庄屋の家系であった。
平田家の家系図⇒平田十蔵⇒平田十治郎⇒平田十平の相続で苗字帯刀を許される。
 
豊田村の庄屋は幕末は藤谷家であった。
 
藤谷家は最初は桑名の里正であり⇒羽津村の里正だった時代に羽津の海を埋め立てて新田開発をした羽津地域が藤谷新田となった。
 
豊田村の庄屋は高松村の内田家だった。
 
今川氏の一族が桶狭間の戦いの後三河国の大塚村に逃亡して大塚氏となったのが豊田一色村の庄屋となった大塚家であった。
 
亀須の宮田家の先祖は平家の武将の三浦氏で三浦氏の子孫が宮田姓を最初に名乗った宮田太郎貞明が宮田姓に改めて宮田家16代目の六兵衛が亀須村の庄屋となった。宮田家と南福崎村の庄屋の平田家とは幕末に姻戚関係であった。
 
豊田地区のマンボの家は村役人だった渡辺家の渡辺申吾が堀ったものである。
 
高松村の集落は現在の高松地区の住宅地に集落より東側の八幡神社付近の古い地名の塚田地域にあった。
 
高松村の神社にある龍宮池は庄屋の家柄の内田家が設けた宗教施設である。
 
龍宮池の昔話⇒江戸時代に日照りが続き農民は助けを求めて雨乞いしたら池に水が湧いてきて龍宮池と名付けた。
以来日照りが続くと龍宮池に雨乞いを祈願した。
江戸時代の明和期の水害で死者が多数出た。
 
高松地区の足上げ祭りは明治時代初期からある。
 
富田地域の長興寺まで8月14日に富田地域の青年と富田一色の青年が松明を担いで練っていた祭事である。
 
富田の鳥出神社から出発して高松村の氏子神社の先祖供養の祭りとなり軍国主義色がある祭礼で郷土愛が強い性格の祭りとなった。
 
昭和19年東南海大地震の被害と伊勢湾の台風の被害の影響で高松地域の足上げ祭りが中断されたが⇒昭和40年に高松の足上げ祭りが復活した。
 
 ⇒名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化の温知政要は二十一箇条からなる。概要を記すと名古屋徳川宗春理論はタバコ娯楽人間の不良文化である。
⇒名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化は喫煙文化を認める不良タバコを吸う人間の文化思想である。男女の娯楽思考の男女の自由風俗思想である。天下の悪法を廃止する仏教愛思想で経済自由制限法律を削除する。男女自由制限法律を削除する。名古屋徳川宗春理論では死刑制度が市民社会を否定している。死刑制度廃止で市民社会になり殺人事件が減少する。贈与税を廃止で贈与を自由化させる政策で商業大国の日本にする。
徳川宗春の名言は「慈悲慈愛の心を養うことこそ、第一の学問である」の仏教愛の思想である。法律の数が多すぎる法律を必要最小限の半分の必要法律のみに削除せよ。経済自由を奪う法律や男女自由を奪う法律は削除せよ。若者には優しく真言宗の仏に言い聞かせの優しい仏教の言葉で言い聞かせろ。死刑制度は社会政策や教育軽視の国家の責任である。殺人犯罪者は死刑廃止で女性の名前へ改名や男性器全裸写真撮影の刑罰にした方が良い。仏の言葉で若者を仏教教育をして言い聞かせろ。
⇒名古屋徳川宗春理論は将軍家及び尾張名古屋藩主と紀伊和歌山藩主を御三家として水戸藩を副将軍家補佐徳川家一門とする思想で尾張藩と将軍家は同格の徳川一門の家系である。名古屋徳川宗春理論はからくり人間式ロボット技術など民間活力の元気産業の産業育成思想である。紀伊藩の林業やミカンなど森林思想を二宮金次郎の農業産業国家の基本政策とした。農業や毛糸紡績産業は国家の基本産業である。国家の基本産業である農業と林業関係者や紀伊藩のミカン生産や紡績毛糸産業の衰退が少子化の要因である。
⇒繊維毛糸投資産業の育成の産業育成と民間活力思想である。名古屋徳川宗春理論は派手好き経済思想である。名古屋徳川宗春理論は名古屋祭りに豪華褒美思考の寄付行為と贈与経済の商人の幸福思想となる。贈与税廃止や贈与自由化の寄付国家で地域経済を活性化させた。弥富金魚産業など民衆の民間活力の元気産業とした。地域の元気産業と地場産業を育成する尾張藩主であった。派手好き文化の地域を元気産業にする経済活性化政策の尾張藩主であった。常滑焼や瀬戸焼など陶芸産業など地域活性化の産業育成思想である。尾張名古屋徳川宗春理論で尾張名古屋地域の地場産業を育成する産業育成の政治家であった。名古屋徳川宗春理論はバブル世代女性の派手好き思考である。わいろ合法化の商業流通を活性化させる贈与税廃止や贈与自由化の商人思想である。不倫娯楽文化やタバコを吸う不良娯楽人間の心の名古屋徳川宗春理論である。名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化は真面目の義の心である。
⇒女性外出の提灯や行灯設置など照明光で性犯罪予防の仏の愛の仏教愛思想である。仏教愛と民の活力と元気産業重視の性犯罪予防の女性政策推進の藩主であった。警察治安警備の強化政策の防犯対策及び治安対策強化の警察政策である。
⇒仏教正義の仏教愛から男女の奪い合い禁止の義の心があった。略奪愛禁止や夜間女性外出自由化などの仏教愛思想から性犯罪防止の心がある。
⇒名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化の長島温泉和風文化である。岩佐美咲和服文化の津島神仏を信じる女愛キリスト芸能思想である。長島温泉文化の演歌歌手を大切にする芸能文化思考である。和服文化の心を大切にする長島温泉の和風文化の心である。演歌歌手思考の和の心の名古屋徳川宗春理論の経済政策である。名古屋徳川宗春理論はタバコ娯楽不良文化の推進である。西平町祭事娯楽文化の男女の娯楽人間である。祭事派手好き文化の祭事推進の経済政策国家である。名古屋徳川宗春理論は祭り経済国家の商業文化の心である。名古屋徳川宗春理論は真面目で必要な効率重視の思考で人生楽しむ快楽仏教徒の義の心である。わいろ合法化で贈与税廃止で贈与を自由化する男女の娯楽文化である。名古屋徳川宗春理論は男女の奪い合い略奪愛を禁止する思考である。仏教福祉思想の正義感が強い仏教愛の幸福思想になる。略奪愛の禁止の正義感が強い義の心である。男女の心中容認の男女の心中無罪の心であった。仏教愛や女愛キリストの思想である。身分違いの結婚を認めて寛容な仏教思想であった。死刑執行行為の死刑廃止で仏教愛を大切にする寛容な江戸時代の武士思想であった。寛容仏教愛の国家思想である。わいろ合法化の男女娯楽文化の戒律否定の仏教思想である。
⇒名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化は常滑焼を仏の愛の仏教愛で育成する陶芸産業育成思想である、繊維産業投資事業や写真美術技術の産業育成の名古屋商業化社会の思想である。多度神社祭りが必要か経済効率と祭りは必要のみの名古屋徳川宗春理論である。裸の男女が裸婦像イブ祭りなど神社参拝や祭りは必要のみ仏教効果主義者である。効果ある仏教行為と正義感が強い仏教行為の義の心である。仏教愛思想の効果ある仏教行為と正義感が強い名古屋徳川宗春理論である。名古屋徳川宗春理論は正義感が強い仏教行為の効率重視で生きる思想である。
⇒名古屋徳川宗春理論は必要な祭りのみを実施する必要仏教行為重視の仏教愛思想である。必要及び効果ある仏教行為と仏教愛思想の豪華褒美の祭事文化の思考である。法律や祭事文化や人生の仏教行為は必要を重視する。名古屋徳川宗春理論は効果あるもの重視の真面目仏教の義の心である。名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化は法律や仏教行為は必要がある行為のみの思考である。仏教行為や祭り文化は必要のみ効果ある祭り重視の名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化の思想である。タバコは無害の健康タバコを開発する思想である。法律や神社参拝や祭りは必要のみの仏教思想である。神社参拝や仏教行為は宗教効果がある行為のみの仏教愛思想である。仏教行為や男女娯楽の祭りは効果研究論では必要ある祭りのみにする思想であった。名古屋商業化社会の徳川宗春理論である。
⇒名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化の警察理論は死刑廃止の仏教愛思想である。東京地検特捜部や公安警察廃止や女性警察官を増員させて女性警察官3割の市民警察思想である。名古屋商業化社会の交通思考がある。敦賀駅から鈴鹿伊勢新幹線構想など日本横断運河構想の交通思想である。名張駅から四日市養老山脈及び大垣方面から富山駅行きの飛騨高山温泉新幹線構想など交通整備思考である。琵琶湖日本横断運河構想及び三重新幹線構想の交通整備思考の名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化である。
⇒聖書男女哲学思考で犯罪者及び暴力男性が多いと男女の人口が矛盾する。男女の人口矛盾の男女不平等条約のアダム男性呪いがある。名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化理論では同性愛合法化なら一夫多妻やセクハラ合法化の矛盾がある。仏教思想は寛容である。わいろ合法化や裸婦像イブの産婦人科ナポレオン不倫の戒律否定仏教徒である。戒律否定で自由仏教愛の仏教愛思想である。わいろ合法化や男女の遊びで戒律否定の男女の娯楽思想である。不良タバコ人間の娯楽文化で寛容国家の商業流通の心である。ナポレオン不倫思考の名古屋キリスト女性への仏教愛の思想とキリスト教女性愛である。
⇒名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化は死刑執行廃止の仏教愛の思想である。わいろ合法化の名古屋商業化社会の寛容思想の名古屋徳川宗春理論である。名古屋商業化社会の商業大国の日本である。
: 序文
: 第一条 : 大きな愛情政治と広い寛容の心で仁徳ある政治家になる
: 第二条 : 愛に敵なし 愛情に敵が無い徳川家康権現様のように仁の心の者であれ
: 第三条 : 冤罪は国の恥冤罪禁止で 罪科はとことん調べつくせ冤罪調査の心
: 第四条 : 継続は力なり 継続力で私欲禁止で私欲に走らず、志を最後まで
: 第五条 : 学問の第一は愛情愛情の学問で 小賢しい学問より自分自身に正直で正しくあれ
: 第六条 : 適材適所 能力の配置力でどんなものにもそれぞれの能力がある
: 第七条 : 好きこそものの上手なれ好物の達人で好きな趣味人間になれ 他の者の心情を察するように思いやりの心
: 第八条 : 規制は必要最小限で良い規制緩和で規制及び法令を減らせ 法令は少ないほど守ることができる少ない法令で法治国家ができる必要法律のみにする。
: 第九条 : お金は活かして使えの心でお金の活用力が必要である。バブル世代女性的派手思考で裸婦像派手文化の女性になれ。 過度な倹約省略はかえって無益になる
: 第十条 : 生かすも殺すも庶民の知恵 庶民の知恵力で庶民政治で押し付けではなくまずは仲良く
: 第十一条 : ストレスなしがナチスドイツヒトラー思考の仏教悪魔の精神病ストレスは毒である。健康生活で養生一番 怠けなければ怠けの心が無い人は心身ともに健康である
: 第十二条 : 芸能は庶民の栄養の心の芸能人主義者である。 見世物や茶店などを許可する
: 第十三条 : 先達は過去の歴史上人物はあらまほしきこと どんなことでも諸事情を知る過去の事情通であれ
: 第十四条 : 芸道は偉大 あらゆる芸事を数年で身につくとは思わぬように
: 第十五条 : 若者への諫言には若者の心を理解する若気の至りをもって 異なる意見は相手の年齢重視で年齢を考えて
: 第十六条 : 失敗は発明の母 失敗から学べ大器量の者でも若い頃は羽目を外すことはある
: 第十七条 : 人の命は金では買えんぜ 人命重視で死刑廃止の心で死刑判決のみで死刑執行だけするな生命は尊く、常日頃の防災の心と治安の心の用心が肝要
: 第十八条 : 何事も庶民目線で 庶民政治で世間を知る人になる。世間の事情によく通じ深い愛情を示せ
: 第十九条 : 天下の政治は緩急自在で 織田信長安土天下決断力で国の改革はゆっくりと普段の用件は速やかに
: 第廿条 : 改革は文殊の知恵で 改革には補佐役で補佐政治で自分ひとりではなく良き補佐が大切
: 第廿一条 : 「まぁええがゃぁ」が許すの心が臣下に対する主君の心得。古参新参・男女等を問わず平等に深く愛情を示せ
 
 
 
第6論文⇒四日市世界観について述べる。
四日市は大型商業流通企業のイオンの力が巨大で岡田克也一家の北朝鮮王国のようなイオン大企業王国である。
四日市には3つの世界がある。
四日市公害の世界⇒日本社会党など革新政党左翼の公害活動家
②イオンの岡田王国の世界
③北勢四十八家の家系多い苗字+富田六郷の富田富洲原祭り+被差別部落の村社会の世界
 
①多数いる地域に多い北勢三重県民⇒子孫繁栄の保守
②少ない苗字⇒四日市から塩浜+富田富洲原下町+桑名城下町の下町庶民
③ルーツがはっきりしない苗字⇒他地域から四日市の移住してきた工場労働者
 第6論文⇒四日市世界観について述べる。
三重県の地域
①北勢文化地域⇒四日市+桑名+菰野+いなべ
②三重文化地域⇒鈴鹿亀山の北部工業地帯+津市の街と農村+松阪市の周辺農村
③伊賀地域⇒上野+名張
④伊勢志摩地域
⑤東紀州地域⇒尾鷲+熊野
 
 
 
 
④北勢四十八家と赤堀村の研究
 
 
 
⇒日永など仏教地域は田舎の村社会と比べて廃仏毀釈の影響がなかった。大矢知氏の領地が忍藩の飛び地である。南北朝時代の家系の楠町の楠一族と千種氏あり。千種氏領地が菰野藩領地となった。赤堀一族が2万石であり桑名多度地域の伊藤家水谷連合一族が2万石レベルの家系である。いなべ朝明の春日部松岡連合一族と種村家が1万石レベルの家系である。北勢四十八家と同じ苗字は21世紀現在で名門家系である。北勢四十八家の苗字は明治以降の近代でも名門で子孫繁栄している。北勢四十八家の苗字は北勢地域で名門の家柄である。北勢四十八家の城主は基本的に移民である。北勢四十八家の城主は移民の武士家系である。北勢四十八家の武士は他国から移住した移民である。北伊勢地域の城主は移民武士王国であった。越前から朝倉家松岡武士の越前城主家系が朝明桑名地域城主となり越前から北伊勢への国替えがあった。四日市町に諏訪神社がある事から四日市港町と甲州信州の土地関係が深い事が分かる。南部氏の領地が富田六郷の鳥出神社富田である。四日市諏訪神社が商売繁盛の町民の神社であり浜田武士の鵜の森神社の赤堀武家勢力の守護神社と神仏が町民と武士に区分されていた。赤堀氏は日永赤堀常磐地域を支配して浜田氏が四日市港町を支配した。羽津古墳神仏地域を支配する羽津氏は大矢知氏勢力や茂福朝倉城主と競争ライバル関係であった。羽津氏は富田浜茂福合戦や阿倉川城主合戦で戦った。赤堀一族と大矢知武士と茂福地域の朝倉氏と茂福合戦があった。鈴鹿関一族が赤堀や富田・茂福地盤を配下としていた。赤堀一族と鈴鹿関一族との塩浜合戦など赤堀一族関係の戦国合戦があった。赤堀一族と富田大矢知地域での茂福城主との紛争関氏勢力と合戦争いがあった。大矢知松原西富田奈良時代の古代遺産地域がある。甲州信州の東日本武士家系が諏訪神社地域から北勢四十八家の城主となった。赤堀家や武田家は諏訪神社由来の甲州信州方面出身者である。赤堀苗字は静岡県の上位108位の苗字である。愛知県尾張地方や静岡県の赤堀苗字の地盤がある。九鬼喜久男四日市市長が東海道赤堀村を地盤にしていた。赤堀村は江戸時代の東海道部落である。赤堀家や武田家や東日本から南部氏が北勢地域に移住した。
 
⇒日永地区は仏教寺院が多い地区である。赤堀地区は四日市の被差別芸人身分が住み町である。四日市町の都市近郊芸能民が住み赤堀村である。赤堀は芸能文化の部落民地域である。寺方畜産部落と赤堀日永の仏教地域が仏教関係が深い。保々畜産仏教部落と日永赤堀仏教地域と寺方畜産部落が江戸時代の仏教身分として繋がりが深い。赤堀氏の赤堀日永地域や保々朝倉氏や下深谷深谷矢田武士など北勢四十八家の城主が支配する地域が被差別部落差別地域になった江戸時代の謎がある。北勢四十八家の城主家系の武士への江戸幕府による懲罰意識が被差別部落形成になったと推測される。
 
⇒北勢地域は苗字で保守家系が判別できる。伊藤水谷松岡は三重県の日大家系である。伊藤水谷松岡の北勢四十八家の三大一族は日大組織の巨大家系である。北勢四十八家の三大一族の伊藤水谷家は桑名の巨大一族で武士農民の連合家系である。松岡家が農家家系の竹成米家系とキリスト教熱田神宮家系の武士家系と名門実業家の家系が統合した連合一族である。伊藤家(桑名伊藤家・富田伊藤家)は三重県で一番多い苗字である。伊勢藤原氏が伊藤家である。伊藤家は北勢地域で最大勢力の一族であり三重県の海軍家系である。水谷家は桑名市特に多度町の多度神社地域に多い苗字である。水谷家は(桑名水谷家・員弁水谷家・高松水谷家)は桑名・員弁の北勢地域に多数いる一族である。水谷家は三重県で多い苗字である。
第6論文⇒四日市世界観について述べる。
⇒北勢四十八家の苗字は明治以降の近代の21世紀まで子孫繁栄をしている法則あり。伊藤家・水谷家・松岡家(桑名松岡家・福崎松岡家・菰野竹成松岡家)・矢田家(小山田矢田家・菰野矢田家)・森家(羽津森家・水沢森家)・近藤家(員弁近藤家)・種村家(いなべ市藤原町の多い苗字)は一族が多くて家系が繁栄している。
 
⇒大矢知氏と南部氏は皇室の男系子孫の清和源氏の血筋を残している。赤堀氏の一族は赤堀浜田羽津の連合一族である。赤堀氏は東海道赤堀村の祇園神社と浜田武士の鵜の森神社と羽津古墳神社の四日市東海道地域に神仏遺産や子孫遺産がある。赤堀氏の子孫はわずかに家系が存続している。
 
⇒春日部氏は四日市市の八郷地区の平津駅付近の一帯に一族が存続している。毛利氏は長州毛利一族で桑名藩の武士家柄として家系が存続している。片山氏は川越村の農村の百姓(南福崎の庄屋の家柄)として家系が存続している。
 
士農工商キリスト仏教
 
⇒男女平等は夫婦関係の男女平等でなくて田嶋陽子上野千鶴子は独身女性を推進している。男女平等キリスト仏教を信じる。男弱女強仏教を信じる。女性関係不合格を美術ヌード仏教で合格にする滑り込み当選の仏教愛の呪いあり。赤堀氏は日永赤堀地域と分家浜田氏が浜一色橋北以外の四日市港町を支配していた。羽津氏が阿倉川合戦があった海蔵地域以外の羽津地域を支配していた。蒔田村と松原村と西富田地域の豊臣秀吉の村割りがあった。蒔田村と松原村の境界区分が安土桃山時代にあった。天ヶ須賀と高松村の新田の境界区分など豊臣時代に郷村制度で村が創設された。蒔田氏は蒔田村と松寺村と西富田松原地域を支配していた。朝明川北部の川越新田北部地域が江戸時代に新田開発された。加藤家が川越町豊田村と分村豊田一色の朝明川越新田と高松氏として高松村を支配していた。北陸や東海地方や近畿地方では浄土真宗一向一揆などの戦国大名仏教徒の農民との仏教戦争があった。東北地方や関東地方や中国地方・四国地方・九州地方では一揆など仏教戦争が勃発しなかった。
 
⇒下深谷部落で伊藤家水谷家以外の武士家系の堀田や酒井の苗字がある。赤堀部落は京都の祇園神社由来の清水苗字が多い。
 
⇒江戸時代の村社会の差別があった。村社会から家制度時代になった大日本帝国仏教思想の差別が部落差別であった。鈴鹿や塩浜・亀山・羽津・川越地域で工場労働者アダムが急増している。富田六郷の富田一色や松原西富田は南部氏の支配下であった。平成キリスト教時代に男女平等化で岐阜県など村社会が崩壊した。畜産仏教徒への被差別部落差別は21世紀の平成キリスト時代に土地国家や村社会崩壊で解消された。
第6論文⇒四日市世界観について述べる。
①北勢四十八家研究論文
 
⇒大矢知氏と南部氏は皇室の男系子孫の清和源氏の血筋を残している。赤堀氏の一族は赤堀浜田羽津の連合一族である。赤堀氏は東海道赤堀村の祇園神社と浜田武士の鵜の森神社と羽津古墳神社の四日市東海道地域に神仏遺産や子孫遺産がある。赤堀氏の子孫はわずかに家系が存続している。
 
⇒春日部氏は四日市市の八郷地区の平津駅付近の一帯に一族が存続している。毛利氏は長州毛利一族で桑名藩の武士家柄として家系が存続している。片山氏は川越村の農村の百姓(南福崎の庄屋の家柄)として家系が存続している。赤堀氏は日永赤堀地域と分家浜田氏が浜一色橋北以外の四日市港町を支配していた。羽津氏が阿倉川合戦があった海蔵地域以外の羽津地域を支配していた。蒔田村と松原村と西富田地域の豊臣秀吉の村割りがあった。蒔田村と松原村の境界区分が安土桃山時代にあった。天ヶ須賀と高松村の新田の境界区分など豊臣時代に郷村制度で村が創設された。蒔田氏は蒔田村と松寺村と西富田松原地域を支配していた。朝明川北部の川越新田北部地域が江戸時代に新田開発された。加藤家が川越町豊田村と分村豊田一色の朝明川越新田と高松氏として高松村を支配していた。北陸や東海地方や近畿地方では浄土真宗一向一揆などの戦国大名仏教徒の農民との仏教戦争があった。東北地方や関東地方や中国地方・四国地方・九州地方では一揆など仏教戦争が勃発しなかった。
 
⇒江戸時代の村社会の差別があった。村社会から家制度時代になった大日本帝国仏教思想の差別が部落差別であった。鈴鹿や塩浜・亀山・羽津・川越地域で工場労働者アダムが急増している。富田六郷の富田一色や松原西富田は南部氏の支配下であった。平成キリスト教時代に男女平等化で岐阜県など村社会が崩壊した。畜産仏教徒への被差別部落差別は21世紀の平成キリスト時代に土地国家や村社会崩壊で解消された。
富田一色村
江戸期~1889年(明治22年)の村名。東富田村に支店分家の意味がある。富田から分離した新開地の意[13]。古くは浜洲で、浜洲が島になりやがて陸地となった。東富田村の枝郷[6]。村高は278石[7]又は304石[8]。1829年(文政12年)の家数が432軒、人口が2131人、庄屋は水谷順次郎[9]。1639年(寛永16年)の大火で集落の大半が焼失した。大火再建後町並みは碁盤の目に整備された。1829年(文政12年)の富田一色村内の所有船は五十集船が11隻、小船が43隻、網船が9隻[9]。伊藤平治郎家によって八風街道が開通して伊藤家及び樋口家の由来となる。江戸中期に塩役運河が改修された地域が生川家及び小川家の河川苗字が多い地域である。江戸末期には伊勢丸・天祐丸などの千石船が江戸を往来した。沿岸で魚介類を採集して、干し魚・塩魚・時雨蛤を販売した。富田一色町は1966年(昭和41年)~の四日市市の町名。もとは大字富田一色・大字天ヶ須賀の一部。豊富川(塩役運河)には石舟が入り、小川家や生川家など河川苗字の住民が活躍した。塩役運河から酒も積みだした。1859年(安政9年)11月の大火後、焼失した町方の大半を浜方に移して再興を目指した。浜方は当時浜州や田んぼも残り、家はわずかに3軒であったが、町方の再建により漁師町の基礎が築かれた[14]。1887年(明治20年)の戸数は755軒、人口は3733人、人夫は620人、水車所は2ヶ所[15]。1889年(明治22年)に富洲原村の大字となる。[16]
天ヶ須賀村
江戸期~明治22年桑名藩の村名で天ヶ須賀死者天ぷら店仏教地域である。現在の住吉町地域である。東富田村の枝郷[6]。村高は491石である[7]、または505石[8]とされる。江戸時代後期に南方地を開発して太郎左衛門善平新田を造成して、新田の村高は47石である[17]。天ヶ須賀本村とは別に村高が記述されているが天ヶ須賀村の枝郷であった。半農半漁の村で早川家と高橋家の二大勢力の苗字が多い。早川家や渡辺家が経営する水産加工・富田の焼き蛤採取・あられ・おこしの菓子原料に使用する煎粉産業が盛ん。平田佐次郎(平田紡績家)の海運業が発展して平田紡績工場が設置。天保の大飢饉では、医師の田代家の子孫が多い地域で田代随造・田代随意が難民救済にあたった[18]。
松原村
江戸時代期~1889年(明治22年)の村名である。伊勢キリスト神宮について令和4年10月2日頃の悠仁親王岩佐美咲キリスト女性の伊勢神宮参拝は東富田村の枝郷の聖武天皇キリスト教の意味がある[6]。十四川左岸、伊勢湾の潮流で砂が堆積した低地上に立地する。地名の由来は松林がある海辺の砂浜の意。村高は281石[7]。または297石[8]。1829年(文政12年)の家数29軒、人口131人[9]。地内中央部を八風街道が東西に通過して、東海道付近でもあったため、人馬の往来が盛んであった。寺社は真宗高田派道場・聖武天皇社・庚申社(庚申塚)であった。1889年(明治22年)の戸数46軒、人口235人、田29町余り、畑1町余り、宅地1町余り[3]。1966年(昭和41年)に一部が四日市市平町・富州原町・富田1丁目~富田4丁目となり、残余が四日市市松原町となる[19]。富洲原の歴史で最も古い昔話では、奈良時代聖武天皇伊勢国行幸した際に朝明郡の松原村に立ち寄ったという逸話から鎌倉時代聖武天皇社が鎮座した。聖武天皇の歌に「妹に恋ひ吾の松原みわたせば潮干の潟に鶴鳴き渡る」があるが、その万葉集の「松原」は、西富田村から松原村の松原町付近である。聖武天皇社には聖武天皇の歌碑がある。田村寺の昭和戦前寺院や聖武天皇関係の神社には奈良時代の古代思想やキリスト教信仰があるとされる。松原の地名の由来は、地形が「松林のある伊勢湾沿いの海辺の砂浜」であったからである。
第6論文⇒四日市世界観について述べる。
第6論文⇒四日市世界観について述べる。
四日市の家系の研究について述べる。まず三重県の教育について、左翼教師及び右翼思想の教育レベル研究論で述べる。三重県は左翼教師団体の三重県職員組合の加入率が高い地域である。日教組の力が強くて部落問題などの人権教育や平和教育が盛んな地域である。特に公立中学では不良が多くて全国学力テストの結果は全国平均より学力が低い最下位レベルである。大学は国公立大学三重大学と津市立三重短期大学が左翼系の大学であり、私立大学の神道学校の皇學館大學が右翼大学で左翼勢力と右翼勢力が三重県で対立している。
第6論文⇒四日市世界観について述べる。
三重県は経済一流・教育三流と言われていている地域である。経済は三重県民1人当たりのGDPが1位東京都・2位愛知県・3位静岡県・4位神奈川県に次いで第5位で三重県四日市市に立地する四日市コンビナート・三重県鈴鹿市に立地するホンダ自動車鈴鹿工場・三重県亀山市に立地するシャープ亀山工場など高卒の工業系の求人が多くある。
 
原爆のノーモア広島・ノーモア長崎と公害のノーモア水俣・ノーモア四日市と言うように四日市市南部地域は四日市喘息が発生した工業地域で公害があり、外国人が多くて治安が悪い。四日市公害の影響で四日市市知名度は埼玉県の大宮市・浦和市川越市より知名度が高い。
 
四日市市イオングループのスーパーが多くて四日市岡田家の力が強い岡田克也一家の北朝鮮王国である。
 
第6論文⇒四日市世界観について述べる。
四日市市の家系についてまず知らなければならないのは、四日市市を支配している3つの名門実業家がいる。四日市の三大名門実業家と政治家の家系がいて、以下の実業家がいる。①四日市九鬼家(九鬼水軍の子孫で四日市市中部地区の四日市港付近で九鬼産業を経営していて九鬼紋七衆議院議員・九鬼紋十郎参議院議員・九鬼喜久男四日市市長)と②四日市富洲原平田家が(平田紡績を経営して創業した平田佐次郎・平田佐矩四日市市長と平田家の分家養子の宗村家の宗村佐信が創設した暁学園平田耕一参議院議員チヨダウーテ家)と③イオングループのスーパーを経営する四日市岡田家の岡田卓也会長・岡田元也社長と岡田克也衆議院議員の3つの名門実業家がいる。①九鬼家②平田家③岡田家の四日市3大実業家が四日市市の政財界を支配している。その他には生川家や伊藤家などが四日市の名門実業家です。
 
四日市市四日市市北部地域が漁村の下町であり、四日市市西部地域が農村から開発された住宅団地であり、四日市市中部地域が商業地域であり、四日市市南部地域が工業地域であり、南部の塩浜地区が四日市公害で大気が汚染された四日市ぜんそくの被害地である。四日市市都道府県で例えるとまず四日市ぜんそくで死者が多数出た公害の被害地の南部地域が塩浜地区周辺であり塩浜地区が愛知県のようである。中心市街地の四日市市中部地区・橋北地区が東京都のような都会地域である。
 
 
松ヶ枝町自治
東海旅客鉄道三岐鉄道富田駅がある富田地区に隣接する。富田駅前に庚申社と伝わる祠がある。庚申社は戦国時代に織田信長が富田の一本松に上陸して茂福城を攻めた末、討ち死にした織田信長配下の武将を祭って道祖神とした神社である。武将の名は伝わっていないが織田信長による伊勢侵攻の際に討ち死にして、尾張国美濃国から伊勢国への道標として、その道を守る役目を与えられた果報者の武将の神社があり、松ヶ枝町は(松がある枝の町)の意味である。
蒔田村
まきた又はまいたと言う戦国時代は蒔田氏の城主が統治していた。富洲原及び大矢知地区の共同支配地域で共同学区である。大矢知地区富洲原地域である。川越町朝明豊田文化の富洲原駅地域である。朝明川下流右岸の沖積地に位置する。蒔田地内長明寺は中世期に蒔田氏の拠点の蒔田城 (伊勢国)跡とされる。1560年(永禄3年)の『保内商人申状案[20]』に見える地名である。保内商人が伊勢街道通行の木綿・真面荷を差し押さえた事例として、『7年前・8年前以前(まい田)商人の真綿・芋を千草街道山中で差し押さえて、峠の宿善座衛門に預け置いた』と記述されている。村高は341石[21]。東海道が南北に通り、集落は街道沿いに街村を構成している。助郷東海道桑名宿・四日市宿へ出没する。浄土真宗本願寺派朝明山長明寺があり、その北に隣接して蒔田観音寺と神明寺がある。観音寺は竜王山宝性寺とも云い、建物は享保年間(1716年~1736年)の作品で、1977年(昭和52年)に四日市市文化財となる。1889年(明治22年)の戸数は64軒、人口311人[3]。江戸末期から大矢知そうめんの生産地であった。蒔田地域の地内に大矢知素麺を製造する農家が多い。菜種・油菜の栽培も多くて、採油業も行われた。繊維産業・食品加工業・孵卵産業が昭和時代に発展した。蒔田村は蒔田1丁目~蒔田4丁目・川北1丁目となる[22]。
松寺村
江戸時代期から1889年(明治22年)の村名。伊勢国朝明郡所属。桑名藩領。朝明川の下流右岸に位置する。東海道が南北に貫通する。村高は418石余り[23]。集落は東海道に沿って南北に細長く伸びる。1827年(文政10年)の戸数32軒、人口160人[9]。助郷東海道桑名宿へ出没する。酒造業が盛んで、松寺の酒は毎年伊勢神宮に奉納される。鎮守は神明宮、寺は寛文年間(1661年~1673年)開基の浄土真宗本願寺派蓮証寺がある。1879年(明治12年)に蒔田村・川北村の2ヵ村と連合して松寺村に戸長役場を設置した。1889年(明治22年)に大矢知村の大字となる。 同年に関西鉄道が西に開通したため、東海道筋は寂びれたが、酒造業やタオル製造業・さらし工場が進出してにぎわいを取り戻した。1973年(昭和48年)に松寺1丁目~松寺3丁目・川北1丁目となる[24]。
西富田村と蒔田村と松寺村と川北地域で大矢知地区所属の東海道集落を構成していて蒔田城主の蒔田氏が松原平町の農地付近まで支配していた。加藤氏が川越朝明地域の豊田村と分村の豊田一色を支配していた。
第6論文⇒四日市世界観について述べる。
東富田村は戦国時代に南部氏が統治して富田一色や天ヶ須賀から高松松原地域を支配していた。東富田村は茂福村と鵤村と合併して富田地区となった。鵤村は北部が富田地区で南部が羽津用水が整備された羽津地区となった。南部氏が東西富田地域と富洲原地域から高松まで支配していた。茂福城主の朝倉氏が保々地域と茂福+鵤を支配した。富田六郷は①東富田村②富田一色村③天ヶ須賀村は伊勢湾沿岸の地域が漁村である。富田の蛤の食べ物や漁村独特の祭事がある伊勢湾の漁村である。
富田六郷の聖武天皇由来の東海道沿いの田村家地域が松原村+西富田村+蒔田村である。
④松原村⇒東海道地域の聖武天皇の由来の村である
西富田村⑥蒔田村⇒東海道沿いの田村寺で仏教を信じる地域の宿場の村である。
 
蒔田村⇒文政年間1827年文政10年の桑名領郷村案内帳の史料では戸数は40戸人口190人であり、寺院は浄土真宗本願寺派の長明寺。神社は神明神社の春日の神+八幡神+山の神。文久年間1863年の南組目録で人口は男性135人で女性131人で僧侶6人である。
松原村⇒桑名領郷村案内帳の史料では古い田んぼ10石で新田は2石である。浄土真宗道場が1つある。
 
松寺村⇒桑名領郷村案内帳の史料では戸数32人で人口160人である。寺院は蓮証寺で浄土真宗の宗教地域である。松寺村の鎮守の神社は神明宮1社である。朝明川の堤防340間の普請場があり、堤防普請工事の人手不足は丸扶持であったが212間分は村普請となっている。松寺村に対して10人の人員不足の負担があった。
 
西富田村⇒織田信雄分限張の歴史資料では『織田信雄家臣の富田七助の知行地』の記述がある。本高の田畑の他に15石の新田がある。
 
川北村の戸数は22家で高持百姓16人で無高6人である。寺院は法従寺で金1分と銀2量3分5厘の助馬金を出費していた。本田畑以外に2町余りの朝明川新起と5反余りの新田がある。明治5年の徳川林政史蔵では戸数54で人口266人で牛3頭で職人は大工1人で藁葺屋1人で水車職4人で油絞りが1人で医師1人であった。助郷天明8年以降に桑名宿の増助郷として村高128石に相当する負担があった。
安土桃山時代の始期と終期には複数の見解が存在する。京都は平安京都の朝廷時代と足利室町京都時代と伏見桃山京都時代と江戸二条城京都時代と新選組幕末京都時代がある。織田信長安土天下時代が1573年から1582年である。豊臣秀吉桃山時代は1573年から1600年関ヶ原徳川家康勝利の17年間で徳川家康天下人時代は1598年豊臣秀吉死去から1616年の17年から18年間でる。
 
始期は、織田信長足利義昭を奉じて京都に上洛した永禄11年(1568年)とする信長上洛天下人説と義昭が京都から放逐されて室町幕府が事実上の滅亡に追い込まれた元亀4年(1573年)室町幕府滅亡説と、安土城の建設が始まった天正4年(1576年)とする安土城建設工事説の考えもある。
 
終期は、豊臣秀吉が死去した慶長3年(1598年)の豊臣秀吉死去説と、関ヶ原の戦い徳川家康が勝利した慶長5年(1600年)の関ヶ原小離接と、家康が伏見城征夷大将軍に任じられ江戸幕府を開いた慶長8年(1603年)江戸幕府創設説などがある。
 

織田・豊臣の時代は室町時代、戦国時代と重複することが安土天下キリスト教思想と桃山時代の定義を難しくしている。 津藩は武士身分である武士と百姓・町人の境界的な階層の無足人がいた。江戸畜産仏教徒部落民である。江戸時代の警察階級は武士と被差別部落民で処刑死刑執行人に被差別部落民が庶民から差別される畜産仏教徒の差別構造である。
近世社会の平人は①百姓②町人である。平常階級として武士に支配される階級は平民であり農民漁民と町人階級で構成されていた。平常階級として武士に支配される階級は平民は農民漁民と町人階級の商人と職人があり身分移動が可能だった。

第7論文
⇒田村寺はソ連国鉄仏教軍事家系の真言思想の寺院である。
⇒仏の真実の言葉の真言宗寺院である。手塚治虫関係の真言宗思想のドイツ哲学の祈祷をする寺院が田村寺の
護摩祈祷寺院である。ドイツ哲学者思想の規律正しい仏教徒手塚治虫ブッダ思想である。インド仏教を信じる手塚治虫ブッダ思想が大日本帝国帝国軍国寺院の田村寺の寺院である。産婦人科男性医師思考があった手塚治虫ブッダ思想は平成イタリア社会のキリスト女性思想となった。田村寺は、三重県四日市市西富田靖国思想の軍国寺院である。四日市市大矢知地区富洲原地域にある僧侶田村家が管理する真言宗の寺院である。大日本帝国先祖思想の真言宗醍醐派の仏教寺院。山号弘法山(こうぼうさん)。本尊は弘法大師

 
第7論文
⇒田村寺はソ連国鉄仏教軍事家系の真言思想の寺院である。
田村寺は、三重県四日市市西富田靖国思想の軍国寺院である。四日市市大矢知地区富洲原地域にある南無宝地蔵菩薩を信仰する寺院である。僧侶田村家が管理する真言宗の寺院である。大日本帝国先祖思想の先祖供養をする真言宗醍醐派の仏教寺院。山号弘法山(こうぼうさん)で南無宝地蔵菩薩堂が戦前からある。本尊は弘法大師で南無宝地蔵菩薩を信仰する寺院である。ナチスドイツヒトラーは明治時代の少年時代は芸術系仏教徒である。アダム労働者男性文化が仏教悪魔ヒトラー思考になったが芸術系の仏教徒である。四日市工業高校が男子生徒が多い公害物理学理論である。公害物理学と仏教専門家がナチスドイツヒトラー思考である。四日市商業高校は女子生徒が多い商業化社会の名古屋徳川宗春理論である。女性思考が商業大国の商業化社会になる。女性思考が商業化社会のイタリア文化理論になる。日本共産党は男女平等キリスト女性だが昭和戦後期のマルクス無宗教から高齢化で老人になり仏教徒となった。高齢化で老人になり仏教を信じる四日市公害物理学専門のマルクス仏教徒となった。神社思想の大日本帝国伝統文化を否定するが仏教は公害物理学のマルクス共産仏教徒として信じていてる。日本共産党左翼思想の日本人は仏教の伝統文化は平和思想や命重視で否定していない。仏教徒として日本人の仏教の心が日本共産党にもある。田村寺本堂の天井には、檀家の家紋が奉納されている。田村寺の仏教信徒の家紋が奉納されている。毎年10月10日に田村寺で家紋隆昌の祈祷会が営まれる。冬至の「中風封じ」法要には、参拝者にかぼちゃぜんざいが振舞われる。田村寺の開催行事として福引きや寺院秘伝の味のみそ汁を提供する食事サービスがある。
 ⇒僧侶が名古屋徳川宗春理論のタバコを吸うたばこ快楽仏教徒である。「かぼちゃ大師」の日として親しまれている。田村寺の行事として節分奉納目的の書道展を開催している。田村寺の開催行事として福引きや寺院秘伝の味のみそ汁を提供する食事サービスがある。
 ⇒仏教五蘊の想は心に思う想像作用である。行は心に決める作用で行為及び思考力である。男女の色を認識する識が自分の意識で知る力になる。田村寺の開催行事として福引きや寺院秘伝の味のみそ汁を提供する食事サービスがある。
 第7論文

⇒田村寺はソ連国鉄仏教軍事家系の真言思想の寺院である。

田村寺の寺院付属の仏教施設について
同じ三重県内の津市や四日市市内に他人から寺院管理を委託されている。田村寺の寺院はその他寺院を2つ(法龍寺及び泉福寺)を保有している高く寺院経営者である。真言宗西光山法龍寺の所在地は三重県四日市市西山町である。真言宗宝龍山泉福寺の所在地は三重県津市久居一色町である。[1]
 ⇒ナチスドイツヒトラーは明治時代の少年時代は芸術系仏教徒である。アダム労働者男性文化が仏教悪魔ヒトラー思考になったが芸術系の仏教徒である。公害物理学の仏教専門家がナチスドイツヒトラーである。1999年恐怖の四日市公害市長の九鬼喜久男市長は都市計画の立案能力が高いなどの実績がある社会政策思考の政治家である。公害ヒトラー思考の仏教悪魔だが都市計画立案など社会政策が評価されている。田村寺の寺院の境内に稲荷大明神の神社がある。田村寺の寺院護摩の祈祷をするが寺院以外の稲荷神社信仰がある。同じ三重県内の津市や四日市市内に他人から寺院管理を委託されている。田村寺の寺院はその他寺院を2つ(法龍寺及び泉福寺)を保有している。この世の存在の五つの仏教構成要素の五蘊は、男女の色幻覚の現実世界がある。色幻覚の(=男女の色幻覚の現実の物質)現実世界の色幻覚と人間の心と仏教精神物質が五蘊である。若い女性専門の生活保護制度はキリスト女性福祉思想である。公安警察廃止や死刑廃止などの市民警察制度は仏教福祉思想である。仏教には感情論の煩悩がある。受(=感受の感情論の煩悩怒り苦しみの子心)・仏教にはイメージをする心がある。想(=表象するイメージの人間の心)・仏教には思考力の意志決定の心がある、行(=意志の思考力)・仏教には認識の魂がある。識(=認識力の魂)とされている。色以外は精神作用であり、仏教が精神作用を重視している宗教である。同じ三重県内の津市や四日市市内に他人から寺院管理を委託されたその他寺院を2つ(法龍寺及び泉福寺)を保有している。真言宗西光山法龍寺の所在地は三重県四日市市西山町である。真言宗宝龍山泉福寺の所在地は三重県津市久居一色町である。[1]
 
田村寺の寺院の歴史
明治中期の修行僧、大滋偏照二世の大導師が弘法大師を奉祀して、信徒と共に厄除大師の恩恵に浴して、大師堂を建立した。その後真養大和尚により寺格を整え、真言宗醍醐派に属することになった。
 第7論文

⇒田村寺はソ連国鉄仏教軍事家系の真言思想の寺院である。

僧侶田村家の寺院であり、西富田地区及び松原村に残る聖武天皇社の伝承の一つとして、ソ連国鉄仏教軍事家系の靖国軍事寺院の大日本帝国先祖の仏教力がある。仏教は色男女幻覚である。この世は心色理の仏教理論の幻覚である。この世は色仏教である。聖武天皇が朝明行宮を営まれたおり、田村家が聖武天皇の令和奈良仏教理論の寺院護摩祈祷を実施している。西富田村や松原田村地域の村長(むらおさ)の手厚いもてなしを喜ばれ、長の由緒ある「田村」姓を賜ったといわれ、この地区に多い「田村」姓の起こりといわれている。
 
古代郷土史や田村家の伝承では、坂上田村麻呂が東征の折にこの地で休憩したことから「田村」という寺号になったとされている[2]。昭和初期に天皇を釈迦の上の位置仏教の宗教機関とする皇道仏教を信じていた大日本帝国の軍国寺院である。人は精神物理学で五蘊(色以外の精神物質は見えない=空)の係わりで成り立っていることを悟る釈迦になる靖国寺院である。田村寺が大日本帝国軍人の信仰心があった寺院である。人生の苦しみは男女の苦しみと時間老化の苦しみである。アダム男性労働者と裸婦像イブ呪いの男女の苦しみがある。男女の苦しみが1999年キリスト思考になる。お金及び暴力の1999年恐怖の物資の苦しみがある。存在の苦しみと不安の苦しみはドイツ哲学思考の心の苦しみである。真言秘法の僧侶の呪文による田村寺の寺院祈祷がある。富洲原地域の昭和20年大日本帝国思想の護国寺院である。昭和20年の大日本帝国軍人の高野山海軍航空隊の戦勝祈願品が保存されている。
第7論文
⇒田村寺はソ連国鉄仏教軍事家系の真言思想の寺院である。

江戸時代は畜産仏教徒への村社会農民の古墳神社思想の同じ日本人社会の差別があり、最下層身分は賎民身分で①えた②非人③ささら④猿引であった。戦後日本建国の父は被差別部落及び社会党キリスト戦後史観では日本社会党片山キリスト総理大臣である。戦後キリスト社会党史観では戦後日本国家の建国の父は日本社会党総理大臣の片山哲である。自民党の保守史観では自由党吉田茂である。アメリカ合衆国及び中華人民共和国はドイツ式工業国家である。日本人及びドイツ語文化はドイツ社会思想史法哲学者のドイツ式工業国家である。ドイツ式工業国家でドイツ語文化が高級経済国家である。ドイツ式工業国家が一番工業生産能力がある巨大工業国家である。女性芸術国家は高級経済国家である。ドイツ語文学能力がチーズ虫歯予防文化やソーセージ文化になった。ドイツ式工業国家の高級経済力の哲学思想である。一方、国内は広域商業が発達し、堺・博多・長崎など主要商業都市を豊臣家の直轄地とした。建設株式会社国家はアダム労働者男性社会である。建設株式会社国家のドイツ語工業文化とアダム労働者男性文化が女性差別の要因である。ドイツ式工業国家のドイツ語工業アダム労働者男性文化が女性差別の要因である。2022年の令和昭和ヒトラーの仏教行為であるとされるのがドイツと日本のサッカー試合がある。ヒトラーの仏教命令でドイツがわざと試合に負けた。ナポレオン来世のケネディ再婚の聖書男女思想とタバコ行為がある。前世ナポレオンのキリスト不倫文学能力の聖書男女思想がある。聖書男女思想の裸婦像イブのケネディキリスト女性がいる。諸大名は領国の経営に力を注ぎ、各地で特産物都市が興隆していった。また、秀吉自身は京を活動の拠点とし茶の湯を始めとする文化活動を自らも積極的に行った。また、鉄砲が西洋から伝来し、南蛮人との交流が開始された。キリスト教カトリック教会文化と黒人を支配する西洋世界の奴隷の存在を日本人が知った。また、南蛮菓子のカステラなど南蛮料理が食べられるようにになり、タバコが南蛮人の影響で伝来した。南蛮人の影響でタバコ農家による喫煙文化が誕生した。名古屋徳川宗春理論の江戸タバコ農家と不良娯楽思考の喫煙文化は仏教問題無い。ナチスドイツヒトラーの戦争暴力団利用のタバコ攻撃があり、犯罪タバコの仏教悪魔で問題になった。明治時代の近代少年時代はオーストリア哲学思考とイタリア芸術系の仏教徒だった。大正ドイツ式工業国家のアダム労働者男性文化がナチスドイツヒトラー思考となった。文禄・慶長の役により明は衰退したが朝鮮出兵は戦国統一国家日本を軍事大国から江戸平和国家にする機能と大日本帝国侵略統一国家の軍事訓練であった。豊臣秀吉京の首都機能について大坂豊臣都市と桃山京都伏見に首都機能を分散した。従来の輸入品渡来銭(銅銭)に代わり、天正大判など国内独自の金貨や銀貨が製造されて国内に広く流通した。文禄・慶長の役の後、陶法・毛皮加工などのが帰化した技術者達により発展し、文化は新たな時代を迎えた(桃山文化)。


織田信長による政権の確立については戦国大名の中で織田信長の勢力が次第に強大になり、安土天下キリスト教文化の近江在国の安土政権を樹立した。足利義昭を奉じて室町研究者の仏教建立権威を利用して近江及び北伊勢の北勢四十八家や北畠家長島勢力を織田一族養子として支配して貴族朝廷権威都市の京都に上洛した。信長が天皇室町幕府の将軍の権威を利用して畿内および東海地方を支配した。兵農分離や主力の戦闘行為の武器を弓矢から鉄砲に変える軍事改革を実施した。楽市・楽座、関所の廃止、安土イタリアルネサンス都市の安土近世商業化社会を目指して堺など自治都市の支配した。貨幣経済自由化で撰銭令などの経済政策が実施された。元亀4年(1573年)に信長が武田信玄及び朝倉勢力の味方の足利義昭を京から放逐すると[3]、室町幕府は事実上崩壊して、足利形式幕府として織田政権が確立する。天正7年(1579年)に信長の目前で浄土宗と日蓮宗の仏教宗派の正義論を討論させる仏教思想論争の安土宗論を実施して敗北した日蓮宗を弾圧するなどの仏教政策があった。天正4年(1576年)に安土城を築城して自由商業都市とした。直轄領の安土を拠点に畿内を中心に東海地方・北陸地方などを支配した。信長の支配により安土キリスト文化と長崎キリスト文化の戦国キリスト鉄砲時代となった。戦国キリスト鉄砲時代の平和を取り戻した京・堺と安土及び長崎を中心に新たな南蛮文化(天正遣欧使節バテレン文化)が花開いていった。信長はその後も勢力を拡大し日本中央部を制圧して天下統一は目前と思われたが、天正10年(1582年)の本能寺の変で自害した。
 
豊臣秀吉による天下統一については豊臣政権の桃山文化の大坂時代である。
本能寺の変を知った羽柴秀吉は、毛利氏と講和を結びいち早く高速機動部隊で京に駆け付け謀反の首謀者である明智光秀を破った(山崎の戦い)。これにより信長の葬儀を実施するなど織田天下思想の後継者として織田政権内での後見人として形式君主の織田家を支配する主導権を掌握した。織田秀信織田信雄の後見人として織田家臣団の領地を再編成した秀吉は清洲会議賤ヶ岳の戦いを経て信長の後継者として地位を固めた。天正11年(1583年)には豪華虎建築の大坂城を築城した。大きい坂地名思想の本願寺仏教跡地に商業化思想の大坂城の築城を開始する。天正14年(1586年)には関白藤原氏近衛家の養子として・太政大臣に任ぜられ豊臣姓を賜り[4]、天正18年(1590年)に日本国内の統一を達成した。農民一揆を防止するため刀狩令を出した。仏教思想を利用して農民の武装解除するたけ京都方広寺の大仏作りを口実とした。全国各地で太閤検地を行い経済規模を正確に測定する石高制度を導入した。豊臣政権の農業生産経済力を基準とする大名の経済力及び軍事力の規模の正確な測定技術として石高制度が創設されて、度量衝が統一された。1594年には文禄検地が実施され、検地帳が作成され、記載された高持百姓に耕作権を認めた。郷村の境界線を決める村割が実施された。百姓身分の農民を武士身分の役人が支配する郷村制度が確立した。荘園制は完全に解体し在地土豪の支配は否定され、一地一作人の原則が確立した。田畑以外の農民の屋敷など村の規模が石高で測量された。秀吉は1592年(文禄元年)に人掃令を出して全国的な戸口調査を実施した。1591年(天正19年)に身分統制令を出して兵農分離が推進された。城割りを実施して商人の城下町集住を推進して商農分離が進行した。北勢四十八家と同じ苗字は武士家系から影響された農民一族の養子方式で家系が繁栄した。北勢四十八家由来の家系の一族は明治以降の近代でも北勢地域で名門の家柄である。北勢四十八家の三大一族(伊藤家・水谷家・松岡家)は農家家系と武士家系と名門実業家の家系が統合した連合一族である。伊藤家(桑名伊藤家・富田伊藤家)は三重県で一番多い苗字である。伊藤家は北勢地域で最大勢力の一族であり、三重県で多い苗字である。三重県独特の三重県のみで多い苗字の水谷家(桑名水谷家・員弁水谷家・高松水谷家)は桑名・員弁の北勢地域に多数いる一族である。伊藤家・水谷家・松岡家(桑名松岡家・福崎松岡家・菰野竹成松岡家)・矢田家(小山田矢田家・菰野矢田家)・森家(羽津森家・水沢森家)・近藤家(員弁近藤家)・種村家(いなべ市藤原町の多い苗字)は一族が多くて家系が繁栄している。大矢知氏と南部氏は清和源氏の血筋を残している。赤堀氏の一族の子孫はわずかに家系が存続している。春日部氏は四日市市の八郷地区の平津駅付近の一帯に一族が存続して、毛利氏は桑名藩の武士家柄として家系が存続して、片山氏は川越村の農村の百姓(南福崎の庄屋の家柄)として家系が存続している。



 
堺・博多・長崎など主要商業都市を豊臣家の直轄地とした。鉄砲が西洋から伝来し、南蛮人との交流が開始された。文禄・慶長の役により明は衰退し、従来の輸入品渡来銭(銅銭)に代わり、天正大判など国内独自の金貨や銀貨が製造されて国内に広く流通した。文禄・慶長の役の後、陶法・毛皮加工などのが帰化した技術者達により発展し、文化は新たな時代になり桃山文化の豊臣大坂商人国家となった。
 
 
豊臣政権末期に秀吉遺書体制として浅野長政前田玄以石田三成増田長盛長束正家の5人の知識派の小中規模大名による五奉行制度(司法担当・宗教担当・行政担当・土木担当・財政担当)を創設した。

第8論文
⇒えた身分とは?
近世部落のえた村に居住していた。死亡牛馬を獲得して処理していた。死亡牛馬の処理権利を独占していた。
①皮革業②ぞうり製造業③太鼓製造業などの産業に従事していた。
課された役負担は①皮を納める⇒皮役②警察役③掃除役④行刑であった。
非人身分は非人小屋の居住していた。勧進は、決まられた縄張りに慶事や凶事など1年の行事の物乞いをしていた。大黒舞は芸能に従事していた。町や村の治安維持など被差別部落民の賎民身分は警察の役割をしていた。

士農工商の用語は紀元前からあった。中華地域で士農工商の用語を中華帝国が使用していた漢字である。
身分の種類でなくて身分の序列である。士は武士の事でなくて、士大夫の士である。
道義を修めた人と道義を重視する階層を指す。
農の表記問題は漁民と山地域の狩人が欠落している。農ではなくて百姓の表記が正しい。村地域に居住していた商工業者も百姓である。
職人身分の工と商人身分の商が一括して町人身分となっていた。工の職人身分と商の商人身分は同じ町に住み通婚していた。町に居住している平人は町人身分であった。
村に居住している商人と職人は百姓身分であった。江戸時代の身分制度は江戸時代の前期に四日市地域に近世部落が成立した。桑名藩領に7つの地域に近世部落が存在した。
近世部落の戸数が26軒で近世部落の人口が121人であった。平均1地区当たり3・7軒で17・3人であった。非人は仏教用語であった。乞食とは浮浪民・貧窮の民を指している。北伊勢地域では17世紀後半の江戸時代中期から非人の用語が使用されていた。江戸時代前期まで乞食の用語が使用されていた。

乞食も仏教用語である。僧侶が修行の一種で各世帯を回り家の前で托鉢を立ち行脚をする事であった。
近世社会では乞食は居場所を離れて生活困難の家無しのため物乞い生活をしていた。

桑名藩領に1448人もの多数の乞食が存在していた。矢田村に乞食の居住の記録があった。非人番頭・乞食頭の記述があった。天保期に取締り文書では非人の用語が記載されている。

京都で新非人狩りがあり調査があり庄屋が文書偽造の罪で非人身分となり亀山藩領に追放された。

被差別部落の料理

①午黄(ごおう・胆石)

熱さましで体温を下げる風邪治療効果と疲労回復効ありで、硬いもので硬い午黄は品物として最適である。

軟らかい物の柔軟な午黄は虫害が原因で食品として使用できない。

②牛の胆汁は胃の病気を治す効果がある。牛殺害場の軒の日陰で風通りの良い所に吊るして牛の胆汁を干した。

③化製業は牛殺害場で育成殺害された家畜の皮と骨と脂肪を化製業者が扱った。

内臓と血液も処理していた。病気で死亡した家畜と事故死した家畜と養殖ウサギと野生動物を扱った。

寺方地区と赤堀地区には原皮業者がいた。

寺方地区は1950年代まで赤堀地区は1980年代の集落の改良事業まで化製業が盛んだった。

現在は愛知県の化製業者が化製業の中心である。
赤堀の化製業は明治時代初期から化製業が営されていた。赤堀地域の化製業の経営者は代々喜右衛門の名称を継承していた。昭和29年に4代目喜右衛門の時代となった。戦前の昭和20年まで原皮と骨と内臓の取り扱いに忙しく太鼓の張り替えの熟練の技術が必要であった。原皮は仲買のみで毛皮が中心であった。
内臓は従業員の1人が戦後独立する際に権利が譲渡された。4代目喜右衛門が経営者だった時代に経営者の家族を含めて従業員が合計10人程度であった。
四日市の市域の村々

伊勢国

鈴鹿郡⇒3ヵ村

三重郡⇒60ヵ村

朝明郡⇒36ヵ村

合計⇒99ヵ村

江戸時代の領主

①幕府=代官

桑名藩

③忍藩

④長島藩

菰野

亀山藩

⑦津藩

⑧久居藩

大和郡山藩⇒四日市+浜田+橋北+浜一色+小杉+小古曽など内部地域

②吹上藩⇒野田

③一宮藩⇒阿倉川+芝田

④津藩⇒坂部+県地区+桜地区+松本+山之一色

⑤久居藩⇒高角+中川原地域

菰野藩⇒水沢+小山田

亀山藩⇒小松+鈴鹿内部地域+和無田+鹿間+水沢野田

桑名藩⇒八王子+室山+西日野+東日野+富田六郷+朝明郡地域

⑨長島藩⇒塩浜地域

紀州藩⇒泊

⑪忍藩⇒大矢知地域

⑫日永⇒幕府領+神戸藩

⑬寺方⇒津藩+久居藩

近世の身分 

天皇+皇族など

②公家身分

③武士身分

④百姓身分

⑤町人身分

⑥えた身分

⑦非人身分

⑧僧侶身分

⑨神官身分

被差別身分

えた・非人以外に説経・猿引

野ひにん

年貢の負担に耐えられないは百姓のケース。百姓が奉公先で行方不明のケース。犯罪行為で身分を落とされた者。

ささら

佐々羅や経本と記述。伴奏楽器が二種類あり。竹製の字と木製品の絵の字がある。

念仏踊りと獅子舞と大神楽を使用。

ささら身分とは?賎民身分の者。説教者である。伴奏として、ささら、木使い、社寺の縁起を語り、節分によって民衆を説くものである。

ささら語り

安寿姫と蔚子王はさんせう大夫である。石堂丸が刈萱堂の物語と摂津の四天王寺が非人関係のしんとく丸
と近江の山本権現関係の愛護の若と熊野の霊験語り小栗利家の昭手姫の物語が多かった。

鉢叩きは別名ヒサゴ叩きで鉢・鉢屋・鉢開きであり、京都では茶せんと称した。

空也上人の流れをくむ。放浪の念仏の集団に所属していた。僧形の鉢を叩き家々から酒福された。

理由は中世に一般民衆のため仏教寺院を供養しなかったので阿弥陀仏を唱えて死者の供養をした。

猿引は猿回しと猿飼いを伴い猿がさまざまな芸を演じて新春を祝ったり祝儀を得る芸能の民であった。中世の猿は神の使いであった。

馬教は母猿を飼育する職業で馬の病気を除去して猿を使用する呪術者とされた。

陰陽師は特殊な占い方法で国家社会個人も吉凶を占い呪術作法を行う術士とされた。

土御門家の安倍氏が有名である。

村落を遊行して民衆とため呪術的な加持祈祷占い祓いなど儀式を行い農作業の暦を頒布した。

舞太本は無々の中で一流の者の名称。願人は本来願人の意味。神仏への願掛けの代理人の願人坊の願人坊主の略語である。

江戸時代に門番⇒大道芸⇒道芸⇒僧

江戸時代2人1組に誕生仏を桶に入れて人々喜捨して人の代理として願掛け修行をした。

行人⇒行者と呼ばれて仏道の修行をした者。慰問をした者。

道心者は特定の寺院に所属しない道心坊と同じような仏法に帰依した者。

こぜ女⇒目に障害のある女性で2人から3人組で放浪して三味線を弾けて祝儀を得た者。

座頭⇒目に障害がある男性で針+灸+マッサージの仕事をした。

神事の舞は芸能文化で阿倉川村と桑名太夫村の太神楽は有名である。

平安時代度会郡多気郡③飯野郡の神三郡の伊勢神宮の神宮領土であった。

三重郡朝明郡の神官荘園で御厨と御国が設置された。

朝明郡で28カ所、三重郡で242ヵ所の御厨と御国ができた。




室町幕府の奉行衆

①朝倉氏⇒保々西城+中野城+市場城+茂福城

②海老名氏⇒下野山城

横瀬氏⇒広永城

本百姓は5人組は共同責任で村役人で5人組で統括して領主命令で年貢を取り立てて納入して農民を支配した。名主と組頭は本百姓の中で有力農民で世襲的な話し合いの選挙で領主の代官の承認を得る。百姓代は17世紀末に誕生した新しい村役人の小百姓の代表として村行政の監察の役目をした。名主は名字帯刀が許される高い格式を持つ村請制は有力農民が名主を支配する機構にくみこみ村単位で年貢を納入する義務を課して村にしばりつけて農民を支配した。

四日市被差別部落地域4地区の特徴は以下である。

赤堀地区・日永天白地域の都市部の2地域は旧東海道沿いの平野部の集落である。
保守農村の保々地区小牧地域と神前地区寺方集落は四日市市北西地域の山寒気候の農村集落である。
昭和9年度の人口調査

①小牧(保々地区)⇒55戸

②寺方(神前地区)⇒65戸

③赤堀(常盤地区)⇒41戸

④日永天白地区が11戸で最も小規模な集落である。

小牧地区及び寺方地域の特徴は①山寄りの地域である②農村地域である③地形地理は藁葺き農村型の家屋である。

赤堀地区及び日永地区の特徴は①現在は四日市の市街地の一部となっている②農家はわずか1軒から2軒である。草履作りと靴職人などを仕事としていた③藁葺きの家と町屋タイプの家が多い。

小牧村は三重郡保々村に所属。昭和32年四日市市に合併。四日市の市域の北西部。朝明川の河岸部の段上の丘の上にある地域である。4ヵ村で最北部の位置にある集落である。昭和9年の統計では戸数が55戸で人口が302人である。稲作と養蚕を主な生業とする農村であった。農業は自作農が2軒から3軒であった。9割以上が小作農であった。稲作面積は15町。平均耕作面積は4反程度である。養蚕が盛んで草履作りと伊勢オモテの製造を小牧村の村民の現金収入となっていた重要な仕事であった。女性の副業的な仕事にもなっていた。大部分の男性は生計が不十分で村外へ日雇い労働に行っていた。戦後呉服商と下駄の行商に行っていた。女性は小学校卒業後に紡績工場で働いていた。檀家寺はいなべ市東員町真宗高田派の大雲寺であったが明治時代から大正期に保々村内の浄土真宗本願寺円覚寺に移管した。享保3年に再建された天台宗真道寺が応仁元年に蓮如に帰依して初代住職の円覚が改宗して浄土真宗の寺となった。氏神神明社明治41年に殖栗神社に合祀された。祭神は殖栗連と天照大神延喜式内社で明治時代の1村1社政策から村内各所の神社が統合された。

寺方村は旧三重郡神前村所属で昭和29年に四日市市に合併。昭和9年度の統計。戸数65戸。人口282人で4ヵ村で最も戸数が多い村で小牧村と同じ農村地帯の部落である。

耕作面積は11町で平均耕作面積は4戸から5戸である。

村内に大地主あり。半数が小作人で土地を借りて農業をしていた。牛殺害畜産場があり畜産が盛んである。男性は日雇い労働と出稼ぎ労働をしていて、女性は草履製造と内職の仕事をしていた。

明治初期に村内に共同畜産牧場が誕生して家畜殺戮業者・肉販売・化製業者が多い。明治42年三重郡神前村営畜産牧場へと発展解消した。仕事を四日市港の土木労働者・瓦屋・万古焼職人であった・檀家寺は赤堀地区と同じ常盤村の誓元寺である。氏神は4ヵ村で唯一独自の氏神の高角神田天白神社である。江戸時代から嘉村独自の氏神であった。高角神田天白神社の祭神は天照大神と大山祇尊である。白山社の名称が明治22年に現在の社名となった。氏子は寺方村民78世帯で構成される。近隣の区画整理事業で景観が一変した。
日永村は旧三重郡所属で四日市市域の南東部の旧東海道に近接する都市型部落の集落を形成している。

昭和9年の統計では戸数12戸で人口が89人である。日永村の近くに天白川が流れていたので水害に悩まされていた。大正12年+昭和46年+昭和47年+昭和49年に天白川が決壊した。赤堀村とは鹿化川を挟んで至近距離にある。

日永村と赤堀地域の共通点

①低湿地に家屋が密集していた事

②ほとんどが農業以外の生業に依存していた事

昭和16年の同年に四日市市に合併した事

④赤堀村とは麻裏草履の製造を通して常に交通と交流があった事。

戦中に日永村が15戸から16戸だった頃に自己所有の家は5戸で他の10戸は村外の地主の借地を坪50銭程度の借地料で借りていた。農業は1軒のみで耕地面積は5反から6反程度であった。

戦前は全員が勤めに出ていた。

具体的な仕事内容
①下駄+靴+コウモリ傘の修理
②港湾労働者として出稼ぎで生計を立てていた。
女性は家でオモテ作りをして⇒出来上がったオモテを赤堀村の草履製造業者の所へ持って行き賃仕事としていた。赤堀村とは深い交流があり冠婚葬祭では村中が総出となった。昭和30年代まで全員が朝まで通夜をしていた。人口は自然増加していた。増山英一をリーダーに部落解放運動があった。宗教の仏教は真宗高田派織田信長豊臣秀吉徳川家康の保護を受けて真宗高田派から改宗した。神社は大宮神明社四日市南高校付近の岡山付近にあり船付明神と名乗っていた。永禄5年=1562年に現在地に移転して江戸時代に神戸藩主本多家の崇敬を受けていた。摂社は桂大神社で古来から病気平穏の神とされて信仰されていた。氏子は大瀬古町+天白町+中元町の560戸である。

公明党さきがけ環境政党の平成キリスト女性の平成イタリア人口理論の天ぷら店

執着を手放す方法は煩悩執着こだわらない思考でどうでも良いと思う。創価学会員で立憲民主党支持者やキリスト教徒及び天理教信者で公明党支持者で固定概念を消す思考になる呪いあり。⇒平成イタリア人口理論と産婦人科キリスト不倫思想から学ぶ仏教理論について
第1論文①北勢四十八家と赤堀部落民思想の三重県地域家系研究論
⇒富田六郷思考とドイツ哲学思考の田村寺の寺院仏教思想の研究
⇒仏教論文
⇒老人仏教愛で生きる老人仏教思想である。老人の老いる心で生きるのが仏教思想である。
⇒仏教心理学の思想
⇒色男女の現実世界の男女の事実仏教⇒感情女性器を見る心⇒動物性欲の煩悩怒りの心⇒思う心の思想仏教⇒思考の心⇒人生の仏教行為⇒認識の知る心⇒認知仏教思考の魂⇒心の本音の正直仏教思想
⇒人間の心の錯覚が現実になる。心の外に「もの」はない人間の心の中に仏がいる。人間の無意識仏教思考の南無無意識思考と仏教愛思想である。大乗仏教の考え方の基礎は、この世界のすべての物事縁起である心の関係性の心の科学現象で成立しているものと考える。唯識説は心の科学説を補完して、心の心理学現象を人が認識しているだけであり、心の外の現実世界に事物的な存在や事実確認された現実的な物質はないと考える。心に実体が無い心は仏教変化する。苦しみや悩みは自分の心が原因である。汚れた心が怒りや煩悩悩みや心の苦しみ病気となる。仏教理論で「唯識無境」て呼ばれている。「境」は心の外の世界である。'''唯識所変の境'''(外界の物事は心の認識確認の識によって仏教変化する。心は固定されず心に実体が無い仏教物理学では心は仏教変化する)という。また一人一人の人間は、それぞれの心の奥底の仏教では「わたし」自我がないと考える。自分の心の自我が煩悩である心の苦しみとなる。自我で自分の心が苦しみ病気の心の煩悩になる。自我の自分の心が苦しみや悩みの原因である煩悩になる。自我である自分の心は錯覚であり幻覚である。自分の主観や世界観の錯覚である。西洋哲学に「我思う故に我在り」というデカルト哲学の言葉があるが、仏教から見れば間違った思考である。自分の心の病気の煩悩にとらわれて真理が理解できない状態、仏教の言葉でいう「無知」である自分中心の主観主義や自分中心主義の心になる。しっかり認識する仏になる悟る。
⇒しっかり認識する思考する訓練で成仏して釈迦になる。各人の人生の仏教行為の人生行為の業(カルマ人生行為)が生み出した「業界」個人の世界観に各人が住んでいると説くブッダ釈迦の仏教愛の思想である。仏教は心の画家の宗教である。現実は心の画家の自分の心が原因である。自分が心の画家で現実は自分の心が原因である。この世は自分の心の世界である。
⇒世界観が現実になる。自分の心の中の仏教条件が形になる現実になる。人間の心の中の仏教条件が現実になる。世界観がセクハラ被害者の女性と痴漢被害者の女性とストーカ殺人被害者の女性の心の世界観である。世界観が振り込め詐欺被害者の老人の心の世界観が現実になる仏教思想の呪いがあり、この世は幻覚の世界観である。心の画家の自分が現実を作る思考が仏教愛の思想である。現実は自分の心が原因とするのが仏教愛の思想である。
⇒聖書の男女哲学思想について述べる。
⇒聖書の男女哲学思想⇒共同女性器社会⇒共同女性器社会で保存する心⇒保存する心⇒男性が聖書の男女思考で子孫を保存する心になる⇒男性道徳思想の儒教になる。
プロテスタント教会キリスト教徒はドイツ哲学仏教愛のキリスト仏教愛を唱えるキリスト教思想のドイツ系左派である。イタリア女性芸術思想の裸婦像イブのキリスト女性器思想がカトリック教会のキリスト教徒である。ナポレオン産婦人科不倫思想がカトリック教会のキリスト教徒である。ルター教会がナチスドイツヒトラー思考の仏教悪魔のプロテスタント思想及びドイツ哲学者になった。
⇒仏教愛は心の統合で誕生する。仏教思想は心を原因とする心の統合病院である。ナチスドイツヒトラー思考は心に有害な思想である。
⇒不倫否定は固定概念とする思想である。自分の心の中の仏教条件が形になる現実になる。人間の心の中の仏教条件が現実になる。自由男女思想の仏教愛の自由肉体的な男女行為をする聖書の男女哲学がある。男女の自由不倫仏教であるのが仏教愛の思想である。不倫合法化の自由男女思想やわいろ合法化など仏教は自由思想である。仏教愛の思想は固定概念はこだわりが無い自由裸婦像イブの自由思想である。上野千鶴子女性差別に対する本人の怒りや士農工商部落問題も固定概念であり、怒りや煩悩の恐怖の不安思想である。
⇒名古屋徳川宗春理論の不良タバコ人間の娯楽文化のアベノミクス思考は産業育成政策であり名古屋徳川宗春理論の安倍晋三内閣時代である。名古屋徳川宗春理論の仏教確認思想と社会調査活動の仏教愛の経済思想である。名古屋徳川宗春理論では日本共産党左翼仏教徒東京地検特捜部が経営者や大富豪を逮捕すると怖くて委縮して経済活動が自由にできない経済活動阻害の問題がある。イオン岡田大規模店舗スーパーの名古屋商業化社会は名古屋徳川宗春理論の仏教愛思考の経済仏教愛思想である。農業や紡績毛糸産業は国家の基本産業である。紀伊藩の林業やミカン栽培農家の和歌山県は農業の基本産業地域である。国家の基本産業衰退が少子化の要因である。
アベノミクス思考の安倍晋三内閣は名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化である。名古屋徳川宗春理論は女性を守る性犯罪警察思考の仏教愛の思想である。アベノミクス安倍内閣の時代は名古屋徳川宗春理論で丸亀製麺のうどん店会社方式の国家経営者の時代であった。仏教悪魔の思想がナチスドイツヒトラー思考の仏教である。仏教悪魔の怒りや健康ストレスは長生きしない。仏教愛の思想は心の原因を研究する心の健康病院である。
⇒キリスト女性器思考のキリスト女性愛の幸福思想になる。イスラム教徒の経済思想は天文学占星術の科学思想であり数学思考で考えるイスラム教徒の宗教思想がある。産婦人科ナポレオン不倫行為のキリスト女性の女性愛であるキリスト教は女性愛の理想論である。本音の潜在意識が仏の愛である。自然法と大正法で仏教変化する自然仏教で室町仏教ルネサンス文化になる。仏教はこの世の法則を見つける学問である。仏教は世界人類の法則を発見する学問である。
自然法支配の男女の自然社会があり大正法が自然仏教を否定している。人間の心の本音の無意識が仏教思想である。仏教愛の思想は人生は自然仏教であり男女の自然社会の自然物理学思考である。
⇒潜在意識の一番奥に本音がある。仏教愛の思想はこの世は自然仏教の物理運動の人間行為がある自然物理学である。女性器を見る動物的感情が怒りや仏教悪魔の煩悩思想になる。
⇒男女の色現実世界の物的事実と精神事実があるが精神的な事実が現実になる。心理的な精神仏教の事実が現実になる。人生は死んではかない南無歯無仏教思想である。無意識の精神的な事実である。人間は死んで肉体が滅ぶ南無歯無仏教思想である。
⇒立場仏教を信じている心の錯覚がある。仏教思想では人それぞれの個人の主観がある。個人主義者の煩悩があるそれぞれ個人の仏教正義論がある。心に思った事が現実になる人生や世の中は錯覚である。心に思う仏教認識する精神的事実が現実になる。精神的事実が仏教の五蘊の精神物質の現実である。
⇒死んで消える自殺仏教徒の釈迦ヒトラーの心が仏教思想である。老いる苦しみで老人になり消える過去を思う仏教思想である。心すっきりの仏教愛の思想である。
⇒人生は苦しみが多いので苦しみを消す仏教愛の思想である。苦しみは心が原因である。苦しみは自分の心が原因であるので性欲仏教悪魔を消す快楽人生になる仏教愛の思想である。苦しみの原因は動物性欲と自分の悪い心が原因である。
⇒色男女の現実世界を見た女性器感情は性欲の怒りになる。性欲の怒りの動物感情が煩悩の心になる。怒りの煩悩の心は動物思考になり動物思考の暴力怒りの心を真言宗護摩修行で消す仏教愛の幸福思想である。動物的感情で過去で日本国内で麻薬合法化の議論で堀江貴文ホリエモン麻薬中毒者なら仏教を信じぬ動物煩悩の悪い仏教悪魔の思考である。心にあると思うと存在する。心にあると思うと現実になる。
⇒仏教は物理運動の法則である。この世の心の物理運動の仏教世界である。仏教は真実を知る教えが仏教愛の思想である。色男女の現実世界で女性器を見る男性の性欲の心は動物思考の煩悩になる。煩悩の動物思考の性欲は怒りの暴力男性になる。この世は心の映画館である。世界は自分の心の色である。この世は自分の心が原因である。人生は自分の心が原因である。心にあると思うと現実になる仏教愛の思想である。女愛キリストと仏の愛の仏教愛思想である。正義仏教論で正しく見る。
⇒色男女の現実世界がある⇒色受思想の事実仏教思想⇒思う仏教思想で心に思う⇒行為行で心に決める⇒認識の知る心の仏教五蘊思想である。
⇒心の中に仏がいる知る心の仏教思想である。知学の知る心の仏教思想のイタリア女性芸術色になるキリスト教の幸福女性思想である。
⇒名古屋徳川宗春理論の適材適所の活用社会の仏教思想である。名古屋徳川宗春理論は不倫やわいろ合法化のタバコ合法化の寛容仏教愛である。名古屋徳川宗春理論は適材適所の活用社会にする元気産業国家日本にする思想である。元気産業で適材適所の活用社会の名古屋徳川宗春理論者である。名古屋徳川宗春理論の寛容社会で元気産業国家にする思想である。名古屋徳川宗春理論の仏教愛の思想である。
⇒キリスト女性の社会幸福思想である。女愛キリストと仏教愛になるキリスト平等主義の孫文思想である。仏教福祉思想はキリスト平等福祉が必要である平等福祉愛が社会の幸福思想である。
⇒経済論文「失われた30年」の主な日本のデータをまとめる。

経済について述べる。
⇒実質経済成長率が長期にわたり低迷している[21]。名目国内総生産GDP)は1990-2020年の間で日本1.5倍増に対し米国3.5倍増、中国37倍増、ドイツ2.3倍増[22]。
一人あたりGDPは1995年には3位だったが、2010年代後半にはOECD平均~以下程度まで落ちた[23]。また2023年には名目国内総生産GDP)についてもドイツに次ぐ4位に転落した。
金利が低迷した。
企業について述べる。
⇒日本企業が世界時価総額ランキング上位に入らなくなった[24]。その代わり2020年代には、アメリカや中国や台湾のIT企業が上位に入るようになった(en:list of public corporations by market capitalizationを参照)。
ハイテク産業
世界半導体市場で、日本メーカーが占める比率は平成元年に5割超だったが、これが令和元年の時点では6%まで落ちた[25](日米半導体協定を参照)。
1980年代に3~4割だったテレビ受像機の世界シェアが、2005年には14%となった[26]。
ソーラーパネルの先駆者だった日本メーカーが、2015年にはトップ10から消えた[27]。
携帯電話・スマートフォンは、2010年代に大半のメーカーが撤退した[28][29]。
社会
人口ボーナス期が終了して、人口オーナス期が始まった。
少子高齢化が進行し、人口減少社会が始まった。
遅くとも2015年までに高速道路網がほぼ完成する予定であったが、公共事業の削減により実現せず[30]。
一貫して低下していたエンゲル係数が2005(平成17)年から上昇に転じた。
政治
消費税率が引き上げられた。
租税・社会保障負担率が上昇し、平成の30年間に20.6%から25.7%に上昇した[31]。

⇒富田六郷記述の参考文献について

 増補富田をさぐる(中日新聞生川新聞店発行)11頁
^ a b c d 町村分合取調書
^ 水産事項特別調査
^ a b c d 元禄郷帳・天保郷帳
^ a b c d e 慶安元年郷帳・元禄郷帳
^ a b c d e 天保郷帳・旧高旧領
^ a b c d e f 桑名御領分郷村案内帳
^ 三重県行政文書
^ 勢陽五鈴遺響
^ 富田をさぐる
^ 微発物件一覧表
^ 天保枝郷・旧高旧領
^ 今堀日吉神社文書
^ 慶安元年郷帳・元禄郷帳・天保郷帳・旧高旧帳
^ 慶安元年郷帳・元禄郷帳・天保郷帳・旧高旧領
^ 三重県神社誌384頁~385頁
⇒富田六郷関係の参考文献
三重県神社誌』
『地方発達史とこの人物三重県
四日市市史』(第18巻・通史編・近代)
『ふるさと富田』(四日市市富田地区の文化財保存会が執筆した郷土史の本)
四日市市富洲原小学校創立100周年記念誌』1976年(昭和51年)出版
『増補富田をさぐる』(中日新聞生川新聞店発行)

Ⅰ田村寺は、三重県四日市市西富田靖国思想の世界観では大日本帝国死者の軍国寺院である。
四日市市大矢知地区富洲原地域にある昭和思想の令和軍国死者寺院である。大日本帝国靖国寺院思想の南無宝地蔵菩薩を信仰する寺院である。僧侶の田村家が管理する真言宗の寺院である。
大日本帝国先祖思想の真言宗醍醐派の仏教寺院。山号弘法山(こうぼうさん)。本尊は弘法大師。富田六郷は桑名藩領の江戸時代に朝明郡の漁村地域の共同体である。
①仏教愛の思想について述べる。
室町幕府が鎌倉仏教思想の全国の禅宗を組織した。室町幕府京都五山鎌倉五山の仏教寺院制度を創設した。北山文化禅宗は心を止める修行である。室町時代禅宗仏教は精神集中と心の停止思考である。仏教は心の停止思考である。
禅宗は精神集中と問答の繰り返しの思考訓練で釈迦になる精神訓練の仏教思考である。精神集中で悟る仏教である。禅宗は心を静めて心を無にする修行をする。足利義満金閣寺仏教思想は禅宗である。禅宗は心を止める修行である。心を安定させて精神集中するのが禅宗の修行方法である。心の怒りや煩悩がある迷いの心を浄化して自分と向き合う精神安定訓練の仏教修行方法である。自我の心を形成する精神集中訓練の仏教修行方法となっている。
⇒座禅は歩きながらや寝ながらできるが座る座禅が主流である。呼吸は丹田を意識した腹式呼吸をする。禅定で心の乱れ精神不安状態から精神安定状態となり開放された心になり妄想が無い人間本来の心になる禅宗の修行方法である。主な修行形態として坐禅を採用するのは、達磨大師坐禅の法を伝えたとする以外にも、古来より多くの諸仏が坐禅によって悟りを開いてきたからであるとされる。
⇒最近は、坐禅によってセロトニン神経が活性化され鍛えられることや、通常とは異なる独特なアルファ波が発生することが、精神的安定や心身の健康の一因であるという生理学教授[注釈 13]もいる。 室町時代禅宗仏教は精神集中と心の停止思考である。日常の生活や仏教態度が禅宗の禅修行とされている。書院建築物の金閣寺及び銀閣寺の禅文化や造園及び水墨画茶の湯や能など室町ルネサンス仏教となった。
⇒禅修行で心を止めて心を無にする修行の室町ルネサンス文化は禅宗の文化思想である。仏教は心の停止思考である。禅宗は心の停止思考である。東山禅宗思想の足利義政による禅宗文化は室町時代ルネサンス社会の仏教愛思想である。令和室町時代の令和5年の室町文化禅宗の心を止める修行の精神安定仏教思想の時代である。禅宗の精神安定仏教思想の令和の室町仏教思想である。令和の室町ルネサンス文化の令和5年の令和室町時代である。感情論怒りの煩悩より真実を悟る仏教徒である。
⇒仏教の禅宗は心を停止する心の修行である。
⇒①仏教愛の思想と令和時代史について述べる。
⇒令和奈良コロナウイルス時代と令和四日市公害コロナウイルス仏教の令和元年から2020年である。令和元年から令和5年の令和奈良仏教社会である。令和3年は男女平等キリスト思考の聖書の男女の哲学思考の時代である。令和3年は男女平等キリスト思考の東京オリンピックキリスト女性器時代である。男女の哲学思想の聖書キリスト女性の時代である。令和6年は令和平安貴族時代とナポレオン産婦人科時代である。令和4年の令和鎌倉安倍晋三暗殺時代である。韓国人の安重根仏教の怒りの心の煩悩が消えた令和4年7月8日安倍晋三暗殺時代である。
⇒感情論の怒りの心は煩悩である。感情論の怒りの心は動物思考である。怒りの心の煩悩は動物思考である。感情論は動物思考である。仏教愛の思想は精神仏教の苦しみと世界観である。仏教愛は認識思考世界観の愛情である。仏教思想は世界観の違いと個人の立場の世界観の思想である。
⇒人間関係と運勢の占星術の物理運動である。この世は占星術の物理運動である。運勢は占星術の物理運動である。
②仏教五蘊の構造について述べる。
⇒色世界の現実世界がある。色男女の現実世界がある⇒現実世界の動物思考を受信して怒りの心になる。怒りの心の動物思考になる。色男女を女性器として見るが怒り煩悩の心になる。怒りの心の動物思考になる。動物思考の力で思い裸婦像イブの心を想像する。イメージ裸婦像イブの心になる⇒思考行為になり認識する心になる。仏教は個人の心の苦しみを解決する心の科学である。心が原因とする仏教愛の思想は人生の苦しみ研究の宗教である。女性快楽の男性医師的な世界観がキリスト女性の女性愛である。
③田村寺院の南無宝地蔵菩薩を信仰する寺院について述べる。
⇒僧侶田村家の寺院であり、西富田地区及び松原村に残る聖武天皇社の伝承の一つとして、聖武天皇が朝明行宮を営まれたおり、村長(むらおさ)の手厚いもてなしを喜ばれ、長の由緒ある「田村」姓を賜ったといわれ、この地区に多い「田村」姓の起こりといわれている。
⇒田村寺の寺院は成人病治療の病気信仰がある寺院の世界観がある。中風治療の無病息災の信仰者がいて、交通安全及び復縁祈祷や先祖供養の仏教行事を実施している。仏教は心の科学である。人生の苦しみは自分の世界観と自分の心が原因である。
徳川宗春の名言は「慈悲慈愛の心を養うことこそ、第一の学問である」の仏教愛である。
④仏教の世界観は武田信玄思想の安全仏教信仰であり人生安全思想である。
産婦人科男性医師の内診はキリスト医療行為である。産婦人科男性医師のキリスト女性器不倫関係のキリスト医療行為はナポレオン不倫である。キリスト医療のナポレオン不倫行為はキリスト女性愛の幸福思想になる。産婦人科女性医師の診察はナチスドイツヒトラー思考の仏教医療である。日本共産党の仏教思想はナチスドイツヒトラー思考であり、ナチスドイツヒトラー思考の仏教正義論の危険性がある。名古屋徳川宗春理論の仏教愛の思想がある。東京地検特捜部仏教は警察権力の暴力思想である。日本共産党の仏教思想はナチスドイツヒトラー思考である。ナチスドイツヒトラー思考の仏教正義論的な他人を悪く言う仏教悪魔がいる。1999年恐怖の悪口社会の仏教思想は殺人思考になる危険性がある。23歳の厄年でアダム労働者の男性文化が形成される。42歳の厄年は人生半分で仏教思想者になった方が良い。60歳の厄年は人生9割の仏教思想の苦しみの老人になる。42歳の厄年から60歳までの期間に老人仏教思想の高齢者になる。ドイツ哲学思考では男女の苦しみは人類の苦しみである。ドイツ哲学思考では男女の苦しみと時間の苦しみは1999年恐怖の世界観である。男女のアダム労働者の苦しみと男性文化の苦しみは人類の苦しみである。女性差別の苦しみと裸婦像イブの苦しみは人類の苦しみである。不安の苦しみと存在の苦しみは精神仏教の苦しみである。お金の苦しみと暴力の苦しみは文明の苦しみである。
➄戦後体制について述べる。

⇒戦後日本は国際的には終始アメリカを筆頭とする西側諸国(自由主義陣営)に属し、日米安全保障条約に基づく同盟国としてソ連を筆頭とする東側諸国(社会主義陣営)に対抗して、冷戦期を乗り切ることができた。政治体制・外交関係・経済構造・家族制度が太平洋戦争が終結を境に大きく変化してドイツ式工業国家や公害物理学思考の日本人となった。歴史学的には戦前は近代に、戦後は現代に属するとされる。ナチスドイツヒトラー思考の仏教障害者中絶差別国家から産婦人科ナポレオン不倫のキリスト女性の女性愛思想の平成ナポレオン消費税国家となった。戦前の国家体制は大日本帝国憲法下であり天皇主権体制の時代だった。戦後は日本国憲法と冷戦下にあって、国民主権体制と日米安保条約体制の時代となった。1956年(昭和31年)に経済企画庁の『経済白書』が「もはや戦後ではない」と述べて、流行語となった。ただし、文化的・経済的には戦前と戦後の連続性も少なからずあり、むしろ戦時体制の時期と高度経済成長期による変化も大きい。高度経済成長に伴い多くの伝統的な日本文化が変容を余儀なくされた。昭和後期にはハイカルチャー教養主義的権威も緩やかに解体に向かい、商業的な昭和文化や大衆文化が隆盛を極める。[2]。昭和初期に天皇を釈迦の上の位置仏教の宗教機関とする皇道仏教を信じていた大日本帝国軍人の信仰心があった寺院。南無宝地蔵菩薩を信仰する富洲原地域の護国寺院である。昭和20年の大日本帝国軍人の高野山海軍航空隊の戦勝祈願品が保存されている
 第2論文⇒平成イタリア人口理論と産婦人科キリスト不倫思想から学ぶ仏教理論について
⇒赤堀氏の参考文献について述べる。
四日市市史の第18巻の通史編古代中世
四日市もっと知りたい検定
海蔵小誌
脚注
[脚注の使い方]
^ 『四日市市史・第16巻・通史編・古代~中世』490頁
^ 『四日市もっと知りたい検定』149頁
^ 『四日市市史・第16巻・通史編・古代~中世』491頁
^ 『四日市市史・第16巻・通史編・古代~中世』495頁
^ 『四日市市史・第16巻・通史編・古代~中世』494頁
^ 『四日市市史・第16巻・通史編・古代~中世』496頁
^ 『四日市市史・第16巻・通史編・古代~中世』500頁
^ 『四日市市史・第16巻・通史編・古代~中世』501頁
^ 『四日市市立浜田小学校百年記念誌』3頁
^ 『四日市市史・第16巻・通史編・古代~中世』502頁
^ 『四日市市史・第16巻・通史編・古代~中世』503頁
^ 『赤堀城跡』1頁~2頁。発行は四日市市教育委員会埋蔵文化財調査報告16
^ 「三重郡赤堀村の字城西城東新三郎縄」の地籍図
^ 四日市市常磐小学校100周年記念誌80頁
^ 四日市市常磐小学校100周年記念誌79頁

⇒北勢四十八家と赤堀部落民及び富田六郷思考とドイツ哲学思考の田村寺の寺院仏教思想の研究論文
⇒配給社会主義者日本共産党ソ連国鉄右派がいる。日本共産党ソ連国鉄右派とドイツ系左派の日本共産党左派がいる。ソ連国鉄右派とドイツ系左派思想の日本共産党左派がいる。
⇒ドイツ系左派の仏教福祉思想がある。
⇒ドイツ哲学思考の苦しみは男女の苦しみと時間の苦しみである。人類の苦しみである。精神仏教の苦しみとして不安の苦しみと存在の苦しみがある。お金の苦しみと暴力の苦しみの文明の苦しみがある。
⇒キリスト女性愛と民社友愛思想の社会党右派と民社党組織のキリスト教徒がいる。社会党右派組織のキリスト教思想とマルクス労働男性思考の社会党左派労組政党組織がある。
第2論文⇒平成イタリア人口理論と産婦人科キリスト不倫思想から学ぶ仏教理論について
①朝明地域とは?

⇒伊勢湾の富田浜の海水浴場の四日市港地域から朝日が明ける朝明の太陽地域がある。朝明郡の川越町の高松海岸から富田浜海水浴場までの朝日が昇る伊勢湾地域が朝明である。太陽の朝日が大量に浴びて朝日が広がる土地が朝明平野である。朝日が広がる土地⇒朝明地域である。富田六郷の朝明川の広がる地域が朝明地域で富田六郷のヤマトタケル日本武尊朝日軍神の男性力の武勇の白鳥の聖地である。

愛知県あま郡蟹江町の名字に蟹江氏があり鈴鹿地域の稲生城主、稲生家の末裔を名乗っている。

戦国時代の北勢地域の桑名江場に江場城があり、佐藤杢之助秀勝(さとうもくのすけひでかつ)が支配して城を守備して江場地域が統治下だった。  織田氏の伊勢北畠氏征伐の時に、佐藤杢之助秀勝は、信長に服属していたが結局桑名の江場地域から追放される。朝明地域の大日本帝国時代の郷土史を信仰する寺院が田村寺である。川越地内に鉄道が開通した時代の仏教正論研究から昭和軍国寺院の大日本帝国時代を述べる。それ以前は1894年(明治27年)に開通した関西鉄道(後の国鉄関西本線)の三重郡富田町の富田駅が最寄駅であった。川越村の中心地域から3km以上の距離があり、川越村民の利用は少なかった。四日市の地域区分の正確表現について述べる。四日市地域の地域区分について正確な地域区分の表記をする。四日市市南部地域及び中部地域は公害物理学の四日市港湾の港地区である。四日市市北部及び川越町と朝日町の三重郡地域は富田朝明地域である。四日市西部及び菰野町は三滝菰野地域である。日露戦争日中戦争、太平洋戦争などの対外戦争があった大日本帝国時代の兵士の出征には川越村民は富田駅まで歩いて行列を作った。大正時代の伊勢電気鉄道社長に川越村の豊田一色区出身の大塚寛太郎が就任した事も川越駅の建設を推進した要因である。
第2論文⇒平成イタリア人口理論と産婦人科キリスト不倫思想から学ぶ仏教理論について
 四日市市の男女比

明治時代から昭和戦後期の紡績工場で働く女工労働者の流入若い女性人口が多い繊維都市の四日市市から⇒石油化学工場がある四日市コンビナートがある工業都市となった。男性の独身の工場労働者の流入で2018年時点の平成末期の平成30年についに男性人口の方が女性総人口より多くなった。四日市消防思想の都市計画構想として四日市港湾地域担当の四日市港消防署を創設する。富田朝明地域担当の富田朝明消防署と西部都市団地担当の四日市三滝消防署の3区分の消防署体制とする。
②川越町について
⇒川越町の多い苗字の早川家+水越家+駒田家+山下家など血縁で住んでいる同じ苗字の一族が川越村の保守層である。先祖代々一族で川越地域に住む保守層の元農民の農家の子孫が同じ苗字の住民で閉鎖的村社会が川越町である⇒朝日町の新興住宅地の団地住民などの新しい街の若者の夢や富田富洲原の伝統的な下町の古い市街地の神仏の地域共同体がない外部から来た住民が不自然に無計画に住宅を建設する。低学歴的な家庭などが流入してくる不良の教育問題がある⇒川越町の行政は図書館など大型ハコモノ施設たくさん建設している。
三重郡ニュータウン
⇒朝日町の若い世代に人気の新しい団地や菰野町がリニア四日市の新幹線の駅でニュータウンになるかもの地域予測がある。

伊勢電気鉄道は桑名駅(停車場)→益生駅(停車場)→町屋駅(停留場)→伊勢朝日駅(停留場)→川越駅(停留場)→富洲原駅(停車場)→西富田駅(停車場)→霞ヶ浦駅(臨時停留場)→羽津駅(停車場)→阿倉川駅(停車場)→川原町駅(停留場)→西町駅(停留場)→諏訪駅(停車場)→四日市駅(停車場)となっていた[1]。
 
 
第3論文⇒平成イタリア人口理論と産婦人科キリスト不倫思想から学ぶ仏教理論について述べる。赤堀部落民富田六郷思考とドイツ哲学思考の田村寺の寺院仏教思想の研究論文
⇒ドイツ哲学思考の仏教苦しみは男女の苦しみと時間の苦しみの人類の苦しみである。精神仏教の苦しみとして不安の苦しみと存在の苦しみの精神仏教の苦しみがある。お金の苦しみと暴力の苦しみの文明の苦しみがある。
⇒聖書は男女哲学思想である。中華孫文思想のキリスト教憲法は男女のキリスト仏教愛とキリスト平等主義と社会の幸福である。産婦人科の男性医師はキリスト教の無償の愛である。日本は聖書実験国家で朝鮮民族は仏教実験国家である。聖書の男女哲学思想は平成イタリア社会の平成キリスト女性のキリスト思考となった。男性工業社会の戦後日本はドイツ式工業国家が経済思想になっていた。女性商業社会で活躍する女性イタリア経済国家思想の平成フランス消費税国家となった。
イスラム教は一夫多妻女性福祉思想の宗教である。産婦人科女性ナポレオン不倫の性欲仏教悪魔に絶対勝つイスラム教徒である。イスラム教男性器支配のイスラム教女性の女性器出産シーンがある。アラビア商人がイスラム教経済学になる。男性器思考の軍事宗教と砂漠文化のイスラム教である。鳥取砂丘及び出雲神社の鳥取島根連合王国の文化は日本イスラム教徒である。イスラムの金融銀行の貸し借り禁止の心があるイスラム教徒である。イスラム教は金持ちが貧者への寄付をして未亡人救済の一夫多妻など貧困救済の経済宗教である。イスラム教は一夫多妻女性福祉思想の戒律宗教である。イスラム教は一夫多妻女性福祉の宗教思想である。イスラム教徒は砂漠世界観である。イスラム教は一夫多妻女性福祉の砂漠世界観である。イスラム教徒は戒律宗教を信じる人である。イスラム教は靖国神社思想と同じ軍事宗教である。
日本共産党左翼仏教徒日本共産党ソ連国鉄右派と日本共産党のドイツ系左派思想の左翼がいる。キリスト女性思想の友愛キリスト社会党右派とマルクス思想労組組織の日本社会党左派がいる。
創価学会公明党新党さきがけ公明党環境政党四日市公害物理学国家の共産党右派である。創価学会公明党やさきがけ公明党環境政党日本共産党を除名された四日市公害系市民団体の右派である。
聖書実験国家の平成イタリア社会の平成キリスト女性がいるので少子化思考のイタリア女性芸術文化となった。男性は秋田県的農業社会の価値観がある。女性は東京首都圏の商業社会の価値観がある。ドイツ式工業国家が男性経済社会である。イタリア女性芸術経済の商業国家が平成キリスト女性の平成イタリア経済社会である。伊勢キリスト女性器思想と熱田男性器思想の神社思想がある。出雲男性器神社思想と伊勢キリスト女性器思想の神社がある。部落差別思想には戦国時代の仏教徒の煩悩に苦しみがある。戦国時代の殺戮に苦しめれた仏教徒の悪い心と差別感情がある。オウム真理教水俣病仏教悪魔であり、水俣病患者の煩悩の苦しみから誕生した水俣病公害思考の仏教徒である。戦後の公害仏教思考の煩悩である。煩悩が消えたら人生の苦しみや悩みが消える。煩悩が消えたら心の苦しみが消える。仏教がドイツ哲学思考からイタリア女性芸術思想になったのがキリスト教である。
第3論文⇒平成イタリア人口理論と産婦人科キリスト不倫思想から学ぶ仏教理論について述べる。
⇒悪人罪悪感がある仏教徒キリスト教徒になる。仏教悪魔の心や煩悩が消えた仏教徒がキリスト女性の女性愛であるキリスト教徒である。部落差別思想には戦国時代の武士殺戮の殺害穢思想がある。インド占星術の物理学で身分差別思考と仏教悪魔の煩悩が江戸時代の士農工商の仏教思想となった。仏教は生まれ変わりの輪廻論理やインド占星術思想である。仏教は煩悩の自分中心の欲望であり欲望人間の悪い思考である。仏教の煩悩の悪い心で形成された身分差別がブッダ思想となっている。仏教はインド占星術物理学で身分差別や女性差別をする宗教法人となっている。戦国時代から江戸時代の身分差別否定の士農工商キリスト教思想である。女性差別の仏教煩悩の否定や身分差別否定のキリスト女性の女性愛である。部落差別思想に仏教の煩悩がある。煩悩は仏教悪魔の心になる。煩悩は仏教徒の悪魔の苦しみや悩みの悪い心である。部落差別思想には女性の生理出産の血の穢れの女性差別思想がある。部落差別思想には戦国時代の負け組武士への差別感情がある。畜産仏教徒への穢れ思想があり畜産身分者や戦国時代負け組武士への懲罰差別思想がある。被差別部落民は武士以外の警察予備隊である。被差別部落民は町人階級など庶民犯罪者の死刑執行の刑務官であった。死刑執行官の被差別部落民が庶民から憎悪で差別されていた身分構造である。明治生まれ大正生まれの家制度思考世代の老人が死亡した平成末期に被差別部落民への差別仏教問題が解決された。被差別部落民への差別問題が解決された平成イタリア社会の仏教煩悩を消すキリスト思考の助けがある。平成末期から令和初期には家制度世代の差別老人による仏教煩悩が消えた。部落問題解決の原動力となった平成イタリア社会の平成キリスト女性文化である。神社はのび太ドラえもん道具助けの宗教行為だが仏教はドラえもん主人公ののび太の仏教努力で好成績の宗教である。戦後日本人は平成イタリア社会の平成キリスト女性思考の民族で聖書実験国家の東ユダヤ人である。朝鮮民族は日本植民地化と1999年恐怖のキリスト両班文化の仏教実験国家である。
第4論文⇒四日市の地域区分について述べる。
四日市市は以下の3つの地域に区分される。
四日市市南部地域と四日市市北部地域と四日市市西部地域である。
四日市市南部は塩浜地区を中心とする南部地域(工業地域)と中部地区など四日市市街がある中部地域(商業地域)に地域区分される。
四日市市南部の塩浜地区は革新勢力である日本社会党が強くて、四日市北部(漁村)と四日市西部(農村)は保守勢力である自由民主党が強くて自由民主党と革新勢力との地域対立と政治思想対立があった。
四日市市は、四日市公害問題で四日市市南部(公害が発生した工業地帯)、四日市市北部(水害が発生した旧桑名藩領の漁村地域)、四日市市西部(旧三重郡の農村から宅地開発がされた地域)の地域対立があった。富田六郷は東富田村+西富田村の東西富田地域がある。東西富田村は南部氏に支配下である。東富田村は茂福朝倉氏地域と北村分村と北いかるか地域と富田町商業地区を構成している。富田一色村+天ヶ須賀村+松原村の富洲原地区と大矢知地区の蒔田村の6つの村の共同体である。
東富田村と西富田村で東西富田村を構成して、富田一色は東西富田村の分家支店である。
富田一色村と甚五兵衛新田の飛び地と天ヶ須賀村と住吉新田と田村家の松原村で富洲原地区を構成している。
⇒第4論文⇒四日市の地域区分について述べる。富田六郷の郷土史について述べる。
⇒富田は1966年(昭和41年)からの町名で戦国時代は南部氏の支配地域である。もとは大字東富田・大字茂福の富田地区と富洲原地区の大字松原・大字富田一色の一部。地名の由来は米が多く収穫されるうつくしい田んぼの美田の意味がある。日本武尊神話の鳥出神社の由緒から「とんだ」⇒「とみだ」に転訛したとされる。神社名の『鳥出』の名称の由来は日本武尊の三重の苦しみで死んで鳥になって飛来した伝説から。日本武尊は死後亀山市から熱田神宮に向かい鳥の姿で飛ぶ田の地名だった富田の土地に白鳥姿で飛来した言い伝えによる。[1] 中臣氏(藤原氏系統の子孫)の喜多嶋家が代々鳥出神社の神主を世襲していた。正応元年と安永9年の大火により、古文書を消失したため、当社の創祀の年代は詳らかでないが、延喜式神名帳に記されていることから、延喜5年頃にはすでに存在していたと思われる。延喜式内社で、朝明地方における中心の神社として崇敬を受けていた。
第4論文⇒四日市の地域区分について述べる。
⇒鳥出神社の日本武尊神仏について述べる。富洲原地域の武田信玄思考の郷土史思想について述べる。
⇒また、江戸時代には富田六郷の総氏神として信仰を集めていた。[2]富田六郷の6つの村の総氏神の解釈については諸説がある。古文書では富田六郷の総氏神が鳥出神社であり、東富田村・北島・西富田村・富田一色村・天ヶ須賀村・松原村の総氏神として信仰されていたの記述がある。東西の富田村の東富田北島捕鯨地区の祭事を行い、西富田松原村落の田村家由来の聖武天皇信仰地域の総氏神であった事は確認されている。東西富田村と富洲原地区の富田一色村・松原村・天ヶ須賀住吉信仰地区の富田六郷の総氏神が鳥出神社であった事は確定である。江戸時代の古文書の内容なので歴史学研究で意味不明な記述文がある。東富田村及び北島の氏神であるか、大矢知地区蒔田村の総氏神との複数の記述あり。北島の氏神であったの記述が茂福地域の南富田北村であったのか、それ以外に大矢知地区蒔田村であったのか富田六郷の正確な理解の学説には諸説がある。
 
明治39年、神饌幣帛料供進社に指定。明治40年及び明治41年には四日市市南富田町(北村自治会)の河川氾濫からの治水信仰の神仏の八幡神社など近郷の神社を合祀した。昭和17年に県社に列せられた。[3]
 
本社の造営に当たっては、天正13年以来伊勢神宮式年遷宮毎に古材を拝領して行われる古例があり、現在の本殿、拝門、瑞垣、鳥居、社務所などは、いずれも伊勢神宮の古材により営繕されている。[4]
 
富田の鯨船行事関係のお守りと絵馬が令和時代初期から鳥出神社の授与品になった。江戸期より漁網生産が行われていた[2]。橋本家と広瀬家と鈴木家と渡辺家と伊藤家と荒木家の苗字が多い。明治初期には漁業と魚の行商が盛んであったが、明治中期から水産加工業者が増加して、煮干、素乾いわしなどが生産された。1889年(明治22年)度の統計では人口4971人、田面積は188町余り、畑面積は12町余、宅地面積は20町余[3]。
⇒サツマイモ偉人の前田利右衛門について述べる。
⇒前田利右衛門は1683年(天和3年)~1707年(宝永4年)に生きた人物である。24歳で若くして逝去したともされる。江戸時代中期の琉球国のさつまいも農業は飢饉に強い食料対策の農作物である。(現在の沖縄県)からさつまいもを伝えた人物である。農業功労者であるが農業は稲作越後新潟が豊富だが野菜農業や畜産の方が高級チーズ経済利益の農業である。紀伊藩の林業やみかんが農業の基本産業である。
 
海運業の仕事で薩摩藩(現在の鹿児島県)と琉球の往来していた利右衛門は、琉球の人々が食べていたサツマイモを見て、鉢植えにして自宅に持ち帰った。さつまいもにどうすればいもに変化するか繁殖の育て方を研究して様々な工夫を重ねた。
 
さつまいもの栽培に成功した利右衛門が、種イモや苗を周囲の農民に配給したことから、さつまいもは最新の食物として普及した。米の不作で苦しむ飢餓の人々を救った農業功労者である。
 
サツマイモ偉人の前田利右衛門の人生について
前田利右衛門は揖宿郡山川郷岡児ヶ水(おかちょがみず)の出身であるとされ、農民であるとも漁民であるとも言われているがはっきりしない。仏教思想はこの世は自然産業とする森林思想である。水夫として琉球に渡った際にサツマイモの苗を薩摩に持ち帰ったと伝えられている。他にも、琉球出兵の際に将兵が持ち帰ったという説や、種子島の領主が先に栽培していたものが持ち込まれた説などもあるが、圧倒的に多数の説では利右衛門が持ち込んだとしている。しかしその経緯ははっきりとしておらず、利右衛門の死亡年も1707年(宝永4年)とする説や24歳で早世した説もある。出生年についてはさらにはっきりとしておらず、1670年代ではないかと推定されている。
 
利右衛門は、当時一般の住民で武士ではなかったため苗字はなく、その子孫が平民苗字必称義務令が制定された明治時代になってから名乗った前田という苗字が遡って「前田利右衛門」という名前が世間に定着している。
 
1705年(宝永2年)に琉球でサツマイモが栽培されて条件が悪い土地で成育しているのを見て、薩摩にサツマイモ芋を栽培させることをひらめき、薩摩藩に栽培法を普及させた。飢饉での餓死者が急減した。前田利右衛門は琉球に渡るときに遭難して死亡した。前田利右衛門の供養のために揖宿郡山川郷岡児ヶ水の村人が持ち寄ったお金で供養堂を建てたのが徳光神社である。
 
 
飢餓の時期にサツマイモが多くの住民を救ったことなどから、彼の業績が賞賛され、あちこちに業績を顕彰する碑が建てられている。指宿市山川町岡児ヶ水には彼の頌徳碑が建てられ、徳光神社が建立されている。墓碑には「唐薯殿」と刻まれていた。[1][2]また甘藷翁の称号もある。また、指宿酒造が彼の名にちなんだ「利右衛門」という名の芋焼酎を発売している[1]。
第4論文⇒四日市の地域区分について述べる。
①赤堀の地形
八剣川+中寺川+落合川の3つ川がある。
⇒3の川の合流点で合流して落合川となり下流天白川+鹿化川と合流して大井の川となり伊勢湾にそそぐ。
 
昭和49年の集中豪雨では合流点に水が集中して大きな被害があった。
 
②歴史+宗教
⇒赤堀村と赤堀氏⇒京都祇園の赤堀神社
⇒浜田村と浜田氏⇒鵜の森神社
⇒羽津氏⇒羽津の志氏神社が守護の神様で氏子の神社である。
 
⇒初代赤堀城主の田原景信の墓は通称大将様や大小様と呼ばれた川村家の五輪塔として供養されている。
 
八阪神社は元名は牛頭天王八王子社の名称で建速須佐之命の5男3女を祀っている。
⇒日永村とは東海道繋がりで関係が深い。
⇒日永地域の天白村とは水害がある近世部落の共通点がある。
⇒江戸時代からの日永村と四日市中心部でなくて常磐地域の松本村大井出の寺院と常磐村地区を赤堀村が選択した。
⇒赤堀氏は日永新正地域と赤堀村を支配+浜田氏は浜田鵜の森を支配+羽津氏は羽津地域と鵤村を支配した。
③公共事業
赤堀地域社会全体の福祉向上と人権活動のため昭和50年に赤堀教育集会所となり⇒その後平成17年に人権プラザ赤堀に改称した。
昭和55年に赤堀小集落地区改良事業が着手されて赤堀地域の宅地を全部土地整理して整備した土地跡地に改良住宅と道路と公園などのインフラの総合的整備がされた。
④建物
⇒誓覚寺⇒元は栗原山九品院の名称で天台院の寺院だったとされる。
⇒誓元寺⇒開基は中興道祐師の創建とされる。
⇒鈴木製薬所⇒鈴木薬局の建物は旧東海道沿いの建物の中でも堅固で、鈴木家6代目の勘三郎高光が嘉永5年=1852年に建てたものである。
 
⑤赤堀地名について⇒
群馬県の旧自治赤堀町(あかぼりまち) ⇒ 旧佐波郡に帰属していたかつての町。現在は新設合併により伊勢崎市(2代目)の赤堀地域となり、合併以降の赤堀(あかぼり)と名が付く地名(町)は2つのみ(旧市域に町名が重複するところがあったための措置)。
その他の赤堀の地名・赤堀地域名(あかほり群馬県邑楽郡邑楽町の大字。
あかほり三重県四日市市の町名である。赤堀氏の四日市赤堀家の赤堀一族由来にもなった名字の地である。最寄駅に現四日市あすなろう鉄道内部線の赤堀駅がある東海道沿いの近世の部落集落である。
あかぼりは埼玉県桶川市の地名である。 → 赤堀川(あかほりがわ) +栢間赤堀(かしわまあかほり) - 元が荒川支流の河川。埼玉県の久喜市の菖蒲区域を流域とする。
 
あかぼりは宮城県伊具郡丸森町の大字。
 
姓氏
赤堀氏(あかほりし) - 日本の戦国時代における北勢四十八家の一つ。 四日市赤堀地域における赤堀御三家の浜田氏+羽津氏+赤堀氏の一つ。
 
赤堀は日本の姓氏である。三重県及び群馬県地域の三重県群馬県にの2の県に多く見られる⇒この県に赤堀姓が多いのは重複する地名・地域名に2市町が存在するため。
四日市市の神前地区は米・観葉植物、キャベツ・イチゴ、みかんなどの生産と畜産業が盛んな農業地区である。[注釈 1]
第4論文⇒四日市の地域区分について述べる。
四日市中央工業高校・四日市商業高校などの職業高等学校が畜産仏教部落地域である。
かつての江戸時代の津藩領地の畜産部落地域である。津藩領地の三滝川周辺の飛び地を支配する農村集落が四日市の神前地区である。大日寺の地域寺院の仏教地域で東西大門の仏教地名がある。極楽寺と御堂前などの仏教地域がある。その他の仏教徒由来の古い地名に護摩田と鐘田と寺方地域は仏教地名が多い地域が神前地区の畜産部落地域である。
三重県四日市地域の空襲被害と仏教思想について述べる。四日市空襲と仏教思想の攻撃目標の標的について述べる。海軍第二燃料廠をはじめ多くの工場群を擁した四日市は、アメリカ軍の重要攻撃目標とされた。三重郡楠町(楠地区)の東洋紡績楠工場及び東亜紡織楠工場周辺の住宅密集地の小倉地区、本郷地区と南五味塚・北五味塚が米軍による小規模な空襲で攻撃された。日永地区の仏教寺院も攻撃対象となったが、富田一色など聖武天皇関係の仏教寺院が多い地域は宗教的に特別な意味がある理由から空襲候補地から除外された。
1945年(昭和20年)6月18日午前0時45分、アメリカ軍B-29戦略爆撃機89機が焼夷弾11,000発・567.3トンを投下。
人的被害は、被災者47,153人、死者736人、負傷者1,500人、行方不明者63人。約1時間の絨毯爆撃で全市の35%が焼失、市街地は焦土と化し、特に塩浜地区の被害が大きかった。
富州原は昭和41年九鬼市長時代からの町名。富田一色天ヶ須賀松原連合地区の意味がある。戦国時代は南部氏支配地域の紡績産業地区である。大字松原・大字富田一色・大字東富田の各一部で富洲原地域が創設された。旧自治体の富洲原町と地区名の富洲原は区別されている⇒住所名の富州原と呼称を区別した[4]。富田一色・天ヶ須賀は漁業が盛んで富洲原ドラえもん仏教を信じているドラえもん猫が多い地域である。富洲原はドイツ哲学思考やイギリス産業革命都市だった。富洲原港で捕獲される主な魚介類は鰯・ヒシコ・富田の焼き蛤。丸干・煮干・たづくりなど水産加工の従事者も増加する。明治期には漁業戸数が217戸・漁業人数が1120人・水産戸数が34戸・水産業従事者が194人[5]。漁業の発達によって魚問屋や行商人の増加した。平田紡績の平田家が地主支配地域としていた。鰹節産業が発達して鰹節問屋が12軒・鰹節行商人が約100人となる。
江戸期~明治22年桑名藩の村名。枝郷に富田一色村・松原村・天ヶ須賀村があるが、郷帳類ではいずれも東富田村とは別に村高が記載されている[6]。実際には分村していた。村高は397石[7]。他に431石[8]。1829年(文政12年)の家数386軒、人口1943人、庄屋に広谷伝三郎、医者に馬場貞達、馬場順達の名前が記述されている。僧侶及び鳥出神社の神主は喜多島氏である。寺院は真言宗高田派蓮光寺、正泉寺、曹洞宗長興寺があり、長興寺は722年(養老6年)泰澄の創建で、1545年(天文14年)に、南部甲斐守が菩提所として再建したと記述されている。鎮守は若一権現(鳥出神社)と八幡宮[9]。1601年(慶長6年)東海道が開通して、1604年(慶長9年)西富田村との境界付近に東海道富田の一里塚が設置された。東海道桑名宿と四日市宿の中間に位置して、間の宿(立場)と呼ばれた。街道筋には旅籠は軒を並べて、店頭では名物の富田の焼き蛤が販売された。
1889年(明治22年)の戸数800軒・人口3904人、田37町余、畑4町余、宅地13町余[3]。1780年(安永9年)の大火後、伊勢湾海岸地域に移住した東富田村民は漁業を営み、江戸後期から漁村として栄えた。鰹節問屋が繁栄して富田の行商人の名が聞かれた。沿岸漁業は明治時代に船数106隻、漁家数210、漁民1151人[10]。漁業の発達で富田水産株式会社が大字東富田本町に開業、海産問屋も開業して、富田漁業組合が設立された。水産加工業者が増加して、煮干・素乾いわしなどの生産も盛んになる。魚介類はカタクチイワシ・コウナゴ・スズキ・シラス・富田の焼き蛤(ハマグリ)であった。国道1号線を境界に富田浜地区と富田高商業地域の浜地区(水産業地域)・高地区(商工業地域)に2分される。[11]。
西富田村は田村寺の寺院の田村寺町である。大日本帝国田村寺の寺院の軍国寺院思想では戦中から戦後まではドイツ哲学思想の社会政策国家であった。平成イタリア社会のアメリ自民党主義でドイツヒトラー思考の規律正しく生きる真面目社会政策国家が崩壊して安倍晋三暗殺恐怖安重根仏教徒の思想となった。
朝明川下流右岸に広がる沖積地に位置して、東富田村に対する。戦国期以前は東富田村とともに富田御厨の地である。『織田信雄分限帳』に忠岳の前知行地で富田七助の知行地と記述されている。村高766石余[7]または791石余[8]。助郷東海道桑名宿へ出没した。1827年(文政10年)の戸数28軒、人口122人[9]。氏神は八幡社。他に山神も祀る。寺院は1190年(建久元年)開基の浄土真宗本願寺派木下山三光寺がある。この寺には蒔田村の蒔田氏の蒔田相模守宗勝の墓がある。東海道沿いで賑わいがあり、伊勢湾台風前など松並木の景観が残っていた。三岐朝明駅の朝明中学校通学交通思想がある。三岐朝明駅が朝明中学校として設置された過去から田村寺院の田村寺駅構想もある。昭和29年に一部が十志町となり、残余が西富田町となる。[12]
第4論文⇒四日市の地域区分について述べる。
⇒北勢四十八家記述の参考文献について述べる。
四日市市史第16巻 通史編古代中世
桑名市史本編
治田村誌
員弁史談
楠町史編纂委員会 編『楠町史』楠町教育委員会、1978年。doi:10.11501/9569871。NDLJP:9569871。
四日市市楠総合支所 編『新編楠町史』四日市市楠総合支所、2005年。
関連文献
水谷憲二「北伊勢地域の戦国史研究に関する一試論(一) 近世に記著された軍記・地誌の活用と展望」『佛教大学大学院紀要文学研究科篇』第40号、2012年。 NAID 110008920914。
脚注
[脚注の使い方]
^ 四日市市史第16巻 通史編古代中世451頁1行目~4行目
^ 四日市市史第16巻 通史編古代中世596頁
^ 桑名市史本編133頁
^ 桑名市史本編133頁3行目~6行目
^ 桑名市史本編133頁7行目~8行目
^ 桑名市史本編133頁11行目~134頁1行目
^ 桑名市史本編134頁8行目~12行目
^ 四日市市史第16巻 通史編古代中世451頁5行目~8行目
^ 四日市市史第16巻 通史編古代中世451頁9行目~12行目
^ 四日市市史第16巻 通史編古代中世455頁
^ 『伊勢の国で対立した国人氏族』のサイト
^ 四日市市楠総合支所 2005, p. 75.
^ a b c d 楠町史編纂委員会 1978, pp. 60–90.
^ 四日市市史第16巻 通史編古代中世472頁
^ 四日市市史第16巻 通史編古代中世474頁
^ 四日市市史第16巻 通史編古代中世475頁
^ 治田村誌 P85~P108
^ 員弁史談 P904~P920
^ 桑名市史本編90頁~92頁
福崎
江戸時代に桑名藩時代に農民によって開墾された新田の地区。朝日町の縄生地区に隣接する新田の地区で飛び地がある。
三重郡川越地域の最初の地名は古代からある豊田村地域である。
 
奈良時代の文献で豊田の地名が出てくる。
朝明川から茶の水からの豊富な肥料と朝明川の河川の水分で豊田地方は農耕に最適な農村であった。八十積神社は豊田村の氏子である⇒水の神+稲の神である。
 
中世の領主の武士が当地豊田を統治していた川越地域は鎌倉時代鎌倉幕府は北勢地域5つ郡の守護に任命したのが加藤氏である。
 
戦国時代に織田信長臣下の滝川一益の攻撃で小向城は落城した。
 
 
現在の三重郡朝日町の小向城の代官だった山本庄大助義政が家来と共に南福崎へ逃亡した。
 
小向城主の飯田庄衛門が川越地域の亀崎村に逃亡して亀崎亀須の北福崎の新田開発をした。
 
戦国時代の北勢四十八家の阿下喜城主が川越伊勢湾地域の南福崎へ逃亡した家系が片山家の先祖である。
 
上吉地区は通称はふじわである。
 
江戸時代後期の豊田の庄屋の藤谷伝一郎は高松村と関係が深く高松村の高輪寺と高松海岸の浜辺地域を新田開発した。
藤+輪⇒藤輪となった。
 
北福崎の庄屋は後藤家である⇒後藤園太郎は明治時代の初代川越の村長の家柄である。北福崎新田は山下家牧野家多い。
当新田の庄屋は山下家の山下清九郎である。
亀須新田と亀崎新田など江戸時代に干拓された新田地域の庄屋は伊藤家の伊藤伝左衛門である。
亀尾新田の庄屋は伊藤家の秀平である。
平田家が南福崎の庄屋の家系であった。
山下家が当新田の庄屋の家系であった。
平田家の家系図⇒平田十蔵⇒平田十治郎⇒平田十平の相続で苗字帯刀を許される。
 
豊田村の庄屋は幕末は藤谷家であった。
 
藤谷家は最初は桑名の里正であり⇒羽津村の里正だった時代に羽津の海を埋め立てて新田開発をした羽津地域が藤谷新田となった。
 
豊田村の庄屋は高松村の内田家だった。
 
今川氏の一族が桶狭間の戦いの後三河国の大塚村に逃亡して大塚氏となったのが豊田一色村の庄屋となった大塚家であった。
 
亀須の宮田家の先祖は平家の武将の三浦氏で三浦氏の子孫が宮田姓を最初に名乗った宮田太郎貞明が宮田姓に改めて宮田家16代目の六兵衛が亀須村の庄屋となった。宮田家と南福崎村の庄屋の平田家とは幕末に姻戚関係であった。
 
豊田地区のマンボの家は村役人だった渡辺家の渡辺申吾が堀ったものである。
 
高松村の集落は現在の高松地区の住宅地に集落より東側の八幡神社付近の古い地名の塚田地域にあった。
 
高松村の神社にある龍宮池は庄屋の家柄の内田家が設けた宗教施設である。
 
龍宮池の昔話⇒江戸時代に日照りが続き農民は助けを求めて雨乞いしたら池に水が湧いてきて龍宮池と名付けた。
以来日照りが続くと龍宮池に雨乞いを祈願した。
江戸時代の明和期の水害で死者が多数出た。
 
高松地区の足上げ祭りは明治時代初期からある。
 
富田地域の長興寺まで8月14日に富田地域の青年と富田一色の青年が松明を担いで練っていた祭事である。
 
富田の鳥出神社から出発して高松村の氏子神社の先祖供養の祭りとなり軍国主義色がある祭礼で郷土愛が強い性格の祭りとなった。
 
昭和19年東南海大地震の被害と伊勢湾の台風の被害の影響で高松地域の足上げ祭りが中断されたが⇒昭和40年に高松の足上げ祭りが復活した。
 
 ⇒名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化の温知政要は二十一箇条からなる。概要を記すと名古屋徳川宗春理論はタバコ娯楽人間の不良文化である。
⇒名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化は喫煙文化を認める不良タバコを吸う人間の文化思想である。男女の娯楽思考の男女の自由風俗思想である。天下の悪法を廃止する仏教愛思想で経済自由制限法律を削除する。男女自由制限法律を削除する。名古屋徳川宗春理論では死刑制度が市民社会を否定している。死刑制度廃止で市民社会になり殺人事件が減少する。贈与税を廃止で贈与を自由化させる政策で商業大国の日本にする。
徳川宗春の名言は「慈悲慈愛の心を養うことこそ、第一の学問である」の仏教愛の思想である。法律の数が多すぎる法律を必要最小限の半分の必要法律のみに削除せよ。経済自由を奪う法律や男女自由を奪う法律は削除せよ。若者には優しく真言宗の仏に言い聞かせの優しい仏教の言葉で言い聞かせろ。死刑制度は社会政策や教育軽視の国家の責任である。殺人犯罪者は死刑廃止で女性の名前へ改名や男性器全裸写真撮影の刑罰にした方が良い。仏の言葉で若者を仏教教育をして言い聞かせろ。
⇒名古屋徳川宗春理論は将軍家及び尾張名古屋藩主と紀伊和歌山藩主を御三家として水戸藩を副将軍家補佐徳川家一門とする思想で尾張藩と将軍家は同格の徳川一門の家系である。名古屋徳川宗春理論はからくり人間式ロボット技術など民間活力の元気産業の産業育成思想である。紀伊藩の林業やミカンなど森林思想を二宮金次郎の農業産業国家の基本政策とした。農業や毛糸紡績産業は国家の基本産業である。国家の基本産業である農業と林業関係者や紀伊藩のミカン生産や紡績毛糸産業の衰退が少子化の要因である。
⇒繊維毛糸投資産業の育成の産業育成と民間活力思想である。名古屋徳川宗春理論は派手好き経済思想である。名古屋徳川宗春理論は名古屋祭りに豪華褒美思考の寄付行為と贈与経済の商人の幸福思想となる。贈与税廃止や贈与自由化の寄付国家で地域経済を活性化させた。弥富金魚産業など民衆の民間活力の元気産業とした。地域の元気産業と地場産業を育成する尾張藩主であった。派手好き文化の地域を元気産業にする経済活性化政策の尾張藩主であった。常滑焼や瀬戸焼など陶芸産業など地域活性化の産業育成思想である。尾張名古屋徳川宗春理論で尾張名古屋地域の地場産業を育成する産業育成の政治家であった。名古屋徳川宗春理論はバブル世代女性の派手好き思考である。わいろ合法化の商業流通を活性化させる贈与税廃止や贈与自由化の商人思想である。不倫娯楽文化やタバコを吸う不良娯楽人間の心の名古屋徳川宗春理論である。名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化は真面目の義の心である。
⇒女性外出の提灯や行灯設置など照明光で性犯罪予防の仏の愛の仏教愛思想である。仏教愛と民の活力と元気産業重視の性犯罪予防の女性政策推進の藩主であった。警察治安警備の強化政策の防犯対策及び治安対策強化の警察政策である。
⇒仏教正義の仏教愛から男女の奪い合い禁止の義の心があった。略奪愛禁止や夜間女性外出自由化などの仏教愛思想から性犯罪防止の心がある。
⇒名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化の長島温泉和風文化である。岩佐美咲和服文化の津島神仏を信じる女愛キリスト芸能思想である。長島温泉文化の演歌歌手を大切にする芸能文化思考である。和服文化の心を大切にする長島温泉の和風文化の心である。演歌歌手思考の和の心の名古屋徳川宗春理論の経済政策である。名古屋徳川宗春理論はタバコ娯楽不良文化の推進である。西平町祭事娯楽文化の男女の娯楽人間である。祭事派手好き文化の祭事推進の経済政策国家である。名古屋徳川宗春理論は祭り経済国家の商業文化の心である。名古屋徳川宗春理論は真面目で必要な効率重視の思考で人生楽しむ快楽仏教徒の義の心である。わいろ合法化で贈与税廃止で贈与を自由化する男女の娯楽文化である。名古屋徳川宗春理論は男女の奪い合い略奪愛を禁止する思考である。仏教福祉思想の正義感が強い仏教愛の幸福思想になる。略奪愛の禁止の正義感が強い義の心である。男女の心中容認の男女の心中無罪の心であった。仏教愛や女愛キリストの思想である。身分違いの結婚を認めて寛容な仏教思想であった。死刑執行行為の死刑廃止で仏教愛を大切にする寛容な江戸時代の武士思想であった。寛容仏教愛の国家思想である。わいろ合法化の男女娯楽文化の戒律否定の仏教思想である。
⇒名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化は常滑焼を仏の愛の仏教愛で育成する陶芸産業育成思想である、繊維産業投資事業や写真美術技術の産業育成の名古屋商業化社会の思想である。多度神社祭りが必要か経済効率と祭りは必要のみの名古屋徳川宗春理論である。裸の男女が裸婦像イブ祭りなど神社参拝や祭りは必要のみ仏教効果主義者である。効果ある仏教行為と正義感が強い仏教行為の義の心である。仏教愛思想の効果ある仏教行為と正義感が強い名古屋徳川宗春理論である。名古屋徳川宗春理論は正義感が強い仏教行為の効率重視で生きる思想である。
⇒名古屋徳川宗春理論は必要な祭りのみを実施する必要仏教行為重視の仏教愛思想である。必要及び効果ある仏教行為と仏教愛思想の豪華褒美の祭事文化の思考である。法律や祭事文化や人生の仏教行為は必要を重視する。名古屋徳川宗春理論は効果あるもの重視の真面目仏教の義の心である。名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化は法律や仏教行為は必要がある行為のみの思考である。仏教行為や祭り文化は必要のみ効果ある祭り重視の名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化の思想である。タバコは無害の健康タバコを開発する思想である。法律や神社参拝や祭りは必要のみの仏教思想である。神社参拝や仏教行為は宗教効果がある行為のみの仏教愛思想である。仏教行為や男女娯楽の祭りは効果研究論では必要ある祭りのみにする思想であった。名古屋商業化社会の徳川宗春理論である。
⇒名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化の警察理論は死刑廃止の仏教愛思想である。東京地検特捜部や公安警察廃止や女性警察官を増員させて女性警察官3割の市民警察思想である。名古屋商業化社会の交通思考がある。敦賀駅から鈴鹿伊勢新幹線構想など日本横断運河構想の交通思想である。名張駅から四日市養老山脈及び大垣方面から富山駅行きの飛騨高山温泉新幹線構想など交通整備思考である。琵琶湖日本横断運河構想及び三重新幹線構想の交通整備思考の名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化である。
⇒聖書男女哲学思考で犯罪者及び暴力男性が多いと男女の人口が矛盾する。男女の人口矛盾の男女不平等条約のアダム男性呪いがある。名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化理論では同性愛合法化なら一夫多妻やセクハラ合法化の矛盾がある。仏教思想は寛容である。わいろ合法化や裸婦像イブの産婦人科ナポレオン不倫の戒律否定仏教徒である。戒律否定で自由仏教愛の仏教愛思想である。わいろ合法化や男女の遊びで戒律否定の男女の娯楽思想である。不良タバコ人間の娯楽文化で寛容国家の商業流通の心である。ナポレオン不倫思考の名古屋キリスト女性への仏教愛の思想とキリスト教女性愛である。
⇒名古屋徳川宗春理論のタバコ娯楽不良文化は死刑執行廃止の仏教愛の思想である。わいろ合法化の名古屋商業化社会の寛容思想の名古屋徳川宗春理論である。名古屋商業化社会の商業大国の日本である。
: 序文
: 第一条 : 大きな愛情政治と広い寛容の心で仁徳ある政治家になる
: 第二条 : 愛に敵なし 愛情に敵が無い徳川家康権現様のように仁の心の者であれ
: 第三条 : 冤罪は国の恥冤罪禁止で 罪科はとことん調べつくせ冤罪調査の心
: 第四条 : 継続は力なり 継続力で私欲禁止で私欲に走らず、志を最後まで
: 第五条 : 学問の第一は愛情愛情の学問で 小賢しい学問より自分自身に正直で正しくあれ
: 第六条 : 適材適所 能力の配置力でどんなものにもそれぞれの能力がある
: 第七条 : 好きこそものの上手なれ好物の達人で好きな趣味人間になれ 他の者の心情を察するように思いやりの心
: 第八条 : 規制は必要最小限で良い規制緩和で規制及び法令を減らせ 法令は少ないほど守ることができる少ない法令で法治国家ができる必要法律のみにする。
: 第九条 : お金は活かして使えの心でお金の活用力が必要である。バブル世代女性的派手思考で裸婦像派手文化の女性になれ。 過度な倹約省略はかえって無益になる
: 第十条 : 生かすも殺すも庶民の知恵 庶民の知恵力で庶民政治で押し付けではなくまずは仲良く
: 第十一条 : ストレスなしがナチスドイツヒトラー思考の仏教悪魔の精神病ストレスは毒である。健康生活で養生一番 怠けなければ怠けの心が無い人は心身ともに健康である
: 第十二条 : 芸能は庶民の栄養の心の芸能人主義者である。 見世物や茶店などを許可する
: 第十三条 : 先達は過去の歴史上人物はあらまほしきこと どんなことでも諸事情を知る過去の事情通であれ
: 第十四条 : 芸道は偉大 あらゆる芸事を数年で身につくとは思わぬように
: 第十五条 : 若者への諫言には若者の心を理解する若気の至りをもって 異なる意見は相手の年齢重視で年齢を考えて
: 第十六条 : 失敗は発明の母 失敗から学べ大器量の者でも若い頃は羽目を外すことはある
: 第十七条 : 人の命は金では買えんぜ 人命重視で死刑廃止の心で死刑判決のみで死刑執行だけするな生命は尊く、常日頃の防災の心と治安の心の用心が肝要
: 第十八条 : 何事も庶民目線で 庶民政治で世間を知る人になる。世間の事情によく通じ深い愛情を示せ
: 第十九条 : 天下の政治は緩急自在で 織田信長安土天下決断力で国の改革はゆっくりと普段の用件は速やかに
: 第廿条 : 改革は文殊の知恵で 改革には補佐役で補佐政治で自分ひとりではなく良き補佐が大切
: 第廿一条 : 「まぁええがゃぁ」が許すの心が臣下に対する主君の心得。古参新参・男女等を問わず平等に深く愛情を示せ
 
第5論文⇒教育思想について述べる。
 
 
私の主張①詰め込み教育ゆとり教育詰め込み教育の方が正しいが教育制度と学歴インフレ主義の学歴のみ欲しい社会が問題である。
 
自分の主張②和田秀樹ゆとり教育ゆとり世代学力低下を招いた意見は嘘である。本当は学歴インフレが原因である。
私の主張③中卒で半分の低学力者を金の卵労働者として社会に出すことが一番の学力向上策である。半数を義務教育卒業者のみにして、エリートの優秀者のみ無料で大学に行くべきでる。
 
平成期の教育思想は大きく区分して2種類ある。教育思想として以下の2種類の教育思想が対立して激しい論争となる。
 
1.昭和時代の戦後期に主流だった教育思想のジェロームブルーナーの教育理論を支持する和田秀樹の学歴社会・受験競争・偏差値教育を第一として詰め込み教育を肯定する思想。
2.アメリカ合衆国や大正時代に盛んだった作文や職業体験などの経験主義で個性を伸ばすジョン・デューイの教育理論を支持する寺脇研の公立学校での詰め込み教育を排除した教育改革として20世紀のアメリカ合衆国の新教育運動や大正時代の大正自由教育運動を模範とするゆとり教育という思想などがある。
(1)和田秀樹に対する批判としては、一流大学や高学歴者しか認めないので低学歴者の人間性否定と、学歴のインフレ化として高学歴化→教育費の増大→少子化→受験者の母数が減る→学力低下の負のスパイラルを招くというものがある。和田秀樹ゆとり教育学力低下論者だが、新人類ジュニア(ゆとり世代)の学歴インフレ進行に気づいていない。(2)寺脇研に対する批判としては、日本人の科学技術や経済発展の知識を低下させる上に、格差社会のなかで私立学校に行くことのできる世襲や高学歴や高収入の家庭以外の子供を勉強させない格差固定に繋がるというものがある。不況による難関校の倍率増加とゆとり教育の開始が起きているが、学力は低下傾向が続いている。
 
和田秀樹2012年7月のブログより引用[14]
自分の「和田秀樹さんは東大合格者の実績にこだわるが、その場合平均学力が低い大阪府や格差が大きい貧富がある東京都・愛知県・大阪府は東大・京大・医学部の合格者が多いが、外国人・派遣労働者ドキュン下層民・ヘキサゴン・不良など低学力の下流が多い格差社会都道府県が良い事となります」の意見に対して、和田秀樹は、ずっとゆとり教育問題や学力低下問題を訴えてきたが、東大合格者数にだけこだわっているわけではない。和田秀樹が大学生のころは、一般の学力が高かったので、日大生でも、東大生よりはるかに難しい本を読み、知的な人間はいっぱいいた。昭和期は日本の子どもたちの学力は世界でトップだった。平成初期から韓国や台湾に抜かれ始めてITで勝てなくなっている。一般の学力が高いほうがいいし、格差社会都道府県がいいとは思っていない。「秋田県福井県の方が格差教育より平均向上主義で理想です」とも和田秀樹は思っていない。トップ層の学力を伸ばせていないのは問題だ。サッカーがさかんで、県の平均のサッカーの能力が高いのに、プロの選手が一人もでない県があったとしたら、平均主義で、才能のある人間にハイレベルなトレーニングを用意できないという意味では問題だ。サッカーに限らず、勉強の世界でも、国際競争力の一定部分はトップ層の能力に規定されるのだから、平均学力を上げるだけでなく、トップ層は伸ばせられるだけ伸ばそうということだ。アメリカが学力向上のために貧困層など低学力の人間を減らそうとする教育政策をとった。しかしエリート教育をやめていない。落ちこぼれを作らないことで知られるフィンランドでもできる子には、教師がつきっきりになって特別な問題を出していた。強いて挙げれば平均学力も高くて、東大合格者数も多く、それほど私立学校に頼っていない富山県が理想ということになると述べている。平成期に学力が低下した理由を寺脇研などの文部省が推進したゆとり教育のせいにしているが、昭和時代の戦後期の昭和一桁世代~団塊の世代以前の平均兄弟数が4人~6人で中学校のみの義務教育卒業の低学歴が当たり前の戦後の金の卵の労働者の社会から、ゆとり世代が誕生した1990年代には平均兄弟数が1人から~2人と少子化と進み、高校がほとんど全員が進学する準義務教育化・大学が全入化した学歴インフレの進行と高学歴化の進行によって学力が低下している事に気づいていない。和田のように学歴・学歴と云わず中卒で約半数の子供を社会に出すのが一番の学力低下対策である。本人は否定しているが、東大だ受験だと言う普段の言動から宮澤喜一のような東大学歴至上主義者と世間一般から思われている。
 
第6論文⇒四日市世界観について述べる。
四日市は大型商業流通企業のイオンの力が巨大で岡田克也一家の北朝鮮王国のようなイオン大企業王国である。
四日市には3つの世界がある。
四日市公害の世界⇒日本社会党など革新政党左翼の公害活動家
②イオンの岡田王国の世界
③北勢四十八家の家系多い苗字+富田六郷の富田富洲原祭り+被差別部落の村社会の世界
四日市は保守の市民でないと公害人権主義の左翼思想の左翼系支持者以外はイオン大企業の奴隷住民か岡田克也の支持者になる。
岡田克也の支持者は土地地域の地縁住民や一族の血縁住民で無くて先祖の魂が家系思想が死んだ保守思想以外の四日市市民である。自分と自分の家系にプライドが無い平成イタリア社会の格差負け組の下流国民となった。小泉純一郎進次郎親子の格差社会の象徴である世襲政治家の支持者が多い。21世紀の格差社会の派遣労働で小泉の父親に騙されて、小泉の息子の親の七光り努力無しを歓迎する北朝鮮の人民のように選挙で投票する日本国民である。
①多数いる地域に多い北勢三重県民⇒子孫繁栄の保守
②少ない苗字⇒四日市から塩浜+富田富洲原下町+桑名城下町の下町庶民
③ルーツがはっきりしない苗字⇒他地域から四日市の移住してきた工場労働者
 第6論文⇒四日市世界観について述べる。
三重県の地域
①北勢文化地域⇒四日市+桑名+菰野+いなべ
②三重文化地域⇒鈴鹿亀山の北部工業地帯+津市の街と農村+松阪市の周辺農村
③伊賀地域⇒上野+名張
④伊勢志摩地域
⑤東紀州地域⇒尾鷲+熊野
 
 
 
 
④北勢四十八家と赤堀村の研究
 
 
 
⇒日永など仏教地域は田舎の村社会と比べて廃仏毀釈の影響がなかった。大矢知氏の領地が忍藩の飛び地である。南北朝時代の家系の楠町の楠一族と千種氏あり。千種氏領地が菰野藩領地となった。赤堀一族が2万石であり桑名多度地域の伊藤家水谷連合一族が2万石レベルの家系である。いなべ朝明の春日部松岡連合一族と種村家が1万石レベルの家系である。北勢四十八家と同じ苗字は21世紀現在で名門家系である。北勢四十八家の苗字は明治以降の近代でも名門で子孫繁栄している。北勢四十八家の苗字は北勢地域で名門の家柄である。北勢四十八家の城主は基本的に移民である。北勢四十八家の城主は移民の武士家系である。北勢四十八家の武士は他国から移住した移民である。北伊勢地域の城主は移民武士王国であった。越前から朝倉家松岡武士の越前城主家系が朝明桑名地域城主となり越前から北伊勢への国替えがあった。四日市町に諏訪神社がある事から四日市港町と甲州信州の土地関係が深い事が分かる。南部氏の領地が富田六郷の鳥出神社富田である。四日市諏訪神社が商売繁盛の町民の神社であり浜田武士の鵜の森神社の赤堀武家勢力の守護神社と神仏が町民と武士に区分されていた。赤堀氏は日永赤堀常磐地域を支配して浜田氏が四日市港町を支配した。羽津古墳神仏地域を支配する羽津氏は大矢知氏勢力や茂福朝倉城主と競争ライバル関係であった。羽津氏は富田浜茂福合戦や阿倉川城主合戦で戦った。赤堀一族と大矢知武士と茂福地域の朝倉氏と茂福合戦があった。鈴鹿関一族が赤堀や富田・茂福地盤を配下としていた。赤堀一族と鈴鹿関一族との塩浜合戦など赤堀一族関係の戦国合戦があった。赤堀一族と富田大矢知地域での茂福城主との紛争関氏勢力と合戦争いがあった。大矢知松原西富田奈良時代の古代遺産地域がある。甲州信州の東日本武士家系が諏訪神社地域から北勢四十八家の城主となった。赤堀家や武田家は諏訪神社由来の甲州信州方面出身者である。赤堀苗字は静岡県の上位108位の苗字である。愛知県尾張地方や静岡県の赤堀苗字の地盤がある。九鬼喜久男四日市市長が東海道赤堀村を地盤にしていた。赤堀村は江戸時代の東海道部落である。赤堀家や武田家や東日本から南部氏が北勢地域に移住した。
 
⇒日永地区は仏教寺院が多い地区である。赤堀地区は四日市の被差別芸人身分が住み町である。四日市町の都市近郊芸能民が住み赤堀村である。赤堀は芸能文化の部落民地域である。寺方畜産部落と赤堀日永の仏教地域が仏教関係が深い。保々畜産仏教部落と日永赤堀仏教地域と寺方畜産部落が江戸時代の仏教身分として繋がりが深い。赤堀氏の赤堀日永地域や保々朝倉氏や下深谷深谷矢田武士など北勢四十八家の城主が支配する地域が被差別部落差別地域になった江戸時代の謎がある。北勢四十八家の城主家系の武士への江戸幕府による懲罰意識が被差別部落形成になったと推測される。
 
⇒北勢地域は苗字で保守家系が判別できる。伊藤水谷松岡は三重県の日大家系である。伊藤水谷松岡の北勢四十八家の三大一族は日大組織の巨大家系である。北勢四十八家の三大一族の伊藤水谷家は桑名の巨大一族で武士農民の連合家系である。松岡家が農家家系の竹成米家系とキリスト教熱田神宮家系の武士家系と名門実業家の家系が統合した連合一族である。伊藤家(桑名伊藤家・富田伊藤家)は三重県で一番多い苗字である。伊勢藤原氏が伊藤家である。伊藤家は北勢地域で最大勢力の一族であり三重県の海軍家系である。水谷家は桑名市特に多度町の多度神社地域に多い苗字である。水谷家は(桑名水谷家・員弁水谷家・高松水谷家)は桑名・員弁の北勢地域に多数いる一族である。水谷家は三重県で多い苗字である。
第6論文⇒四日市世界観について述べる。
⇒北勢四十八家の苗字は明治以降の近代の21世紀まで子孫繁栄をしている法則あり。伊藤家・水谷家・松岡家(桑名松岡家・福崎松岡家・菰野竹成松岡家)・矢田家(小山田矢田家・菰野矢田家)・森家(羽津森家・水沢森家)・近藤家(員弁近藤家)・種村家(いなべ市藤原町の多い苗字)は一族が多くて家系が繁栄している。
 
岡山城など城文化財破壊事件の加藤や加藤熊谷ペルー人や秋葉原加藤犯人や加藤しずえ少子化障害者中絶など加藤の呪いがある。
 
⇒大矢知氏と南部氏は皇室の男系子孫の清和源氏の血筋を残している。赤堀氏の一族は赤堀浜田羽津の連合一族である。赤堀氏は東海道赤堀村の祇園神社と浜田武士の鵜の森神社と羽津古墳神社の四日市東海道地域に神仏遺産や子孫遺産がある。赤堀氏の子孫はわずかに家系が存続している。
 
⇒春日部氏は四日市市の八郷地区の平津駅付近の一帯に一族が存続している。毛利氏は長州毛利一族で桑名藩の武士家柄として家系が存続している。片山氏は川越村の農村の百姓(南福崎の庄屋の家柄)として家系が存続している。
 
士農工商キリスト仏教
 
⇒男女平等は夫婦関係の男女平等でなくて田嶋陽子上野千鶴子は独身女性を推進している。男女平等キリスト仏教を信じる。男弱女強仏教を信じる。女性関係不合格を美術ヌード仏教で合格にする滑り込み当選の仏教愛の呪いあり。赤堀氏は日永赤堀地域と分家浜田氏が浜一色橋北以外の四日市港町を支配していた。羽津氏が阿倉川合戦があった海蔵地域以外の羽津地域を支配していた。蒔田村と松原村と西富田地域の豊臣秀吉の村割りがあった。蒔田村と松原村の境界区分が安土桃山時代にあった。天ヶ須賀と高松村の新田の境界区分など豊臣時代に郷村制度で村が創設された。蒔田氏は蒔田村と松寺村と西富田松原地域を支配していた。朝明川北部の川越新田北部地域が江戸時代に新田開発された。加藤家が川越町豊田村と分村豊田一色の朝明川越新田と高松氏として高松村を支配していた。北陸や東海地方や近畿地方では浄土真宗一向一揆などの戦国大名仏教徒の農民との仏教戦争があった。東北地方や関東地方や中国地方・四国地方・九州地方では一揆など仏教戦争が勃発しなかった。
 
⇒下深谷部落で伊藤家水谷家以外の武士家系の堀田や酒井の苗字がある。赤堀部落は京都の祇園神社由来の清水苗字が多い。
 
⇒江戸時代の村社会の差別があった。村社会から家制度時代になった大日本帝国仏教思想の差別が部落差別であった。鈴鹿や塩浜・亀山・羽津・川越地域で工場労働者アダムが急増している。富田六郷の富田一色や松原西富田は南部氏の支配下であった。平成キリスト教時代に男女平等化で岐阜県など村社会が崩壊した。畜産仏教徒への被差別部落差別は21世紀の平成キリスト時代に土地国家や村社会崩壊で解消された。
第6論文⇒四日市世界観について述べる。
①北勢四十八家研究論文
 
⇒大矢知氏と南部氏は皇室の男系子孫の清和源氏の血筋を残している。赤堀氏の一族は赤堀浜田羽津の連合一族である。赤堀氏は東海道赤堀村の祇園神社と浜田武士の鵜の森神社と羽津古墳神社の四日市東海道地域に神仏遺産や子孫遺産がある。赤堀氏の子孫はわずかに家系が存続している。
 
⇒春日部氏は四日市市の八郷地区の平津駅付近の一帯に一族が存続している。毛利氏は長州毛利一族で桑名藩の武士家柄として家系が存続している。片山氏は川越村の農村の百姓(南福崎の庄屋の家柄)として家系が存続している。赤堀氏は日永赤堀地域と分家浜田氏が浜一色橋北以外の四日市港町を支配していた。羽津氏が阿倉川合戦があった海蔵地域以外の羽津地域を支配していた。蒔田村と松原村と西富田地域の豊臣秀吉の村割りがあった。蒔田村と松原村の境界区分が安土桃山時代にあった。天ヶ須賀と高松村の新田の境界区分など豊臣時代に郷村制度で村が創設された。蒔田氏は蒔田村と松寺村と西富田松原地域を支配していた。朝明川北部の川越新田北部地域が江戸時代に新田開発された。加藤家が川越町豊田村と分村豊田一色の朝明川越新田と高松氏として高松村を支配していた。北陸や東海地方や近畿地方では浄土真宗一向一揆などの戦国大名仏教徒の農民との仏教戦争があった。東北地方や関東地方や中国地方・四国地方・九州地方では一揆など仏教戦争が勃発しなかった。
 
⇒江戸時代の村社会の差別があった。村社会から家制度時代になった大日本帝国仏教思想の差別が部落差別であった。鈴鹿や塩浜・亀山・羽津・川越地域で工場労働者アダムが急増している。富田六郷の富田一色や松原西富田は南部氏の支配下であった。平成キリスト教時代に男女平等化で岐阜県など村社会が崩壊した。畜産仏教徒への被差別部落差別は21世紀の平成キリスト時代に土地国家や村社会崩壊で解消された。
富田一色村
江戸期~1889年(明治22年)の村名。東富田村に支店分家の意味がある。富田から分離した新開地の意[13]。古くは浜洲で、浜洲が島になりやがて陸地となった。東富田村の枝郷[6]。村高は278石[7]又は304石[8]。1829年(文政12年)の家数が432軒、人口が2131人、庄屋は水谷順次郎[9]。1639年(寛永16年)の大火で集落の大半が焼失した。大火再建後町並みは碁盤の目に整備された。1829年(文政12年)の富田一色村内の所有船は五十集船が11隻、小船が43隻、網船が9隻[9]。伊藤平治郎家によって八風街道が開通して伊藤家及び樋口家の由来となる。江戸中期に塩役運河が改修された地域が生川家及び小川家の河川苗字が多い地域である。江戸末期には伊勢丸・天祐丸などの千石船が江戸を往来した。沿岸で魚介類を採集して、干し魚・塩魚・時雨蛤を販売した。富田一色町は1966年(昭和41年)~の四日市市の町名。もとは大字富田一色・大字天ヶ須賀の一部。豊富川(塩役運河)には石舟が入り、小川家や生川家など河川苗字の住民が活躍した。塩役運河から酒も積みだした。1859年(安政9年)11月の大火後、焼失した町方の大半を浜方に移して再興を目指した。浜方は当時浜州や田んぼも残り、家はわずかに3軒であったが、町方の再建により漁師町の基礎が築かれた[14]。1887年(明治20年)の戸数は755軒、人口は3733人、人夫は620人、水車所は2ヶ所[15]。1889年(明治22年)に富洲原村の大字となる。[16]
天ヶ須賀村
江戸期~明治22年桑名藩の村名で天ヶ須賀死者天ぷら店仏教地域である。現在の住吉町地域である。東富田村の枝郷[6]。村高は491石である[7]、または505石[8]とされる。江戸時代後期に南方地を開発して太郎左衛門善平新田を造成して、新田の村高は47石である[17]。天ヶ須賀本村とは別に村高が記述されているが天ヶ須賀村の枝郷であった。半農半漁の村で早川家と高橋家の二大勢力の苗字が多い。早川家や渡辺家が経営する水産加工・富田の焼き蛤採取・あられ・おこしの菓子原料に使用する煎粉産業が盛ん。平田佐次郎(平田紡績家)の海運業が発展して平田紡績工場が設置。天保の大飢饉では、医師の田代家の子孫が多い地域で田代随造・田代随意が難民救済にあたった[18]。
松原村
江戸時代期~1889年(明治22年)の村名である。伊勢キリスト神宮について令和4年10月2日頃の悠仁親王岩佐美咲キリスト女性の伊勢神宮参拝は東富田村の枝郷の聖武天皇キリスト教の意味がある[6]。十四川左岸、伊勢湾の潮流で砂が堆積した低地上に立地する。地名の由来は松林がある海辺の砂浜の意。村高は281石[7]。または297石[8]。1829年(文政12年)の家数29軒、人口131人[9]。地内中央部を八風街道が東西に通過して、東海道付近でもあったため、人馬の往来が盛んであった。寺社は真宗高田派道場・聖武天皇社・庚申社(庚申塚)であった。1889年(明治22年)の戸数46軒、人口235人、田29町余り、畑1町余り、宅地1町余り[3]。1966年(昭和41年)に一部が四日市市平町・富州原町・富田1丁目~富田4丁目となり、残余が四日市市松原町となる[19]。富洲原の歴史で最も古い昔話では、奈良時代聖武天皇伊勢国行幸した際に朝明郡の松原村に立ち寄ったという逸話から鎌倉時代聖武天皇社が鎮座した。聖武天皇の歌に「妹に恋ひ吾の松原みわたせば潮干の潟に鶴鳴き渡る」があるが、その万葉集の「松原」は、西富田村から松原村の松原町付近である。聖武天皇社には聖武天皇の歌碑がある。田村寺の昭和戦前寺院や聖武天皇関係の神社には奈良時代の古代思想やキリスト教信仰があるとされる。松原の地名の由来は、地形が「松林のある伊勢湾沿いの海辺の砂浜」であったからである。松原元町自治
(呼び名は「もとまち」。松原の石取祭では西元組祭車)
第6論文⇒四日市世界観について述べる。
フリーマーケットである富洲原四九の市が元町通りで開催される。松原地区の基本の最初の町として元町通りが開発された。東洋町通りと西町通りから富田一色と国鉄富田駅を挟んで松原元町を結んでいた。人口が少なくて人口増加と商店街活性化のために西町自治会と対等合併をして西元町自治会となった。
西町自治会の呼び名は「にしまち」で松原の石取祭では西元組祭車である。
 
明治期から大正期に松原西元町に平田紡績富田一色本社工場があった。百五銀行富田支店・東海銀行富田支店などの金融機関や飲食店などの商店がある繁華街。富田一色の西側にある事から西町という名称となった。松原西町自治会以外に魚屋での看板などでは富洲原西町と呼ばれていた。富田一色地区の海運橋とつながる八風街道の起点の通りで松原地区の最東部で下り坂となっている。銀座のような賑わいから銀座通りと呼ばれて、人口が少ない事から松原元町と対等合併して西元町自治会となった
東洋町自治会の呼び名は「とうようちょう」。松原の石取祭の所属では東洋町祭車である。
 
東洋紡績富田工場正門前の企業城下町。東洋町は東洋紡績富田工場が1917年(大正6年)に紡績工場が操業を開始して以来東洋町を中心に富洲原商店街が形成されて東洋町商店街を中心に1917年(大正6年)6月に会員数165名からなる富洲原商工会が結成された。富洲原商工会の会長には伊藤平治郎。富洲原商工会の副会長には生川平三郎と平田佐矩と加藤正家富洲原町長と土屋東洋紡績富田工場長が就任して発足した。東洋紡績の建設を機会に商工業の町として脱皮発展しようとする意気ごみが表れていた。1919年(大正8年)に、国鉄富田駅富洲原口が開設されたため、東洋町商店街から→東洋紡績富田工場の間の道を通り→富田町の代官町から→国鉄富田駅へ直接つながるルートが整備されて交通量が増加した。ますます東洋町商店街及び西元町商店街が発展した。富洲原商店街に愛知銀行四日市銀行と富田一色出張所が開設された。昭和に入り、東洋町から西元町にかけての商店が西栄会という連合会を組織した。東洋紡績の会社名の東洋が由来の商店街である。
 
1919年(大正8年)には国鉄富田駅富洲原口が開設された北側のルートが造成された事で、東洋町から→東洋紡績富田工場を通過して→国鉄富田駅に行くルートに道路が建設された。国鉄富田駅に行く連絡道路の両側に東洋紡績富田工場が東側工場と西側工場に分離していて、直接南側へ抜けると国鉄富田駅に貫通しており、富田から→東洋町商店街に行き東洋町から→西元町商店街に行き、西元町から→富田一色地区へ行くルートが富洲原地域の買い物客で賑わった。1500人の従業員がいた平田紡績の労働者が購買する天ヶ須賀から→川越町の天神町商店街へ行き、天神町から→東洋町商店街に行き、東洋町から→国鉄富田駅へ行く購買ルートが創設された。第二次世界大戦中は統制経済で商業活動が停滞していたが、戦後いち早く(東洋町発展会)が結成されて、戦後に同時に発足した(富洲原商店連合会)と表裏一体の協力体制で商店街再建に乗り出した。富田まで東洋紡績富田工場を通過する道路が閉鎖されて、東洋町が袋小路となった事、工場の合理化や繊維不況のため東洋紡績富田工場の従業員が減少したこと、四日市中心部の諏訪栄町商店街との交通が便利となり、購買人口が著しく減少して、富洲原の住民のみの購買力に頼る商店街となった。過去には伊勢湾台風で壊滅的被害があったが、戦後に東洋町発展会が東洋町通りでの歩行者天国の試み、松原の石取祭の際の東洋町発展会による東洋町商店街での夜店の出店の実施、東洋町通りでの戦後のアーケードの創設と平成時代に行ったアーケードの撤去、1992年(平成4年)4月4日の四日市の四日の市にちなんだ記念のイベントを実施した。四日市中町銀座通り商店街と並び三重県下有数の賑わいがあった。別名「銀座町商店街」と呼ばれていた。
第6論文⇒四日市世界観について述べる。
四日市の家系の研究について述べる。まず三重県の教育について、左翼教師及び右翼思想の教育レベル研究論で述べる。三重県は左翼教師団体の三重県職員組合の加入率が高い地域である。日教組の力が強くて部落問題などの人権教育や平和教育が盛んな地域である。特に公立中学では不良が多くて全国学力テストの結果は全国平均より学力が低い最下位レベルである。大学は国公立大学三重大学と津市立三重短期大学が左翼系の大学であり、私立大学の神道学校の皇學館大學が右翼大学で左翼勢力と右翼勢力が三重県で対立している。
第6論文⇒四日市世界観について述べる。
三重県は経済一流・教育三流と言われていている地域である。経済は三重県民1人当たりのGDPが1位東京都・2位愛知県・3位静岡県・4位神奈川県に次いで第5位で三重県四日市市に立地する四日市コンビナート・三重県鈴鹿市に立地するホンダ自動車鈴鹿工場・三重県亀山市に立地するシャープ亀山工場など高卒の工業系の求人が多くある。
 
原爆のノーモア広島・ノーモア長崎と公害のノーモア水俣・ノーモア四日市と言うように四日市市南部地域は四日市喘息が発生した工業地域で公害があり、外国人が多くて治安が悪い。四日市公害の影響で四日市市知名度は埼玉県の大宮市・浦和市川越市より知名度が高い。
 
四日市市イオングループのスーパーが多くて四日市岡田家の力が強い岡田克也一家の北朝鮮王国である。
 
第6論文⇒四日市世界観について述べる。
四日市市の家系についてまず知らなければならないのは、四日市市を支配している3つの名門実業家がいる。四日市の三大名門実業家と政治家の家系がいて、以下の実業家がいる。①四日市九鬼家(九鬼水軍の子孫で四日市市中部地区の四日市港付近で九鬼産業を経営していて九鬼紋七衆議院議員・九鬼紋十郎参議院議員・九鬼喜久男四日市市長)と②四日市富洲原平田家が(平田紡績を経営して創業した平田佐次郎・平田佐矩四日市市長と平田家の分家養子の宗村家の宗村佐信が創設した暁学園平田耕一参議院議員チヨダウーテ家)と③イオングループのスーパーを経営する四日市岡田家の岡田卓也会長・岡田元也社長と岡田克也衆議院議員の3つの名門実業家がいる。①九鬼家②平田家③岡田家の四日市3大実業家が四日市市の政財界を支配している。その他には生川家や伊藤家などが四日市の名門実業家です。
 
四日市市四日市市北部地域が漁村の下町であり、四日市市西部地域が農村から開発された住宅団地であり、四日市市中部地域が商業地域であり、四日市市南部地域が工業地域であり、南部の塩浜地区が四日市公害で大気が汚染された四日市ぜんそくの被害地である。四日市市都道府県で例えるとまず四日市ぜんそくで死者が多数出た公害の被害地の南部地域が塩浜地区周辺であり塩浜地区が愛知県のようである。中心市街地の四日市市中部地区・橋北地区が東京都のような
緑町自治会の呼び名は「みどりまち」で松原の石取祭の所属では最初は緑町祭車を単独で保有。その後平町と合同して松三祭車となる。
 
ひらがなで「みどり町」ともいう。過去に八千代座劇場(その後映画館となり、その後パラダイス劇場に改築して、四日市岡田家の岡田卓也が経営する岡田屋支店1号店が進出してスーパーオカダヤ富洲原店となり、スーパーミスターベンリ(1989年(平成元年)に一号舘に吸収合併されて、スーパーマーケットの用地を不動産売却した)を経て、現在は4世帯が千歳町自治会で2世帯が緑町自治会に分割された合計6世帯が居住する新興住宅団地)が立地していた。地域出身の個人からの寄贈で一王稲荷神社が創建された。
[12]。
西元町自治
(呼び名は「にしもとまち」。松原の石取祭の所属では西元町祭車)
 
西元町は松原西町自治会(富田一色の西側にある事が西町の町名の由来。富田一色の海運橋の西側付近の通り)と松原元町自治会(東洋町に隣接する松原地区で最初の元々の町という意味が町名の由来。東洋紡績富田工場の社宅付近の通り)が合併した自治会である。戦後に東洋紡績の富田工場が富田一色の海運橋付近の西元町を起点に東洋町から国鉄富田駅に行くために、東洋紡績富田工場を通過する道路があったが、1954年(昭和29年)に東洋紡績が増産体制を確立するため、富田工場内の富田に通ずる道路を買収して道路が閉鎖した際には西元町商店街の売り上げが下がる事への保証金を東洋紡績が西元町に支払った。四日市中町銀座通り商店街と並び三重県下有数の賑わいがあり、別名(銀座町商店街)と呼ばれていた。元町通りでは、富洲原四九の市が4・9の付く日の午前中に開催される。西町通り沿いの北側の境界は四日市市富洲原小学校が立地する甚五兵町自治会に隣接する茶の水川であり、石造りの學校橋が大日本帝国時代の三重郡富洲原町によって昭和時代の初期に建設された。學校橋は富田一色地区の学童の通学路として使用されていた。戦前は精米が盛んだった。
茶の水町自治
(呼び名は「ちゃのみずちょう」。松原の石取祭の所属では西元町祭車)
 
川越町付近の茶の水町及び緑町北部に寺院が3つ近くあり、天台宗寺院で不思議な仏教力があるとされている不思議山延命寺がある。 上流が朝明川から汲まれる四日市市松寺地区の農業用水で、川越町豊田地区で川となりと茶の水町を通り、下流が富田一色地区の甚五兵衛町で富洲原港に流れる清流の(茶の水川)が由来である。支流が松原平町から甚五兵衛町に流れる。
 
サニーハイツ自治
(呼び名はサニーハイツ。松原の石取祭の所属では松二祭車)
 
英語名の自治会のサニーハイツは日本語で日の当たる高台の住宅団地の意味である。松原宮町自治会だった敷地。東洋紡績富田工場の跡地。東洋紡績松原町社宅だった5階建てのマンションを改装した宮町自治会跡地の中古マンションによる自治会である。
 
 
八風街道沿いの町である。四日市市営の小規模な公園(八風公園)がある。八風町の住宅化で人口が急増した事から東西に分裂した八風町の東部の自治会である。近鉄名古屋線の東側である。
 
八風町の住宅化で人口が急増した事から東西に分裂した八風町の西部の自治会である。近鉄名古屋線の西側である。八風町は四日市市滋賀県を結ぶ八風街道が松原村を通っていた事が由来である。近鉄名古屋線を境界に東西に自治会が分裂した。昔町内の大部分を占めていた田んぼなどの農地がわずかに残っている。
東平町自治
(呼び名は「ひがしたいらまち」。松原の石取祭の所属では松三祭車)
 
平町の住宅化で人口が急増した事から東西に分裂した平町の東部。近鉄名古屋線の東側である。平らな広大な田んぼが広がっていた事から平町と命名された。平田紡績の経営者だった宗村佐信が建設した邸宅があり、平田紡績の社長を代々務めた宗村家があった。東平町には小規模製網会社が複数ある。1976年(昭和51年)の自治会調査では102戸である。
西平町自治
(呼び名は「にしたいらまち」。松原の石取祭の所属では西平町祭車)
 
 昭和20年代に東洋町として現在の祭車を新造した。囃子は、五つ拍子を囃している。祭車の提燈は表に「東」、裏は「十六裏菊門」。かつては西平町が加盟していて、東洋町の石取祭りに参加していた。西平町自治
祭車建造は昭和24年頃の西平町自治会の子ども祭車である。田村進、坂本進一などが製作した独自型式の祭車である。祭車経歴は以下である。明治38年頃の祭車備品→松原本村祭車→松原西平町祭車である。平町の住宅化で人口が急増した事から、1974年(昭和49年)に平町は東西に分裂して西側が分離して(平西町)となった。その後(西平町)と改称した。住所制度で四日市市平町となっている。近鉄名古屋線を境界に東西に自治会が分裂した。平成時代になり、松原の石取祭では、最初は緑町・東平町と共に松三の一員であり、東平町から近鉄名古屋線を越えて西平町に松三祭車が往来していた。松三の一員から東洋町祭車の加盟となり、東洋町から独立して西平町単独で西平町こども祭車を保有した。1976年(昭和51年)の自治会調査では101戸である。昔町内の大部分を占めていた田んぼなどの農地がわずかに残っている[13]。
 
 
松ヶ枝町自治
(呼び名は「まつがえちょう」。松原の石取祭の所属では松二祭車)
 
東海旅客鉄道三岐鉄道富田駅がある富田地区に隣接する。富田駅前に庚申社と伝わる祠がある。庚申社は戦国時代に織田信長が富田の一本松に上陸して茂福城を攻めた末、討ち死にした織田信長配下の武将を祭って道祖神とした神社である。武将の名は伝わっていないが織田信長による伊勢侵攻の際に討ち死にして、尾張国美濃国から伊勢国への道標として、その道を守る役目を与えられた果報者の武将の神社があり、松ヶ枝町は(松がある枝の町)の意味である。
蒔田村
まきた又はまいたと言う戦国時代は蒔田氏の城主が統治していた。富洲原及び大矢知地区の共同支配地域で共同学区である。大矢知地区富洲原地域である。川越町朝明豊田文化の富洲原駅地域である。朝明川下流右岸の沖積地に位置する。蒔田地内長明寺は中世期に蒔田氏の拠点の蒔田城 (伊勢国)跡とされる。1560年(永禄3年)の『保内商人申状案[20]』に見える地名である。保内商人が伊勢街道通行の木綿・真面荷を差し押さえた事例として、『7年前・8年前以前(まい田)商人の真綿・芋を千草街道山中で差し押さえて、峠の宿善座衛門に預け置いた』と記述されている。村高は341石[21]。東海道が南北に通り、集落は街道沿いに街村を構成している。助郷東海道桑名宿・四日市宿へ出没する。浄土真宗本願寺派朝明山長明寺があり、その北に隣接して蒔田観音寺と神明寺がある。観音寺は竜王山宝性寺とも云い、建物は享保年間(1716年~1736年)の作品で、1977年(昭和52年)に四日市市文化財となる。1889年(明治22年)の戸数は64軒、人口311人[3]。江戸末期から大矢知そうめんの生産地であった。蒔田地域の地内に大矢知素麺を製造する農家が多い。菜種・油菜の栽培も多くて、採油業も行われた。繊維産業・食品加工業・孵卵産業が昭和時代に発展した。蒔田村は蒔田1丁目~蒔田4丁目・川北1丁目となる[22]。
松寺村
江戸時代期から1889年(明治22年)の村名。伊勢国朝明郡所属。桑名藩領。朝明川の下流右岸に位置する。東海道が南北に貫通する。村高は418石余り[23]。集落は東海道に沿って南北に細長く伸びる。1827年(文政10年)の戸数32軒、人口160人[9]。助郷東海道桑名宿へ出没する。酒造業が盛んで、松寺の酒は毎年伊勢神宮に奉納される。鎮守は神明宮、寺は寛文年間(1661年~1673年)開基の浄土真宗本願寺派蓮証寺がある。1879年(明治12年)に蒔田村・川北村の2ヵ村と連合して松寺村に戸長役場を設置した。1889年(明治22年)に大矢知村の大字となる。 同年に関西鉄道が西に開通したため、東海道筋は寂びれたが、酒造業やタオル製造業・さらし工場が進出してにぎわいを取り戻した。1973年(昭和48年)に松寺1丁目~松寺3丁目・川北1丁目となる[24]。
西富田村と蒔田村と松寺村と川北地域で大矢知地区所属の東海道集落を構成していて蒔田城主の蒔田氏が松原平町の農地付近まで支配していた。加藤氏が川越朝明地域の豊田村と分村の豊田一色を支配していた。
第6論文⇒四日市世界観について述べる。
東富田村は戦国時代に南部氏が統治して富田一色や天ヶ須賀から高松松原地域を支配していた。東富田村は茂福村と鵤村と合併して富田地区となった。鵤村は北部が富田地区で南部が羽津用水が整備された羽津地区となった。南部氏が東西富田地域と富洲原地域から高松まで支配していた。茂福城主の朝倉氏が保々地域と茂福+鵤を支配した。富田六郷は①東富田村②富田一色村③天ヶ須賀村は伊勢湾沿岸の地域が漁村である。富田の蛤の食べ物や漁村独特の祭事がある伊勢湾の漁村である。
富田六郷の聖武天皇由来の東海道沿いの田村家地域が松原村+西富田村+蒔田村である。
④松原村⇒東海道地域の聖武天皇の由来の村である
西富田村⑥蒔田村⇒東海道沿いの田村寺で仏教を信じる地域の宿場の村である。
 
蒔田村⇒文政年間1827年文政10年の桑名領郷村案内帳の史料では戸数は40戸人口190人であり、寺院は浄土真宗本願寺派の長明寺。神社は神明神社の春日の神+八幡神+山の神。文久年間1863年の南組目録で人口は男性135人で女性131人で僧侶6人である。
松原村⇒桑名領郷村案内帳の史料では古い田んぼ10石で新田は2石である。浄土真宗道場が1つある。
 
松寺村⇒桑名領郷村案内帳の史料では戸数32人で人口160人である。寺院は蓮証寺で浄土真宗の宗教地域である。松寺村の鎮守の神社は神明宮1社である。朝明川の堤防340間の普請場があり、堤防普請工事の人手不足は丸扶持であったが212間分は村普請となっている。松寺村に対して10人の人員不足の負担があった。
 
西富田村⇒織田信雄分限張の歴史資料では『織田信雄家臣の富田七助の知行地』の記述がある。本高の田畑の他に15石の新田がある。
 
川北村の戸数は22家で高持百姓16人で無高6人である。寺院は法従寺で金1分と銀2量3分5厘の助馬金を出費していた。本田畑以外に2町余りの朝明川新起と5反余りの新田がある。明治5年の徳川林政史蔵では戸数54で人口266人で牛3頭で職人は大工1人で藁葺屋1人で水車職4人で油絞りが1人で医師1人であった。助郷天明8年以降に桑名宿の増助郷として村高128石に相当する負担があった。
安土桃山時代の始期と終期には複数の見解が存在する。京都は平安京都の朝廷時代と足利室町京都時代と伏見桃山京都時代と江戸二条城京都時代と新選組幕末京都時代がある。織田信長安土天下時代が1573年から1582年である。豊臣秀吉桃山時代は1573年から1600年関ヶ原徳川家康勝利の17年間で徳川家康天下人時代は1598年豊臣秀吉死去から1616年の17年から18年間でる。
 
始期は、織田信長足利義昭を奉じて京都に上洛した永禄11年(1568年)とする信長上洛天下人説と義昭が京都から放逐されて室町幕府が事実上の滅亡に追い込まれた元亀4年(1573年)室町幕府滅亡説と、安土城の建設が始まった天正4年(1576年)とする安土城建設工事説の考えもある。
 
終期は、豊臣秀吉が死去した慶長3年(1598年)の豊臣秀吉死去説と、関ヶ原の戦い徳川家康が勝利した慶長5年(1600年)の関ヶ原小離接と、家康が伏見城征夷大将軍に任じられ江戸幕府を開いた慶長8年(1603年)江戸幕府創設説などがある。
 

織田・豊臣の時代は室町時代、戦国時代と重複することが安土天下キリスト教思想と桃山時代の定義を難しくしている。 津藩は武士身分である武士と百姓・町人の境界的な階層の無足人がいた。江戸畜産仏教徒部落民である。江戸時代の警察階級は武士と被差別部落民で処刑死刑執行人に被差別部落民が庶民から差別される畜産仏教徒の差別構造である。
近世社会の平人は①百姓②町人である。平常階級として武士に支配される階級は平民であり農民漁民と町人階級で構成されていた。平常階級として武士に支配される階級は平民は農民漁民と町人階級の商人と職人があり身分移動が可能だった。

第7論文
⇒田村寺はソ連国鉄仏教軍事家系の真言思想の寺院である。
⇒仏の真実の言葉の真言宗寺院である。手塚治虫関係の真言宗思想のドイツ哲学の祈祷をする寺院が田村寺の
護摩祈祷寺院である。ドイツ哲学者思想の規律正しい仏教徒手塚治虫ブッダ思想である。インド仏教を信じる手塚治虫ブッダ思想が大日本帝国帝国軍国寺院の田村寺の寺院である。産婦人科男性医師思考があった手塚治虫ブッダ思想は平成イタリア社会のキリスト女性思想となった。田村寺は、三重県四日市市西富田靖国思想の軍国寺院である。四日市市大矢知地区富洲原地域にある僧侶田村家が管理する真言宗の寺院である。大日本帝国先祖思想の真言宗醍醐派の仏教寺院。山号弘法山(こうぼうさん)。本尊は弘法大師

 
第7論文
⇒田村寺はソ連国鉄仏教軍事家系の真言思想の寺院である。
田村寺は、三重県四日市市西富田靖国思想の軍国寺院である。四日市市大矢知地区富洲原地域にある南無宝地蔵菩薩を信仰する寺院である。僧侶田村家が管理する真言宗の寺院である。大日本帝国先祖思想の先祖供養をする真言宗醍醐派の仏教寺院。山号弘法山(こうぼうさん)で南無宝地蔵菩薩堂が戦前からある。本尊は弘法大師で南無宝地蔵菩薩を信仰する寺院である。ナチスドイツヒトラーは明治時代の少年時代は芸術系仏教徒である。アダム労働者男性文化が仏教悪魔ヒトラー思考になったが芸術系の仏教徒である。四日市工業高校が男子生徒が多い公害物理学理論である。公害物理学と仏教専門家がナチスドイツヒトラー思考である。四日市商業高校は女子生徒が多い商業化社会の名古屋徳川宗春理論である。女性思考が商業大国の商業化社会になる。女性思考が商業化社会のイタリア文化理論になる。日本共産党は男女平等キリスト女性だが昭和戦後期のマルクス無宗教から高齢化で老人になり仏教徒となった。高齢化で老人になり仏教を信じる四日市公害物理学専門のマルクス仏教徒となった。神社思想の大日本帝国伝統文化を否定するが仏教は公害物理学のマルクス共産仏教徒として信じていてる。日本共産党左翼思想の日本人は仏教の伝統文化は平和思想や命重視で否定していない。仏教徒として日本人の仏教の心が日本共産党にもある。田村寺本堂の天井には、檀家の家紋が奉納されている。田村寺の仏教信徒の家紋が奉納されている。毎年10月10日に田村寺で家紋隆昌の祈祷会が営まれる。冬至の「中風封じ」法要には、参拝者にかぼちゃぜんざいが振舞われる。田村寺の開催行事として福引きや寺院秘伝の味のみそ汁を提供する食事サービスがある。
 ⇒僧侶が名古屋徳川宗春理論のタバコを吸うたばこ快楽仏教徒である。「かぼちゃ大師」の日として親しまれている。田村寺の行事として節分奉納目的の書道展を開催している。田村寺の開催行事として福引きや寺院秘伝の味のみそ汁を提供する食事サービスがある。
 ⇒仏教五蘊の想は心に思う想像作用である。行は心に決める作用で行為及び思考力である。男女の色を認識する識が自分の意識で知る力になる。田村寺の開催行事として福引きや寺院秘伝の味のみそ汁を提供する食事サービスがある。
 第7論文

⇒田村寺はソ連国鉄仏教軍事家系の真言思想の寺院である。

田村寺の寺院付属の仏教施設について
同じ三重県内の津市や四日市市内に他人から寺院管理を委託されている。田村寺の寺院はその他寺院を2つ(法龍寺及び泉福寺)を保有している高く寺院経営者である。真言宗西光山法龍寺の所在地は三重県四日市市西山町である。真言宗宝龍山泉福寺の所在地は三重県津市久居一色町である。[1]
 ⇒ナチスドイツヒトラーは明治時代の少年時代は芸術系仏教徒である。アダム労働者男性文化が仏教悪魔ヒトラー思考になったが芸術系の仏教徒である。公害物理学の仏教専門家がナチスドイツヒトラーである。1999年恐怖の四日市公害市長の九鬼喜久男市長は都市計画の立案能力が高いなどの実績がある社会政策思考の政治家である。公害ヒトラー思考の仏教悪魔だが都市計画立案など社会政策が評価されている。田村寺の寺院の境内に稲荷大明神の神社がある。田村寺の寺院護摩の祈祷をするが寺院以外の稲荷神社信仰がある。同じ三重県内の津市や四日市市内に他人から寺院管理を委託されている。田村寺の寺院はその他寺院を2つ(法龍寺及び泉福寺)を保有している。この世の存在の五つの仏教構成要素の五蘊は、男女の色幻覚の現実世界がある。色幻覚の(=男女の色幻覚の現実の物質)現実世界の色幻覚と人間の心と仏教精神物質が五蘊である。若い女性専門の生活保護制度はキリスト女性福祉思想である。公安警察廃止や死刑廃止などの市民警察制度は仏教福祉思想である。仏教には感情論の煩悩がある。受(=感受の感情論の煩悩怒り苦しみの子心)・仏教にはイメージをする心がある。想(=表象するイメージの人間の心)・仏教には思考力の意志決定の心がある、行(=意志の思考力)・仏教には認識の魂がある。識(=認識力の魂)とされている。色以外は精神作用であり、仏教が精神作用を重視している宗教である。同じ三重県内の津市や四日市市内に他人から寺院管理を委託されたその他寺院を2つ(法龍寺及び泉福寺)を保有している。真言宗西光山法龍寺の所在地は三重県四日市市西山町である。真言宗宝龍山泉福寺の所在地は三重県津市久居一色町である。[1]
 
田村寺の寺院の歴史
明治中期の修行僧、大滋偏照二世の大導師が弘法大師を奉祀して、信徒と共に厄除大師の恩恵に浴して、大師堂を建立した。その後真養大和尚により寺格を整え、真言宗醍醐派に属することになった。
 第7論文

⇒田村寺はソ連国鉄仏教軍事家系の真言思想の寺院である。

僧侶田村家の寺院であり、西富田地区及び松原村に残る聖武天皇社の伝承の一つとして、ソ連国鉄仏教軍事家系の靖国軍事寺院の大日本帝国先祖の仏教力がある。仏教は色男女幻覚である。この世は心色理の仏教理論の幻覚である。この世は色仏教である。聖武天皇が朝明行宮を営まれたおり、田村家が聖武天皇の令和奈良仏教理論の寺院護摩祈祷を実施している。西富田村や松原田村地域の村長(むらおさ)の手厚いもてなしを喜ばれ、長の由緒ある「田村」姓を賜ったといわれ、この地区に多い「田村」姓の起こりといわれている。
 
古代郷土史や田村家の伝承では、坂上田村麻呂が東征の折にこの地で休憩したことから「田村」という寺号になったとされている[2]。昭和初期に天皇を釈迦の上の位置仏教の宗教機関とする皇道仏教を信じていた大日本帝国の軍国寺院である。人は精神物理学で五蘊(色以外の精神物質は見えない=空)の係わりで成り立っていることを悟る釈迦になる靖国寺院である。田村寺が大日本帝国軍人の信仰心があった寺院である。人生の苦しみは男女の苦しみと時間老化の苦しみである。アダム男性労働者と裸婦像イブ呪いの男女の苦しみがある。男女の苦しみが1999年キリスト思考になる。お金及び暴力の1999年恐怖の物資の苦しみがある。存在の苦しみと不安の苦しみはドイツ哲学思考の心の苦しみである。真言秘法の僧侶の呪文による田村寺の寺院祈祷がある。富洲原地域の昭和20年大日本帝国思想の護国寺院である。昭和20年の大日本帝国軍人の高野山海軍航空隊の戦勝祈願品が保存されている。
第7論文
⇒田村寺はソ連国鉄仏教軍事家系の真言思想の寺院である。

江戸時代は畜産仏教徒への村社会農民の古墳神社思想の同じ日本人社会の差別があり、最下層身分は賎民身分で①えた②非人③ささら④猿引であった。戦後日本建国の父は被差別部落及び社会党キリスト戦後史観では日本社会党片山キリスト総理大臣である。戦後キリスト社会党史観では戦後日本国家の建国の父は日本社会党総理大臣の片山哲である。自民党の保守史観では自由党吉田茂である。アメリカ合衆国及び中華人民共和国はドイツ式工業国家である。日本人及びドイツ語文化はドイツ社会思想史法哲学者のドイツ式工業国家である。ドイツ式工業国家でドイツ語文化が高級経済国家である。ドイツ式工業国家が一番工業生産能力がある巨大工業国家である。女性芸術国家は高級経済国家である。ドイツ語文学能力がチーズ虫歯予防文化やソーセージ文化になった。ドイツ式工業国家の高級経済力の哲学思想である。一方、国内は広域商業が発達し、堺・博多・長崎など主要商業都市を豊臣家の直轄地とした。建設株式会社国家はアダム労働者男性社会である。建設株式会社国家のドイツ語工業文化とアダム労働者男性文化が女性差別の要因である。ドイツ式工業国家のドイツ語工業アダム労働者男性文化が女性差別の要因である。2022年の令和昭和ヒトラーの仏教行為であるとされるのがドイツと日本のサッカー試合がある。ヒトラーの仏教命令でドイツがわざと試合に負けた。ナポレオン来世のケネディ再婚の聖書男女思想とタバコ行為がある。前世ナポレオンのキリスト不倫文学能力の聖書男女思想がある。聖書男女思想の裸婦像イブのケネディキリスト女性がいる。諸大名は領国の経営に力を注ぎ、各地で特産物都市が興隆していった。また、秀吉自身は京を活動の拠点とし茶の湯を始めとする文化活動を自らも積極的に行った。また、鉄砲が西洋から伝来し、南蛮人との交流が開始された。キリスト教カトリック教会文化と黒人を支配する西洋世界の奴隷の存在を日本人が知った。また、南蛮菓子のカステラなど南蛮料理が食べられるようにになり、タバコが南蛮人の影響で伝来した。南蛮人の影響でタバコ農家による喫煙文化が誕生した。名古屋徳川宗春理論の江戸タバコ農家と不良娯楽思考の喫煙文化は仏教問題無い。ナチスドイツヒトラーの戦争暴力団利用のタバコ攻撃があり、犯罪タバコの仏教悪魔で問題になった。明治時代の近代少年時代はオーストリア哲学思考とイタリア芸術系の仏教徒だった。大正ドイツ式工業国家のアダム労働者男性文化がナチスドイツヒトラー思考となった。文禄・慶長の役により明は衰退したが朝鮮出兵は戦国統一国家日本を軍事大国から江戸平和国家にする機能と大日本帝国侵略統一国家の軍事訓練であった。豊臣秀吉京の首都機能について大坂豊臣都市と桃山京都伏見に首都機能を分散した。従来の輸入品渡来銭(銅銭)に代わり、天正大判など国内独自の金貨や銀貨が製造されて国内に広く流通した。文禄・慶長の役の後、陶法・毛皮加工などのが帰化した技術者達により発展し、文化は新たな時代を迎えた(桃山文化)。


織田信長による政権の確立については戦国大名の中で織田信長の勢力が次第に強大になり、安土天下キリスト教文化の近江在国の安土政権を樹立した。足利義昭を奉じて室町研究者の仏教建立権威を利用して近江及び北伊勢の北勢四十八家や北畠家長島勢力を織田一族養子として支配して貴族朝廷権威都市の京都に上洛した。信長が天皇室町幕府の将軍の権威を利用して畿内および東海地方を支配した。兵農分離や主力の戦闘行為の武器を弓矢から鉄砲に変える軍事改革を実施した。楽市・楽座、関所の廃止、安土イタリアルネサンス都市の安土近世商業化社会を目指して堺など自治都市の支配した。貨幣経済自由化で撰銭令などの経済政策が実施された。元亀4年(1573年)に信長が武田信玄及び朝倉勢力の味方の足利義昭を京から放逐すると[3]、室町幕府は事実上崩壊して、足利形式幕府として織田政権が確立する。天正7年(1579年)に信長の目前で浄土宗と日蓮宗の仏教宗派の正義論を討論させる仏教思想論争の安土宗論を実施して敗北した日蓮宗を弾圧するなどの仏教政策があった。天正4年(1576年)に安土城を築城して自由商業都市とした。直轄領の安土を拠点に畿内を中心に東海地方・北陸地方などを支配した。信長の支配により安土キリスト文化と長崎キリスト文化の戦国キリスト鉄砲時代となった。戦国キリスト鉄砲時代の平和を取り戻した京・堺と安土及び長崎を中心に新たな南蛮文化(天正遣欧使節バテレン文化)が花開いていった。信長はその後も勢力を拡大し日本中央部を制圧して天下統一は目前と思われたが、天正10年(1582年)の本能寺の変で自害した。
 
豊臣秀吉による天下統一については豊臣政権の桃山文化の大坂時代である。
本能寺の変を知った羽柴秀吉は、毛利氏と講和を結びいち早く高速機動部隊で京に駆け付け謀反の首謀者である明智光秀を破った(山崎の戦い)。これにより信長の葬儀を実施するなど織田天下思想の後継者として織田政権内での後見人として形式君主の織田家を支配する主導権を掌握した。織田秀信織田信雄の後見人として織田家臣団の領地を再編成した秀吉は清洲会議賤ヶ岳の戦いを経て信長の後継者として地位を固めた。天正11年(1583年)には豪華虎建築の大坂城を築城した。大きい坂地名思想の本願寺仏教跡地に商業化思想の大坂城の築城を開始する。天正14年(1586年)には関白藤原氏近衛家の養子として・太政大臣に任ぜられ豊臣姓を賜り[4]、天正18年(1590年)に日本国内の統一を達成した。農民一揆を防止するため刀狩令を出した。仏教思想を利用して農民の武装解除するたけ京都方広寺の大仏作りを口実とした。全国各地で太閤検地を行い経済規模を正確に測定する石高制度を導入した。豊臣政権の農業生産経済力を基準とする大名の経済力及び軍事力の規模の正確な測定技術として石高制度が創設されて、度量衝が統一された。1594年には文禄検地が実施され、検地帳が作成され、記載された高持百姓に耕作権を認めた。郷村の境界線を決める村割が実施された。百姓身分の農民を武士身分の役人が支配する郷村制度が確立した。荘園制は完全に解体し在地土豪の支配は否定され、一地一作人の原則が確立した。田畑以外の農民の屋敷など村の規模が石高で測量された。秀吉は1592年(文禄元年)に人掃令を出して全国的な戸口調査を実施した。1591年(天正19年)に身分統制令を出して兵農分離が推進された。城割りを実施して商人の城下町集住を推進して商農分離が進行した。北勢四十八家と同じ苗字は武士家系から影響された農民一族の養子方式で家系が繁栄した。北勢四十八家由来の家系の一族は明治以降の近代でも北勢地域で名門の家柄である。北勢四十八家の三大一族(伊藤家・水谷家・松岡家)は農家家系と武士家系と名門実業家の家系が統合した連合一族である。伊藤家(桑名伊藤家・富田伊藤家)は三重県で一番多い苗字である。伊藤家は北勢地域で最大勢力の一族であり、三重県で多い苗字である。三重県独特の三重県のみで多い苗字の水谷家(桑名水谷家・員弁水谷家・高松水谷家)は桑名・員弁の北勢地域に多数いる一族である。伊藤家・水谷家・松岡家(桑名松岡家・福崎松岡家・菰野竹成松岡家)・矢田家(小山田矢田家・菰野矢田家)・森家(羽津森家・水沢森家)・近藤家(員弁近藤家)・種村家(いなべ市藤原町の多い苗字)は一族が多くて家系が繁栄している。大矢知氏と南部氏は清和源氏の血筋を残している。赤堀氏の一族の子孫はわずかに家系が存続している。春日部氏は四日市市の八郷地区の平津駅付近の一帯に一族が存続して、毛利氏は桑名藩の武士家柄として家系が存続して、片山氏は川越村の農村の百姓(南福崎の庄屋の家柄)として家系が存続している。



 
堺・博多・長崎など主要商業都市を豊臣家の直轄地とした。鉄砲が西洋から伝来し、南蛮人との交流が開始された。文禄・慶長の役により明は衰退し、従来の輸入品渡来銭(銅銭)に代わり、天正大判など国内独自の金貨や銀貨が製造されて国内に広く流通した。文禄・慶長の役の後、陶法・毛皮加工などのが帰化した技術者達により発展し、文化は新たな時代になり桃山文化の豊臣大坂商人国家となった。
 
 
豊臣政権末期に秀吉遺書体制として浅野長政前田玄以石田三成増田長盛長束正家の5人の知識派の小中規模大名による五奉行制度(司法担当・宗教担当・行政担当・土木担当・財政担当)を創設した。

第8論文
⇒えた身分とは?
近世部落のえた村に居住していた。死亡牛馬を獲得して処理していた。死亡牛馬の処理権利を独占していた。
①皮革業②ぞうり製造業③太鼓製造業などの産業に従事していた。
課された役負担は①皮を納める⇒皮役②警察役③掃除役④行刑であった。
非人身分は非人小屋の居住していた。勧進は、決まられた縄張りに慶事や凶事など1年の行事の物乞いをしていた。大黒舞は芸能に従事していた。町や村の治安維持など被差別部落民の賎民身分は警察の役割をしていた。

士農工商の用語は紀元前からあった。中華地域で士農工商の用語を中華帝国が使用していた漢字である。
身分の種類でなくて身分の序列である。士は武士の事でなくて、士大夫の士である。
道義を修めた人と道義を重視する階層を指す。
農の表記問題は漁民と山地域の狩人が欠落している。農ではなくて百姓の表記が正しい。村地域に居住していた商工業者も百姓である。
職人身分の工と商人身分の商が一括して町人身分となっていた。工の職人身分と商の商人身分は同じ町に住み通婚していた。町に居住している平人は町人身分であった。
村に居住している商人と職人は百姓身分であった。江戸時代の身分制度は江戸時代の前期に四日市地域に近世部落が成立した。桑名藩領に7つの地域に近世部落が存在した。
近世部落の戸数が26軒で近世部落の人口が121人であった。平均1地区当たり3・7軒で17・3人であった。非人は仏教用語であった。乞食とは浮浪民・貧窮の民を指している。北伊勢地域では17世紀後半の江戸時代中期から非人の用語が使用されていた。江戸時代前期まで乞食の用語が使用されていた。

乞食も仏教用語である。僧侶が修行の一種で各世帯を回り家の前で托鉢を立ち行脚をする事であった。
近世社会では乞食は居場所を離れて生活困難の家無しのため物乞い生活をしていた。

桑名藩領に1448人もの多数の乞食が存在していた。矢田村に乞食の居住の記録があった。非人番頭・乞食頭の記述があった。天保期に取締り文書では非人の用語が記載されている。

京都で新非人狩りがあり調査があり庄屋が文書偽造の罪で非人身分となり亀山藩領に追放された。

被差別部落の料理

①午黄(ごおう・胆石)

熱さましで体温を下げる風邪治療効果と疲労回復効ありで、硬いもので硬い午黄は品物として最適である。

軟らかい物の柔軟な午黄は虫害が原因で食品として使用できない。

②牛の胆汁は胃の病気を治す効果がある。牛殺害場の軒の日陰で風通りの良い所に吊るして牛の胆汁を干した。

③化製業は牛殺害場で育成殺害された家畜の皮と骨と脂肪を化製業者が扱った。

内臓と血液も処理していた。病気で死亡した家畜と事故死した家畜と養殖ウサギと野生動物を扱った。

寺方地区と赤堀地区には原皮業者がいた。

寺方地区は1950年代まで赤堀地区は1980年代の集落の改良事業まで化製業が盛んだった。

現在は愛知県の化製業者が化製業の中心である。
赤堀の化製業は明治時代初期から化製業が営されていた。赤堀地域の化製業の経営者は代々喜右衛門の名称を継承していた。昭和29年に4代目喜右衛門の時代となった。戦前の昭和20年まで原皮と骨と内臓の取り扱いに忙しく太鼓の張り替えの熟練の技術が必要であった。原皮は仲買のみで毛皮が中心であった。
内臓は従業員の1人が戦後独立する際に権利が譲渡された。4代目喜右衛門が経営者だった時代に経営者の家族を含めて従業員が合計10人程度であった。
四日市の市域の村々

伊勢国

鈴鹿郡⇒3ヵ村

三重郡⇒60ヵ村

朝明郡⇒36ヵ村

合計⇒99ヵ村

江戸時代の領主

①幕府=代官

桑名藩

③忍藩

④長島藩

菰野

亀山藩

⑦津藩

⑧久居藩

大和郡山藩⇒四日市+浜田+橋北+浜一色+小杉+小古曽など内部地域

②吹上藩⇒野田

③一宮藩⇒阿倉川+芝田

④津藩⇒坂部+県地区+桜地区+松本+山之一色

⑤久居藩⇒高角+中川原地域

菰野藩⇒水沢+小山田

亀山藩⇒小松+鈴鹿内部地域+和無田+鹿間+水沢野田

桑名藩⇒八王子+室山+西日野+東日野+富田六郷+朝明郡地域

⑨長島藩⇒塩浜地域

紀州藩⇒泊

⑪忍藩⇒大矢知地域

⑫日永⇒幕府領+神戸藩

⑬寺方⇒津藩+久居藩

近世の身分 

天皇+皇族など

②公家身分

③武士身分

④百姓身分

⑤町人身分

⑥えた身分

⑦非人身分

⑧僧侶身分

⑨神官身分

被差別身分

えた・非人以外に説経・猿引

野ひにん

年貢の負担に耐えられないは百姓のケース。百姓が奉公先で行方不明のケース。犯罪行為で身分を落とされた者。

ささら

佐々羅や経本と記述。伴奏楽器が二種類あり。竹製の字と木製品の絵の字がある。

念仏踊りと獅子舞と大神楽を使用。

ささら身分とは?賎民身分の者。説教者である。伴奏として、ささら、木使い、社寺の縁起を語り、節分によって民衆を説くものである。

ささら語り

安寿姫と蔚子王はさんせう大夫である。石堂丸が刈萱堂の物語と摂津の四天王寺が非人関係のしんとく丸
と近江の山本権現関係の愛護の若と熊野の霊験語り小栗利家の昭手姫の物語が多かった。

鉢叩きは別名ヒサゴ叩きで鉢・鉢屋・鉢開きであり、京都では茶せんと称した。

空也上人の流れをくむ。放浪の念仏の集団に所属していた。僧形の鉢を叩き家々から酒福された。

理由は中世に一般民衆のため仏教寺院を供養しなかったので阿弥陀仏を唱えて死者の供養をした。

猿引は猿回しと猿飼いを伴い猿がさまざまな芸を演じて新春を祝ったり祝儀を得る芸能の民であった。中世の猿は神の使いであった。

馬教は母猿を飼育する職業で馬の病気を除去して猿を使用する呪術者とされた。

陰陽師は特殊な占い方法で国家社会個人も吉凶を占い呪術作法を行う術士とされた。

土御門家の安倍氏が有名である。

村落を遊行して民衆とため呪術的な加持祈祷占い祓いなど儀式を行い農作業の暦を頒布した。

舞太本は無々の中で一流の者の名称。願人は本来願人の意味。神仏への願掛けの代理人の願人坊の願人坊主の略語である。

江戸時代に門番⇒大道芸⇒道芸⇒僧

江戸時代2人1組に誕生仏を桶に入れて人々喜捨して人の代理として願掛け修行をした。

行人⇒行者と呼ばれて仏道の修行をした者。慰問をした者。

道心者は特定の寺院に所属しない道心坊と同じような仏法に帰依した者。

こぜ女⇒目に障害のある女性で2人から3人組で放浪して三味線を弾けて祝儀を得た者。

座頭⇒目に障害がある男性で針+灸+マッサージの仕事をした。

神事の舞は芸能文化で阿倉川村と桑名太夫村の太神楽は有名である。

平安時代度会郡多気郡③飯野郡の神三郡の伊勢神宮の神宮領土であった。

三重郡朝明郡の神官荘園で御厨と御国が設置された。

朝明郡で28カ所、三重郡で242ヵ所の御厨と御国ができた。




室町幕府の奉行衆

①朝倉氏⇒保々西城+中野城+市場城+茂福城

②海老名氏⇒下野山城

横瀬氏⇒広永城

本百姓は5人組は共同責任で村役人で5人組で統括して領主命令で年貢を取り立てて納入して農民を支配した。名主と組頭は本百姓の中で有力農民で世襲的な話し合いの選挙で領主の代官の承認を得る。百姓代は17世紀末に誕生した新しい村役人の小百姓の代表として村行政の監察の役目をした。名主は名字帯刀が許される高い格式を持つ村請制は有力農民が名主を支配する機構にくみこみ村単位で年貢を納入する義務を課して村にしばりつけて農民を支配した。

四日市被差別部落地域4地区の特徴は以下である。

赤堀地区・日永天白地域の都市部の2地域は旧東海道沿いの平野部の集落である。
保守農村の保々地区小牧地域と神前地区寺方集落は四日市市北西地域の山寒気候の農村集落である。
昭和9年度の人口調査

①小牧(保々地区)⇒55戸

②寺方(神前地区)⇒65戸

③赤堀(常盤地区)⇒41戸

④日永天白地区が11戸で最も小規模な集落である。

小牧地区及び寺方地域の特徴は①山寄りの地域である②農村地域である③地形地理は藁葺き農村型の家屋である。

赤堀地区及び日永地区の特徴は①現在は四日市の市街地の一部となっている②農家はわずか1軒から2軒である。草履作りと靴職人などを仕事としていた③藁葺きの家と町屋タイプの家が多い。

小牧村は三重郡保々村に所属。昭和32年四日市市に合併。四日市の市域の北西部。朝明川の河岸部の段上の丘の上にある地域である。4ヵ村で最北部の位置にある集落である。昭和9年の統計では戸数が55戸で人口が302人である。稲作と養蚕を主な生業とする農村であった。農業は自作農が2軒から3軒であった。9割以上が小作農であった。稲作面積は15町。平均耕作面積は4反程度である。養蚕が盛んで草履作りと伊勢オモテの製造を小牧村の村民の現金収入となっていた重要な仕事であった。女性の副業的な仕事にもなっていた。大部分の男性は生計が不十分で村外へ日雇い労働に行っていた。戦後呉服商と下駄の行商に行っていた。女性は小学校卒業後に紡績工場で働いていた。檀家寺はいなべ市東員町真宗高田派の大雲寺であったが明治時代から大正期に保々村内の浄土真宗本願寺円覚寺に移管した。享保3年に再建された天台宗真道寺が応仁元年に蓮如に帰依して初代住職の円覚が改宗して浄土真宗の寺となった。氏神神明社明治41年に殖栗神社に合祀された。祭神は殖栗連と天照大神延喜式内社で明治時代の1村1社政策から村内各所の神社が統合された。

寺方村は旧三重郡神前村所属で昭和29年に四日市市に合併。昭和9年度の統計。戸数65戸。人口282人で4ヵ村で最も戸数が多い村で小牧村と同じ農村地帯の部落である。

耕作面積は11町で平均耕作面積は4戸から5戸である。

村内に大地主あり。半数が小作人で土地を借りて農業をしていた。牛殺害畜産場があり畜産が盛んである。男性は日雇い労働と出稼ぎ労働をしていて、女性は草履製造と内職の仕事をしていた。

明治初期に村内に共同畜産牧場が誕生して家畜殺戮業者・肉販売・化製業者が多い。明治42年三重郡神前村営畜産牧場へと発展解消した。仕事を四日市港の土木労働者・瓦屋・万古焼職人であった・檀家寺は赤堀地区と同じ常盤村の誓元寺である。氏神は4ヵ村で唯一独自の氏神の高角神田天白神社である。江戸時代から嘉村独自の氏神であった。高角神田天白神社の祭神は天照大神と大山祇尊である。白山社の名称が明治22年に現在の社名となった。氏子は寺方村民78世帯で構成される。近隣の区画整理事業で景観が一変した。
日永村は旧三重郡所属で四日市市域の南東部の旧東海道に近接する都市型部落の集落を形成している。

昭和9年の統計では戸数12戸で人口が89人である。日永村の近くに天白川が流れていたので水害に悩まされていた。大正12年+昭和46年+昭和47年+昭和49年に天白川が決壊した。赤堀村とは鹿化川を挟んで至近距離にある。

日永村と赤堀地域の共通点

①低湿地に家屋が密集していた事

②ほとんどが農業以外の生業に依存していた事

昭和16年の同年に四日市市に合併した事

④赤堀村とは麻裏草履の製造を通して常に交通と交流があった事。

戦中に日永村が15戸から16戸だった頃に自己所有の家は5戸で他の10戸は村外の地主の借地を坪50銭程度の借地料で借りていた。農業は1軒のみで耕地面積は5反から6反程度であった。

戦前は全員が勤めに出ていた。

具体的な仕事内容
①下駄+靴+コウモリ傘の修理
②港湾労働者として出稼ぎで生計を立てていた。
女性は家でオモテ作りをして⇒出来上がったオモテを赤堀村の草履製造業者の所へ持って行き賃仕事としていた。赤堀村とは深い交流があり冠婚葬祭では村中が総出となった。昭和30年代まで全員が朝まで通夜をしていた。人口は自然増加していた。増山英一をリーダーに部落解放運動があった。宗教の仏教は真宗高田派織田信長豊臣秀吉徳川家康の保護を受けて真宗高田派から改宗した。神社は大宮神明社四日市南高校付近の岡山付近にあり船付明神と名乗っていた。永禄5年=1562年に現在地に移転して江戸時代に神戸藩主本多家の崇敬を受けていた。摂社は桂大神社で古来から病気平穏の神とされて信仰されていた。氏子は大瀬古町+天白町+中元町の560戸である。

桑名武士達宗思考の公害物理学国家の田村寺の寺院の仏のお告げ

④平成イタリア社会の都道府県経済成長力やる気の統計と産婦人科キリスト奇跡の女性愛
⇒男女平等キリスト女性思考はキリスト教である。ジェンダー平等や性的マイノリティ同性愛はキリスト奇妙宗教である。日本共産党左翼仏教徒元号使用は日本共産党の仏教路線である。天皇制国家容認のブッダ思想の日本共産党支持者の高齢化である。マルクス思想の仏教路線である。戦後日本人は仏教を信じていないので平成イタリア社会になった。平成イタリア社会の思想で日本人全員がキリスト教徒になるキリスト女性の女性愛である。男女雇用機会均等法及びジェンダー平等を根拠に日本人が全員キリスト教徒になる聖書実験国家の日本である。平成イタリア社会のキリスト女性の女性愛である。日本共産党ソ連国鉄共産党右派とドイツ系左派がいる。大平正芳がナポレオン消費税思想を誘致した。自民党最大の功績がナポレオン消費税である。自民党がナポレオン消費税女性思想になり社会党の消費税反対や日本共産党の消費税反対の左翼野党はナチスドイツヒトラー思考の規律正しく生きる経済思想である。日本社会党社会党右派キリスト教民社党思考と左派社会党マルクス思想の労働組合政党である。大日本帝国軍人が兵隊さん全員結婚させるため一夫一婦制度にした。一夫一婦で日本人男性が全員結婚で家制度や男尊女卑が強化された。神社の境内でタバコを吸う日本人男性が多いのがドイツ系工業国家の戦後日本となっている証拠である。神社をキリスト女性の女性愛であるキリスト神社宗教法人に変更する聖書実験国家の時期になっております。平成イタリア社会の平成キリスト女性中心の聖書実験国家にする平成史である。日本人男性と昭和生まれ老人は仏教修行をする事が嫌なら仏教地獄で苦しむことなる。1999年恐怖のキリスト死刑になったほうが良いノストラダムスの大予言論争である。タバコを吸う僧侶がいるので寺院をキリスト女性の女性愛であるキリスト寺院にするべきである。安倍晋三暗殺恐怖祈祷効果の安重根仏教徒がいるので寺院をキリスト女性の女性愛であるキリスト寺院にするべきである。仏教修行をする事が嫌な聖書実験国家になる日本である。仏教悪魔の戦後日本人の思想が四日市公害論争となった。戦後日本人は全員キリスト教徒になる平成イタリア社会のキリスト女性の女性愛である。伊勢神宮男系天皇思想の大日本帝国神社天皇制国家は平成イタリア社会に崩壊した。長崎キリスト天皇制を支持する平成イタリア社会の思想である。平成イタリア社会の男女平等キリスト教思想のキリスト教天皇制である。産婦人科ナポレオン不倫の男性医師に女性器を見せた罪悪感から女性がキリスト教徒の女性になる。平成イタリア社会の自由女性思想である。産婦人科ナポレオン不倫の男性医師思考から平成キリスト女性になる罪悪感である。産婦人科ナポレオン不倫の男性医師の罪悪感である。野原みさえの熊本ララバイキリスト女性の女性愛である平成イタリア社会のクレヨンしんちゃんのアニメ思想がある。日本人全員がキリスト教徒になるキリスト女性の女性愛である。戦後日本建国の父は日本社会党片山哲キリスト総理大臣である。自民党自由党吉田茂国葬で戦後日本建国の父とした。仏教修行をする事が必要な少子高齢化社会の令和奈良仏教時代である。平成イタリア社会の日本人はキリスト裸婦像イブ呪いの自由女性愛の思想である。日本人全員がキリスト教徒になる産婦人科ナポレオン不倫思想のキリスト女性の女性愛である。犯罪者の男性が仏教を信じたらキリスト教徒になる。1999年恐怖の仏教悪魔や犯罪者を見た仏教徒キリスト教徒になる。キリスト教を日本国家の宗教として法制化するべきである。伊勢神宮を伊勢キリスト女性器思想にする。仏教真言宗をキリスト女性の女性愛であるキリスト仏教実験国家の真言宗にするべきである。キリスト教は60歳以上は6割くらいが女性で若い世代は7割が若い女性である。女性は一度の夫以外の男性に女性器を見せる行為の罪悪感から平成イタリア裸婦像イブ呪いのキリスト教徒が多いからである。産婦人科男性医師不倫キリスト思想で罪悪キリスト教信仰で熱心なキリスト教徒になる。女性の方が柔軟にキリスト教罪悪感がある。対して男性はヒトラー思想の犯罪者の罪悪思考で仏教を信じる罪悪キリスト教が多いからである。平成キリスト女性は平成元年生まれと1991年生まれ1998年生まれがキリスト教徒のイタリア裸婦像イブの呪い女性が多いからである。平成キリスト女性は1991年生まれと1998年生まれと2002年生まれはキリスト教徒のイタリア裸婦像イブの呪い女性が多いからである。男性はイエスヒトラーの犯罪者認識の経験者の罪悪キリスト教の持ち主がいる。犯罪者キリスト罪悪感の思想の男性以外は仏教徒が多い。男性は戦争暴力好きの男性器アダム思考が働き平成キリスト女性のようなキリスト教徒にならない。家制度の男子優先の男性器思想で男性はキリスト教徒にならない。
⇒経済成長力第1位は東京オリンピック首都圏地域である。東京オリンピック首都圏は鉄道交通社会である。東京地検特捜部左翼理論の東京文部科学省の高学歴者地域である。経済成長力第2位は名古屋徳川宗春理論の名古屋商業化社会である。愛知県豊田市はドイツ式工業国家の自動車工業地域である。愛知県豊田市はドイツ式工業国家の自動車工業地域のトヨタ自動車交通社会である。経済成長力第3位は